佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

ふのやき

2019/07/21 昨日、大学の先輩のご縁で千切屋一門西村家を見学させていただいた際にお茶とともに出された菓子を懐紙につつんで持ち帰った。 先ほどいただこうとして驚いた。「末富」の麩焼き煎餅だが裏千家の『宗旦銀杏』が印されていた。ふわっさくっほんの…

レンズ豆のキーマカレー

2019/07/21 本日の厨房男子。 夕餉にレンズ豆のキーマカレーを作りました。 夏はカレーですなぁ。

「うな信」の鰻

2019/07/21 今日の昼餉は鰻にしました。暑い夏には薬になります。毎年、この時季になると「うな信」で買い求めます。浜名湖産でふんわり柔らかい。ここのタレは味が濃いのだが、たまにそれが無性に食べたくなる。ブンセンの「極みざん」をぱらぱらトッピング…

京都淡水会「ゆかた会」@粟田山荘

2019/07/20 私が卒業した大学の同窓会「淡水会」の京都支部が「ゆかた会」を開催する、それも宮川町から芸妓を呼んで開催する、しかもその場所が粟田山荘だ、さらに料理飲み物一切含んで○○○円だという案内をいただいた。三拍子そろってしまった。これは行か…

烏丸の中華そば『萬福』

2019/07/19 「亀山学」でうまい酒を飲んだ後は「萬福」の中華そばで〆。 『おひとり京都の愉しみ』(柏井壽・著/光文社新書)で紹介された店。 こういう店は地元の人が通って支えているのだろうなぁ。おいしゅうございました。

京都「亀山学」

2019/07/19 京都に用があり四条烏丸に近いホテルに宿泊。ホテル近くにある「亀山学」で酒を飲むことにした。初めての店だが知人のI.k.氏が足繁く通う店だという。けっして気取った店では無く、客層は庶民的でなじみ客ばかりの店。 日本酒が充実しており、こ…

『双風神(ふたつふうじん) 羽州ぼろ鳶組Ⅸ』(今村翔吾・著/祥伝社文庫)

『双風神(ふたつふうじん) 羽州ぼろ鳶組Ⅸ』(今村翔吾・著/祥伝社文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 京の淀藩常火消・野条弾馬は、己が目を疑った。大火の折に生まれ激甚な災禍をもたらす炎の旋風“緋鼬”が大坂の町を蹂躙していた。…

飛鳥Ⅱ

2019/07/19 神戸港停泊中の飛鳥Ⅱを見学させていただきました。ステートクラスの部屋でも充分快適でさらに船内施設をフルに活用すれば満足度は高いだろう。 ただ103日をかけて世界一周をするならバルコニー付の部屋がいい。天気の良い日は部屋のバルコニーの…

「目白 旬香亭」のとんかつ

2019/07/18 東京出張ついでに前から気になっていた「目白 旬香亭」でとんかつを食べました。BS-TBS「東京とんかつ会議」で殿堂入り(?)したと記憶しています。ロースとんかつは肉厚で脂が上品。塩を付けて食べると脂の旨味が引き立ちます。 goo.gl

『深川駕籠』(山本一力・著/祥伝社文庫)

『深川駕籠』(山本一力・著/祥伝社文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 深川の駕籠舁き・新太郎は、飛脚、鳶といった男たち三人と足の速さを競うことになった。いずれ劣らぬ早駆けの達人である。しかも、深川から高輪への往復のうち帰…

おとなの飲み会

2019/07/15 不定期で開催している「おとなの飲み会」を開催。今回は「クレール日笠」さんにおじゃまし、八人が集まりました。何がおとななのかわからない。どうもあやしい。だがそのあやしさがおとななのだろう。 二次会は「さかもと」。

ひよこ豆のキーマカレー

2019/07/13 本日の厨房男子。 ひよこ豆のキーマカレーを作りました。酒は壱岐の麦焼酎と青ヶ島の芋焼酎の飲み比べ。

離の宴

2019/07/11 今日はHR委員会の委員で暑気ばらい。『離の宴』で肉料理をいただきながら、ワインをあれこれいただきました。阪急王子公園駅から水道筋商店街を抜けたところにあります。 この店の肉はかなりうまい。私は良くわからないがワインもかなり充実して…

神田神保町にて

2019/07/10 小学館の「おいしい小説大賞」選考会を傍聴。 エキサイティングな夜でした。 選考会終了後、神保町の「オステリア アプント」にて懇親会。

焼酎「壱岐市」

2019/07/09 本日の一献は市の名前を冠した焼酎「壱岐市」。壱岐市長にいただいたものです。壱岐市は麦焼酎発祥の地で7つの藏があるのだとか。私が呑んだのは「猿川伊豆酒造」のものです。 壱岐には8月にクルーズで訪れる予定です。今から楽しみです。

『新福菜館 本店』の京都ブラック

2019/07/07 昨夜は京都にて壱岐市長と会食。下京区天神前町の町家風情の京都らしい店。気取って無くて落ち着きます。料理も奇をてらわず、ほっこりと優しい味でした。 二次会は「からすま京都ホテル」地下の「BAR ANCHOR」。その後、知人に祇園のクラブ「K…

2019年6月の読書メーター

先月から羽州ぼろ鳶組シリーズを読み続け、とうとう既刊第8巻『玉麒麟』まで読み終えてしまった。そろそろ禁断症状が現れ始めている。禁断症状を抑えるため北方謙三氏の『水滸伝』(全19巻セット)を買ってしまった。今村翔吾氏にはぼろ鳶組シリーズの続…

天満天神繁昌亭杮落とし貸切公演

2019/07/01 天満天神繁昌亭リニューアル工事が完了し、本日7月1日は杮落とし貸切公演。播磨地区からバスでお客様を200名近くお連れしました。 不肖、私、開会の挨拶をさせていただきました。おそらくリニューアル後、最初にマイクを持ったのは私です。

夏野菜キーマカレーと手羽元カレーの相がけ

本日の厨房男子。 蒸し暑い一日。こんな日はカレーです。夏野菜のキーマカレーと手羽元のカレーを作りました。 まずは料理しながらの酒。「ロイヤル・ハウスホールド」をロックでやります。 キーマカレーの具は豚挽肉とさやインゲン。茄子、ズッキーニ、ゴー…

酒とゴルフの日

2019/06/29 今日は姫路経営者協会のJRK-研究会のOB会ゴルフコンペ。 先日、株主総会も無事終了し、目一杯楽しめるゴルフである。梅雨入り宣言もあり数日前の天気予報は雨だったはずだが、日本近海で発生した台風が一過、なぜだか晴れてしまった。私はつくづ…

『モモンガの件はおまかせを』(似鳥鷄・著/文春文庫)

『モモンガの件はおまかせを』(似鳥鷄・著/文春文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 フクロモモンガが逃げたと思しき古いアパートの部屋には、ミイラ化した死体が。いったい誰が何の目的で死体のある部屋でモモンガの世話を?謎の大型生…

『ウルフムーンの夜 Winter of the Wolf Moon 』(スティーヴ・ハミルトン:著/越前敏弥:訳/ハヤカワ文庫)

『ウルフムーンの夜 Winter of the Wolf Moon 』(スティーヴ・ハミルトン:著/越前敏弥:訳/ハヤカワ文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 私立探偵アレックスのもとに、ドロシーという女が訪ねてきた。暴力的な恋人ブラックマンから逃…

「旅学人」ツアーで宮津と伊根を訪れる

2019/06/22 「旅学人」ツアーで宮津と伊根を訪れました。 茶六別館で大トリ貝と岩牡蠣など海の幸の懐石を食し、伊根湾で海猫と戯れました。数日前は雨天だった予報も覆し、相変わらずの晴れ男。”YUI PRIMA”車中ではシャンパンとビール、茶六別館では丹後の地…

『背いて故郷』(志水辰夫・著/新潮文庫)

『背いて故郷』(志水辰夫・著/新潮文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 第六協洋丸、仮想敵国の領海に接近するためのスパイ船。柏木はその仕事を好まず、親友・成瀬に船長の座を譲った。だが成瀬は当直中に殺されてしまう。撮影済みの…

献血10回記念酒杯

2019/06/20 以前から同級生有志で献血活動をしております。明後日に予定していた献血活動に参加できなくなったので、一足先に献血してきました。私の献血回数がちょうど10回になったそうで、記念品をいただきました。記念品がいただけるとは知らずびっくり…

辛伍咖喱

2019/06/19 午後から県庁で仕事。 昼ごはんに県公館前にある「パーラー ネムの木」でカレーを食べました。 その名も「辛伍咖喱」。結構スパイシーなカレーです。 しかしコクもしっかりある本格派カレー。 牛すね肉をじっくり煮込んでいるようです。 冷たい自…

さゝま

2019/06/18 K先生、S社I氏、O氏とともに。 たくさん飲みました。 飲み過ぎですな。

『如何なる星の下に』(高見順・著/講談社文芸文庫)

『如何なる星の下に』(高見順・著/講談社文芸文庫)を読みました。否、正確には途中で投げ出しました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 高見順が捉えた昭和十年代の浅草 さらなる戦争へと突き進む時代、浅草に移り住み明と暗の物語を紡いだ高見順の孤高…

ストロベリームーン(strawberry moon)

6月の満月をストロベリームーン(strawberry moon)というのだとか。 正確なことはわかりませんが、イチゴの収穫時期に月が赤く見えることから、ストロベリームーンと命名されたという説がある。ストロベリームーンには「恋を叶えてくれる月」の異名がある…

『ブックのいた街』(関口尚・著/祥伝社文庫)

『ブックのいた街』(関口尚・著/祥伝社文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 恋人に捨てられ、絵が描けなくなった日本画家の沢井西陽は十年前に家出同然で飛び出した故郷に戻る。かつて活気があった商店街はすっかり寂れ、光を失ってい…