佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

”Perfect Duet” Various Artists

このところのお気に入り。

YouTube で ”Perfect Duet”。


Ed Sheeran - Perfect Duet (with Beyonce) lyrics


Perfect Duet Live - Beyoncé and Ed Sheeran

 


Perfect Duet - Ed Sheeran & Beyonce ('50s Prom Cover) ft. Mario Jose, India Carney & Dave Koz

 


Ed Sheeran - Perfect Duet (Raya & Robby COVER)

 


Perfect Duet - Ed Sheeran & Beyoncé (SWEDISH VERSION) INTIM & Peter Wickström

 


Ed Sheeran - Perfect (Tyler Ward & Lisa Cimorelli Cover)

 


Perfect- Ed Sheeran (Moira & Jason)

 


Ed Sheeran - Perfect Duet With Beyonce Cover by Jessica Reynoso and Ralf King

 

 

 

 

f:id:Jhon_Wells:20190518103902p:plain

 

『夜哭烏(よなきがらす) 羽州ぼろ鳶組Ⅱ』(今村翔吾・著/祥伝社文庫)

『夜哭烏(よなきがらす) 羽州ぼろ鳶組Ⅱ』(今村翔吾・著/祥伝社文庫)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

八咫烏」の異名を取り、江戸一番の火消加賀鳶を率いる大音勘九郎を非道な罠が襲う。身内を攫い、出動を妨害、被害の拡大を狙う何者かに標的にされたのだ。家族を諦めようとする勘九郎に対し、「火喰鳥」松永源吾率いる羽州「ぼろ鳶」組は、大音一家を救い、卑劣な敵を止めるため、果敢に出張るが……。業火を前に命を張った男たちの団結。手に汗握る傑作時代小説。

 

夜哭烏 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

夜哭烏 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

 

 

 人の心と心は意想外の化学反応を起こし、引き起こされたエネルギーは甚だしく強く尽きることは無い。ここに描かれたのは火消の心意気と矜持の物語。そして親と子、夫と妻、師弟そして友のお互いを思いやる人情の物語だ。読み始めたが最後、頁をめくる手を止めることはできない。一気にクライマックスまで読み進め、昂奮し感激し涙した。今村翔吾氏は確かに鉱脈を掘り当てたと言ってよい。こいつぁ、掛け値無しにおもしろい時代小説だ。

 

米ギャラリー大手前

2019/05/17

今日の昼ごはんは「米ギャラリー大手前」にて。

きれいに拭き清められた板場や柱がシブい光をたたえる古民家に開け放たれた縁側から心地よい風が吹き渡る。

文庫本を読みながら食事が饗されるのを待っていると、礼位子さんがピアノを弾いてくださった。「五番街のマリー」「トロイメライ」・・・だったか? 私はロックが好みなのでよく知らない。間違っているかもしれない。

ご飯はおひつに入ってたっぷり。おかずは少しずつたくさんの種類。ざっと見て野菜が中心で30種ほどの食材を使っている。なんだか躰が喜んでいる。料理はご主人・源太郎さんの手に成るもの。

おいしゅうございました。ごちそうさまでした。

 

 

goo.gl

 

 

 

 

 

『京都下鴨なぞとき写真帖 2葵祭の車争い』(柏井壽・著/PHP文芸文庫)

『京都下鴨なぞとき写真帖 2葵祭の車争い』(柏井壽・著/PHP文芸文庫)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

老舗料亭の主人は、じつは人気カメラマンだった! ?
『鴨川食堂』で人気の著者による、京都グルメ&名所が満載の連作短編集

京都の老舗料亭の当主・朱堂旬は、番頭に仕事を任せて遊んでばかり――と周囲には思われているが、じつは人気写真家・金田一ムートンとして、京都の撮影にいそしんでいた。
彼のカメラがとらえるのは、葵祭祇園祭、十日ゑびすや「人形寺」といった、京都名所だけではなく、そこを訪れる人々の秘めた悩み。
「松葉」のにしんそばなど、京都グルメでその心を癒しながら、ムートンは彼らの問題を解きほぐしていく。
文庫オリジナル。

 

京都下鴨なぞとき写真帖2 葵祭の車争い (PHP文芸文庫)

京都下鴨なぞとき写真帖2 葵祭の車争い (PHP文芸文庫)

 

 

 京都のうまいもんと名所案内が人情噺を交えて読める。茗荷を食べると物忘れするといわれるようになった由縁や和ろうそくと洋ろうそくの違いなど、ちょっとした物知りになれるのもありがたい。「鉄板洋食 鐵」のハラミステーキランチ、「グリル富久屋」のフクヤライス、「うどんや ぼの」のカルボナーラうどん、「松葉」のにしんそば、うまそうです。先週京都に行く前に本書を読んでいたら「ホホホ座」から「恵分社一乗寺店」を廻って「うどんや ぼの」に行ったに違いない。しまった。もう少し早く読んでいればなぁ・・・。

 

 

「さち福や」の昼メシは明太子食べ放題であった

2019/05/16

 三ノ宮の事業所に立ち寄りついでに相鉄フレッサイン神戸三宮の一階にある「さち福や」に寄ってみました。金目鯛の煮付けとタケノコ御飯のセットを注文。なかなかよろし。

 注目は明太子が食べ放題だということ。これならもっとシンプルなものを頼んでも良かったな。明太子だけで充分メシが食えますから。(笑)

 朝は6:30から営業している由。朝食利用にいいでしょう。なにせ明太子食べ放題です。炊きたてご飯に明太子の組み合わせは幸せの朝ごはんに違いない。

 

西二階町 "Riviere" のCURRY RICE NOODLE

2019/05/14

昼メシに"Riviere" のCURRY RICE NOODLE を食べました。

カレーライスではなく米粉の麺、いわゆるフォーですね。

この辛さがたまらん。

 

www.google.co.jp