佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『プレゼント』(若竹七海・著/中公文庫)

『プレゼント』(若竹七海・著/中公文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 ルーム・クリーナー、電話相談、興信所。トラブルメイカーのフリーター・葉村晶と娘に借りたピンクの子供用自転車で現場に駆けつける小林警部補。二人が巻き込ま…

おいこら会 新年会 @福知渓谷『兵衛』

有志の会「おいこら会」の新年会を福知渓谷『兵衛』で開催。酒呑みが集まりました。この時季はやはり猪肉が食いたい。すき焼きと味噌鍋で存分に猪を食べました。 それにしても見事な猪肉であった。ご覧あれ。 相当酒を飲んだらしく、二次会ではカラオケを歌…

YouTubeで落語 Vol.61 『菊江の仏壇』(別名『白ざつま』)

『新版 落語手帖』(矢野誠一・著/講談社)に紹介された274席のうちの61席目は『菊江の仏壇』。別名『白ざつま』。 柳家さん喬の名演で聴きましょう。 どうにも後味が悪い噺です。還暦を迎えたといえどまだまだ狭量な私にはどうしても若旦那が許せませ…

『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』(新井見枝香・著/秀和システム)

『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』(新井見枝香・著/秀和システム)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 “本屋の新井”による、本屋あんまり関係ないエッセイ。 某有名書店の”型破り”書店員によるエッセイ第2弾。前作の『探し…

『依頼人は死んだ』(若竹七海・著/文春文庫)

『依頼人は死んだ』(若竹七海・著/文春文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 「わたしの調査に手加減はない」女探偵・葉村晶のもとに持ち込まれる事件の真相は、いつも少し切なく、こわい。仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶シリ…

カルツォーネだか、パニーニだか、良くわからんが、要するにお焼きのようなパンを焼いた

本日の厨房男子。 新井見枝香氏のエッセイを読んでいて作者が「パニーニ」の専門店に行く場面があった。「パニーニ」とはなんぞやとWeb検索してみると、出てくるわ出てくるわレシピが一杯。要はパンみたいなものらしい。いやホットサンドか。その中で私の心…

一袋17円の「焼そば」(むし中華めん)

本日の厨房男子。 昼餉に五目焼きそばを作った。特段それが食べたかったわけではない。AEONの食料品売り場で買い物をしていてふと目にとまったからだ。何故か。なんと値段が「17円」だったのだ。驚いた。製造所は岡井食産、袋に”TOPVALU BESTPRICE”と謳って…

『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(新井見枝香・著/秀和システム)

『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(新井見枝香・著/秀和システム)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 某有名書店の”型破り”書店員による初エッセイ。 「書店員が書いた心温まる本屋の話」ではなく、37歳、独身、彼氏なし、…

『活版印刷三日月堂_星たちの栞』(ほしおさなえ・著/ポプラ文庫)

『活版印刷三日月堂_星たちの栞』(ほしおさなえ・著/ポプラ文庫)を読みました。まずは出版社の紹介文を引きます。 古びた印刷所「三日月堂」が営むのは、昔ながらの活版印刷。活字を拾い、依頼に応じて一枚一枚手作業で言葉を印刷する。そんな三日月堂に…

二宮「長野屋」でカレーそばを食す

今日は午前11時から神戸で某政党の新年祝賀会に出席。会場内に寿司、天ぷら、蕎麦などが用意してあったが、私は並んで食べものを配給してもらうスタイルが嫌いである。礼を失することのないよう、要人にひととおり挨拶をして、酒とビールだけ適当にいただい…

『ザ・カルテル The Cartel 下』(ドン・ウィンズロウ:著/峯村利哉:訳/角川文庫)

『ザ・カルテル The Cartel 下』(ドン・ウィンズロウ:著/峯村利哉:訳/角川文庫)を読みました。 出版社の紹介文を引きます。 捜査陣の中に、裏切り者がいる。選び抜かれたメンバーの誰が? 密かに調査を進めたケラーは、驚愕の事実に対峙する。そんな中…

インスタントラーメンを使ってあんかけ焼きそばを作る

正月三が日も明けて、いつまでも御馳走ばかりも食べていられない、呑んでばかりもいられないと、今日から少しずつ平常に戻していく。まず今日は日本酒をやめてウイスキー・ハイボールにする。どこからか「どっちにしても呑んでるんじゃないか」とツッコミが…

『夜は短し歩けよ乙女』(映画)

2020/01/03 23:30~ NHKで放映されたアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』を観ました。 思い起こせば原作本を読んだのは2009年12月14日のこと。それ以来、私は森見登美彦氏の虜になってしまったのだ。 http://jhon-wells.hatenablog.com/entry/2009/12/14/2114…

新春三日目の雑煮

元日、2日の雑煮は我が家の伝統に則ってすまし仕立ての雑煮であった。しかし3日の今朝は柚子風味味噌仕立ての雑煮を作った。元日夜に猪鍋を煮込んでできたスープをベースに大根と金時人参を柔らかく煮たものだ。餅をオーブントースターでこんがりと焼いて丼…

元日の夜(猪鍋を囲んで)

正月ということで久々に我が家に子どもたちがそろった。もちろん子どもたちとは昨年の10月、一緒にサイクリングしたりとたびたび会ってはいる。しかし子どもたちが育ったこの家に顔がそろうのはやはり良いものだ。 全員の好物である猪鍋を囲んで酒を飲んだ…

雑煮

年明けの朝餉はやはり雑煮。 ここ10年ほどは私の担当です。 厨房男子を自称し始めた頃からのことです。 酒は「おわら娘」。還暦祝いに会社の同僚からもらったものです。

2019年に読んだ本(1月~6月)

昨年読んだ本は97冊。100冊を割ってしまった。原因は12月にある。12月に読んだ本は3冊にとどまった。還暦祝いもあって、毎晩酒を呑んでいたのだ。呑むと酔う。酔えば眠る。眠れば本が読めない。 しかしまあ昨年も楽しい読書であった。そして100冊近く読んで…

2019年に読んだ本(7月~12月)

昨年後半の読書記録。 深川駕籠 (祥伝社文庫)の感想男、それもひとかどの男であることは難しい。彼の漱石も言っている。智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。意地、見栄、いやそんなものじゃない。…

年越し夜明け前の様子(落語三題)

私の毎年の年越し風景はおおかた決まっているような気がします。正月を迎える準備として鰤の照り焼きを作る。豚の角煮を手間暇かけて作る。その二つが私の担当だ。あとは酒を呑む。大商大の学生が造ったという「商酎」という芋焼酎をやる。知人からいただい…

マッシュルームとフレッシュトマトとミニセロリたっぷりパスタ

本日の厨房男子。 年末になぜ年越し蕎麦をいただくのか。これにはいろいろな説があるらしい。 細く長いことから延命・長寿を願ったものであるとする説 蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説 他にも…

正月準備

正月準備といっても、さしたることもなし。 ちょっと玄関先に注連飾りなど。 あとは午後から買い物。

今朝は「サ・マーシュ (Ca marche)」のパンで

本日の厨房男子。 知人のTさんが「サ・マーシュ (Ca marche)」のパンとワインを送ってくださった。今日まで仕事なのでワインは正月にお預けでパンをトーストして食べました。 味噌汁を作りました。パンには紅茶とか珈琲のイメージが強いと思いますが、案外…

『ザ・カルテル The Cartel 上』(ドン・ウィンズロウ:著/峯村利哉:訳/角川文庫)

『ザ・カルテル The Cartel 上』(ドン・ウィンズロウ:著/峯村利哉:訳/角川文庫)を読みました。 本来なら下巻まで読んでから読後感など書くところだが、何しろ上巻だけで632Pという文字とおり圧巻の作品である。下巻を読み終えるのがいつになるかわから…

「神吉 純米吟醸無濾過生原酒」と「嘉美心 純米吟醸」、肴は林檎の天ぷら

日曜日の夕方。焼酎の湯割をやりながら厨房に立つ。焼酎は「薩州 赤兎馬」。知人から還暦祝いにといただいたものです。「一日に千里を走る」という駿馬が血管を駆けめぐる。うまい。 晩酌の酒の肴を作った。 「大根と柿のなます」 「葱の天ぷら」 「林檎の天…

クラムチャウダー

本日の厨房男子。 徹夜で年賀状印刷しました。 腹がすいて朝ご飯にクラムチャウダーを作りました。 なかなかうまい。 もう少しで年賀状作業も終了。 昼まで寝ます。

YouTubeで落語 Vol.60 『祇園会』(別名『京見物』『上方見物』『およく』)

『新版 落語手帖』(矢野誠一・著/講談社)に紹介された274席のうちの60席目は『祇園会』。別名『京見物』、『上方見物』または『およく』。 新版・落語手帖 作者:矢野 誠一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/11/27 メディア: 単行本(ソフトカバ…

『乙嫁語り <12>』(森薫・著/HARTA COMIX)

『乙嫁語り <12>』(森薫・著/HARTA COMIX)を読みました。<11>を読んだのが昨年末だったので、ほぼ一年間待ったことになる。 まずは出版社の紹介文を引きます。 アニス&シーリーンふたたび!『乙嫁』帰路編、スミス一行はペルシアへ! 中央アジアを…

『弱虫ペダル 劇場版』(Amazon Prime Video)

♬ ラブリーチャンス ぺたんこちゃ~ん! ♬ ラブリーチャンス ぺたんこちゃ~ん! ♬ ヒ~メ ヒメ!! ヒメ!! ♬ スキスキダイスキ♡ ♬ ヒメ!! ヒメ!! ラブヒメ大好き 早朝から熱くなりました。(笑) 『弱虫ペダル 劇場版』(Amazon Prime Video)を鑑賞。

12月の「朔の会」

2019/12/26 新月の日の持ち寄り飲み会「朔の会」。 今月は鍋を肴に純米酒三昧。 帰り道。 バス待ち居酒屋。 処は「Bon Voyage」。 1杯目のビールは「BROOKLYN LAGER」。 ホップの香りが際立つラガービール。これはいい。 2杯目はいつもの「GUINNESS」。 ク…

大山 純米吟醸十水 試験醸造

本日の一献は「大山 純米吟醸十水 試験醸造」をぬる燗でj。十水仕込みという江戸時代の醸造方法で醸された酒。 甘みと旨味がしっかりしているが、酸味もあり意外とすっきり飲める酒。 肴はノドクロの干物とつみれ鍋。〆の雑炊もうまい。 世間ではクリスマス…