佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

うまいもん

ふのやき

2019/07/21 昨日、大学の先輩のご縁で千切屋一門西村家を見学させていただいた際にお茶とともに出された菓子を懐紙につつんで持ち帰った。 先ほどいただこうとして驚いた。「末富」の麩焼き煎餅だが裏千家の『宗旦銀杏』が印されていた。ふわっさくっほんの…

「うな信」の鰻

2019/07/21 今日の昼餉は鰻にしました。暑い夏には薬になります。毎年、この時季になると「うな信」で買い求めます。浜名湖産でふんわり柔らかい。ここのタレは味が濃いのだが、たまにそれが無性に食べたくなる。ブンセンの「極みざん」をぱらぱらトッピング…

京都淡水会「ゆかた会」@粟田山荘

2019/07/20 私が卒業した大学の同窓会「淡水会」の京都支部が「ゆかた会」を開催する、それも宮川町から芸妓を呼んで開催する、しかもその場所が粟田山荘だ、さらに料理飲み物一切含んで○○○円だという案内をいただいた。三拍子そろってしまった。これは行か…

烏丸の中華そば『萬福』

2019/07/19 「亀山学」でうまい酒を飲んだ後は「萬福」の中華そばで〆。 『おひとり京都の愉しみ』(柏井壽・著/光文社新書)で紹介された店。 こういう店は地元の人が通って支えているのだろうなぁ。おいしゅうございました。

「目白 旬香亭」のとんかつ

2019/07/18 東京出張ついでに前から気になっていた「目白 旬香亭」でとんかつを食べました。BS-TBS「東京とんかつ会議」で殿堂入り(?)したと記憶しています。ロースとんかつは肉厚で脂が上品。塩を付けて食べると脂の旨味が引き立ちます。 goo.gl

『新福菜館 本店』の京都ブラック

2019/07/07 昨夜は京都にて壱岐市長と会食。下京区天神前町の町家風情の京都らしい店。気取って無くて落ち着きます。料理も奇をてらわず、ほっこりと優しい味でした。 二次会は「からすま京都ホテル」地下の「BAR ANCHOR」。その後、知人に祇園のクラブ「K…

「旅学人」ツアーで宮津と伊根を訪れる

2019/06/22 「旅学人」ツアーで宮津と伊根を訪れました。 茶六別館で大トリ貝と岩牡蠣など海の幸の懐石を食し、伊根湾で海猫と戯れました。数日前は雨天だった予報も覆し、相変わらずの晴れ男。”YUI PRIMA”車中ではシャンパンとビール、茶六別館では丹後の地…

糺茶内(たださない)

2019/06/10 久しぶりの下鴨茶寮。今日は初めて特別室「糺茶内(たださない)」で食事をすることができました。この部屋での食事は通常のコースではなくアラカルトになる。その日の仕入れ素材でメニューが用意してあるのですが、調理法やアレンジを変えるとい…

魚崎北町「老虎菜 本店」でランチ

2019/05/25 知人が料理人だという魚崎北町「老虎菜(ラオフーツァイ)本店」に親戚三家があつまりランチ。特別料理としてくれたようで、おいしいもののオンパレード。ほんと気合いの入った料理ばかり、それも食べきれないほどの品数を出していただいたのです…

播州カレーうどん きそや

2019/05/23 今日の昼飯は「播州カレーうどん きそや」にて。 ごはんは要らないと言ったのですが、うどんを食べ終わった後に残った汁にごはんをいれてリゾット風にして食べるとうまいというので少量にしてもらいました。トッピングはメンチカツを注文。 クリ…

米ギャラリー大手前

2019/05/17 今日の昼ごはんは「米ギャラリー大手前」にて。 きれいに拭き清められた板場や柱がシブい光をたたえる古民家に開け放たれた縁側から心地よい風が吹き渡る。 文庫本を読みながら食事が饗されるのを待っていると、礼位子さんがピアノを弾いてくださ…

西二階町 "Riviere" のCURRY RICE NOODLE

2019/05/14 昼メシに"Riviere" のCURRY RICE NOODLE を食べました。 カレーライスではなく米粉の麺、いわゆるフォーですね。 この辛さがたまらん。 www.google.co.jp

とんかつ穂のか

2019/05/13 仕事で神戸市西区の事業所へ行く。事業所へ立ち寄る前に昼メシにすぐ近くの「とんかつ穂のか」に入ってみる。以前から目を付けていた。初めて入る店である。 「熟成ヒレかつランチ」(1,130円税込み)を注文。もう少しカツのボリュームが欲しい気が…

「宗玄 純米吟醸 Samurai Princess」を小浜「田村長」の小鯛ささ漬けと鯖へしこでやる

本日の一献は「宗玄 純米吟醸 Samurai Princess」です。 ブルーの瓶に宗玄のシンボルマーク「剣山」をあしらったラベルが映る。味は上品でバランスが良い。 肴は小浜「田村長」の小鯛ささ漬けと鯖へしこ。小浜の老舗らしい伝統の味。おいしゅうございました。

高速神戸「お好み焼き ふじ」のとん平

県庁での仕事を終え、昼メシに高速神戸まで足を運んだ。うまい「とん平焼き」を食べたくなったのだ。好い加減に火が通った豚ロースがうまい。薄い豚肉ではなくトンテキにできる肉をガッツリいただけます。キャベツはあたりまえとして、春菊を使っているのも…

伊佐美

本日の一献は「伊佐美」をロックで。 娘夫婦が鹿児島旅行の土産にくれたものです。 肴は「がんす」「ほうたれいわしの丸干し」「タコとキュウリの酢の物」。

「がんす」トッピングラーメン

本日の厨房男子。 GWが始まってからチャリンコ旅に出かけておりましたが、今日の昼、久しぶりに家に帰って来ました。8日ぶりの家ごはんです。 ビールを呑みながらの料理。長崎ちゃんぽん麺(乾麺)が残っていたのでラーメンを作りました。 トッピングはチン…

因島_生名島_佐島_弓削島サイクリング(ゆめしま海道)

2019/05/04 昨夜は因島「ホテルみやじま」に宿泊。朝食を食べてすぐにホテルのすぐ近く長崎桟橋から船に乗り生名島に渡った。 生名島_佐島_弓削島を巡るサイクリングコースは大好きなコースで今回が3回目である。どこを走っても美しい。 この3島は橋で繋が…

因島「西華園」の中華

2019/05/03 因島から生口島、高根島を一日かけて走った。天気も良く、素晴らしい景色であった。走行距離は74.3km。当然腹が減っている。冷たく冷えたビールが呑みたい。 夕食は「西華園」でとることにした。町中を一回りして勘が働いた店です。 運動の後だけ…

小浜の朝。田村長の土産。

2019/05/02 福井県小浜に泊まった朝、前夜の酒が抜けきるまでホテルで九時近くまで惰眠をむさぼり、ホテルをチェックアウト。 町中をぶらぶら歩き、まずは「田村長」で土産を買う。こちらの脂ののった「鯖棒寿司」と「小鯛寿司」は親戚へのお土産に良い。「…

石窯パンの郷 こころ

2019/05/02 小浜の朝は石窯パンの朝食。 明治初期の菓子屋の風情が残った建物の中は、焼きたてパンの芳ばしい香りでいっぱいでした。思い思いのパンを選んで精算したパンは二階で食べられる。 goo.gl

令和元年5月1日 輪島「8番らーめん」と小浜「きらく亭」

2019/05/01 今朝は宿泊した珠洲市「湯宿 さか本」で「令和」最初の朝食をおいしくいただいた。ある意味、「令和」というより「昭和」の気分で食べていたことに思い至る。ただ、「昭和」の時代は経済成長とともに規模の拡大であるとか効率を目指した時代であ…

令和の朝、「湯宿さか本」にて

令和の朝は鶏の鳴き声で目覚めた。まだ朝も4時頃であるが目覚めは心地よい。というのもここは「湯宿 さか本」の一室、昨夜は滋味にあふれた心づくしの料理と地酒をいただき、幸せな気分でぐっすりやすんだからである。テレビなどという無粋なものは置かない…

平成から令和に変わる夜を「湯宿 さか本」で過ごす

2019/04/30 「湯宿 さか本」この宿を知ったのはおよそ二年半前、『日本の朝ごはん』(向笠千恵子・著/新潮文庫)を読んでのことである。 日本の朝ごはん (新潮文庫) 作者: 向笠千恵子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1998/05 メディア: 文庫 購入: 2人 ク…

平成最後の昼メシは「能登丼」と「いしる鍋」

2019/04/30 石川県能登島ガラス美術館を見学後は能登半島を北上し珠洲市に入った。昼メシ場所に特にあてはない。ネット情報である寿司屋の「カワハギの肝和え丼」がうまいとの情報を得てそちらに行ったのだが閉まっていた。そりゃあGWだもの、寿司屋さんだっ…

なまこや 海ごちそう

2019/04/28 和倉温泉での夕食は石崎町の「なまこや 海ごちそう」にて。 酒は利き酒セット。「千枚田」「能登誉」「日栄」の三種。 「千枚田」は奥能登輪島は清水酒造店の醸した純米酒。スッキリとした飲み口とキレがあり料理の味に割り込まないところが好ま…

「グリル中村屋」のハントンライス

2019/04/27 金沢市内をポタリング。 昼飯は鞍月用水のせせらぎのほとりにある洋食屋「グリル中村屋」でハントンライスを食べました。 注文してからわかったことですが、こちらの店の名物は『皿カツ丼』と『コキール巻』とのこと。「しまった。早まった」と少…

こだわりとんかつ 播 三木店

2019/04/18 午後は事業所まわり。 昼ごはんは三木の「こだわりとんかつ 播」で食べました。 前から噂に聞いていました。 噂に違わずボリューム満点、衣サクサク、やわらかくジューシーな肉、値段リーズナブル。 大食いサラリーマンの味方といった風情の店。 …

上等カレー

今日の昼飯は大阪の事務所の近くにある「上等カレー 西天満店」のカツカレー。 我ながらぞんざいな福神漬けのトッピングですが、これがうまい。 見た目によらず、けっこう辛口なところがお気に入りです。 goo.gl

花々

友人のUさんからいただいた菓子。 鶴谷吉信「花々」。 抹茶で食べたい気もするけれど、 そう所望する勇気もなく、 珈琲をたてていただきました。 珈琲にも合います。 春らしい色がいい。 こういうのもちょっとした幸せ。