佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

居酒屋紀行

「大黒や」そして「くまモンの店」

高校の同級生のyumiさんがダラットから帰ってきたというので、Facebookで連絡を取り合っている同級生が集まってオフ会を開催。 場所は「大黒や」。yumiさんが酒を呑まないことを知らず、居酒屋設定してしまったと焦りつつも、ここは食べものがおいしいからい…

「和食晴ル」高校同級生Facebookオフ会

2019/05/11 二月に初めて訪れた「和食晴ル」。その時のFacebook投稿を読んだ同級生たちが行きたいという話になりオフ会を設定。私を含め5人同級生が集った。 うまい料理に進む酒。昔話に近況にと話の花が咲き、また進む酒。よーさん呑みました。 二軒目はす…

第439回 旬の会

2019/05/09 令和になって初めての旬の会は「やつか」にて。 肴はあなご尽くし。 酒は「仙介 白麹」が果物のように甘く、「雪彦山 鬼辛」がドライ、結果として「大山」のバランスの良いうまさが際立った。

因島「西華園」の中華

2019/05/03 因島から生口島、高根島を一日かけて走った。天気も良く、素晴らしい景色であった。走行距離は74.3km。当然腹が減っている。冷たく冷えたビールが呑みたい。 夕食は「西華園」でとることにした。町中を一回りして勘が働いた店です。 運動の後だけ…

令和元年5月1日 輪島「8番らーめん」と小浜「きらく亭」

2019/05/01 今朝は宿泊した珠洲市「湯宿 さか本」で「令和」最初の朝食をおいしくいただいた。ある意味、「令和」というより「昭和」の気分で食べていたことに思い至る。ただ、「昭和」の時代は経済成長とともに規模の拡大であるとか効率を目指した時代であ…

貴寿司

2019/04/29 本日の居酒屋をどこにするかと和倉を探索。「ここだ!」と私の直感が告げた店は「貴寿司」。平成最後の寿司割烹となりました。 つれ合いは「上にぎり」(1,800円)を注文。能登らしく新鮮な魚で握られた寿司が次々と出てくる。ネタが良い。それは…

なまこや 海ごちそう

2019/04/28 和倉温泉での夕食は石崎町の「なまこや 海ごちそう」にて。 酒は利き酒セット。「千枚田」「能登誉」「日栄」の三種。 「千枚田」は奥能登輪島は清水酒造店の醸した純米酒。スッキリとした飲み口とキレがあり料理の味に割り込まないところが好ま…

「鰯組」「大関」金沢の夜

2019/04/27 金沢の夜は「鰯組」から。 予約はしていなかったのですが、19:30からの予約客が来るまでとの条件付きで入ることが出来ました。ラッキーでした。 呑んだ酒は「勝駒 純米」「池月 うすにごり生酒」。 「鰯の刺身」 「鰯のサラダユッケ」 「鰯つみれ…

季よせ さゝま

2019/04/10 久しぶりに「季よせ さゝま」で飲みました。

三ノ宮高架下・茶々

バス待ち時間にちょいと一杯。 三ノ宮高架下・茶々にて。 酒は「仙介」と「春鹿」。 肴は「自家製ポテトサラダ」「八戸大トロ〆鯖」。

松山の夜

2019/04/04 I社様との情報交換勉強会のあと、いよてつ高島屋9Fにある「東雲」にて食事。鯵の姿づくりや新鮮な刺身、煮付け魚などうまい肴をいただきながら飲んだ酒は三種。「道後ビール」「石鎚」「賀儀屋」です。特に「賀儀屋」は人気急上昇中と噂に聞い…

虎ノ門砂場

2019/04/02 東京出張1日目。 午後はU先生、R・C様、I社様、P社様と打ち合わせを終え、P社のM様と「虎ノ門 砂場」で食事。 もっとうまい蕎麦屋があるそうだが、杉浦日向子さんの『ソバ屋で憩う』(新潮文庫)を愛読し「砂場」に憧れていた私としてはやは…

三宮高架下酒場「茶々」

2019/03/28 兵庫県庁での仕事帰り、バス待ち居酒屋。 気取らず安く飲めて、取りそろえている酒もなかなかのもの。肴も地方色豊かでよろしい。ちょいと一杯というときに便利な店です。 「青森産・馬刺し盛り合わせ」を肴に「陸奥八仙」と「春鹿」をやりました…

おとなの飲み会@馳走ぜん

2019/03/21 数人の紳士淑女が集まり、そのうち一人のおすすめの酒を飲みながらおいしい料理をいただく「おとなの飲み会」。 お店は「馳走 ぜん」さんにお世話になりました。 今日のお酒のチョイスは私が担当。 「SOLARIS 古酒 甲州 2007」と「作 美夜 純米大…

スタンディングバー Bon Voyage

バス待ちでしょっちゅう利用している店です。 昨日はフォアローゼズをロックで。 アテは茎茗荷。 ますます物忘れがひどくなる・・・(^_^; 読み物は『解錠師』( スティーヴ・ハミルトン:著/ハヤカワ・ミステリ文庫)MWA賞最優秀長篇賞、CWA賞スティール・…

「旬の会」酒蔵見学 ~広島県竹原市・藤井酒造~

2019/02/23 「旬の会」の面々と酒蔵見学に行きました。今年は広島県竹原市で文久3年創業の藤井酒造さんです。 バスに乗って最初の会長挨拶で蔵見学するので失礼のないよう飲み方に注意するようにと言い渡されたにもかかわらず、いきなりの一升瓶回し飲み状態…

和食晴ル

京都烏丸で仕事の打ち合わせを終えた後は居酒屋タイム。 良い店を教えていただきました。 店名がどこに書いてあるのかわからないが、居心地の良いスペースであろうことはその佇まいが如実に語っている。引き戸を開けのれんをくぐるとカウンター12席のみの…

馳走ぜん

久しぶりに「馳走ぜん」で呑みました。店が移転してからなんとなく足が遠のいていました。前の店は少々手狭すぎたが居心地が良かった。今の店は居酒屋としては広すぎてなんとなく落ち着かない。やはりうらぶれたオジサンには狭い穴蔵のような店で、背中をま…

旬の会

2019/02/07 毎月第一木曜日は「旬の会」が開催される。 今月の肴は寒ブリ。居酒屋は「忠助」です。 ブリは天然ものとあって、臭みのない上品な脂がたまらなくうまい。 酒も鮮烈な甘みをもつ「仙介」から始まって、「御慶事」「三千盛」「天狗舞」とバラエテ…

2019年2月の「朔の会」

今月の新月は5日。新月の日には当然「朔の会」がある。今回は「あけぼのストアー」で鯛シャブを肴に飲もうという趣向。 この「あけぼのストアー」、食べログでは「居酒屋・ダイニングバー」のカテゴリーに分類されているようだが、本質的にスーパーマーケッ…

神福 ~はりま発酵グルメプロジェクト2019~

2019年1月26日(土)~2019年3月2日(土)の間、『はりま発酵グルメプロジェクト2019』が開催されています。 harima-hakkoupj.com このたびのメニューテーマは「日本酒と発酵のペアリング」とのこと。発酵食品の代表格たる酒、とりわけ日本主を愛飲する私めと…

佐々陽太朗がご案内するほろ酔い紀行(Vol.4加賀・金沢)2日目

2019/01/26 旅行二日目。 佐々陽太朗がご案内するほろ酔い紀行(Vol.4加賀・金沢)2日目。金沢は夜のうちにすっかり雪化粧をしていた。 ホテルを出発した我々は YUI PRIMA で七尾駅に向かった。のと鉄道に乗り、車窓から能登の景色を楽しみ穴水駅まで行こう…

佐々陽太朗がご案内するほろ酔い紀行(Vol.4加賀・金沢)1日目

2019/01/25 旅行一日目。 ”YUI PRIMA”で旅に出かけました。 私を含め15名の金沢居酒屋めぐりの旅です。 ”YUI PRIMA”での旅はシャンパンの乾杯から。 この旅は居酒屋をめぐるというテーマだけに酒もあれこれ積み込んでいます。全員が朝からエンジン全開で飲み…

しもなり

2019/01/16(水) 午後は大阪西天満にある事務所に行く。17:30仕事をおいて界隈をぶらぶら。今日はつれ合いが義母と外食予定。ならばとどこかの居酒屋で呑んで帰ることにした。この界隈は弁護士事務所が多い土地柄か、高級な店が多い。中には通りすがりには…

赤穂市~日生市~備前市~瀬戸内市~岡山 サイクリング

2019/01/13(日) サイクリング2日目は赤穂から日生へ向かい、日生でカキオコの昼食。その後、備前市、瀬戸内市を経由して岡山市内に投宿。 走行距離 81.09 km 消費カロリー 2,040 C 平均移動速度 14.2 kph 高度上昇 398m 高度下降 380 m 朝は赤穂市内のポ…

トマトとオイルサーディンのスープ

本日の厨房男子。 夕餉に「トマトとオイルサーディンのスープ」を作りました。 酒は「酒屋八兵衛 純米酒」。

主水

同級生のHとKとNと私の4人で久々の「主水」。 よー呑んだなぁ。 自家製オイルサーディン、鯵の南蛮漬け、馬刺し、参鶏湯、否、テールスープであった。そしてイカスミパスタ、全部うまい。 イカスミパスタを食べた翌日はトイレに行くと・・・ それをここで語…

酒膳 彩(いろどり)

2018/11/13 用があって和歌山泊まり。 21:00ごろ和歌山城にほど近いホテルにチェックイン。夕飯がてらの居酒屋をと特にあてもなく街をぶらぶら。店の外に出してあるメニューをみて、「よし! この店」と決めた。店の名は『酒膳 彩』。あれ? ここの大将どこ…

佳肴 みを木

11月8日~9日と東京芝での研修と会議を終え、明日は千葉幕張メッセでの「サイクルモードインターナショナル2018」視察のために都内にもう一泊。 これも仕事。 「bGo はりまサイクルツーリズム」の活動の一環です。東京駅近くに宿を取りました。 雨模様のこ…

ル シャ ポテ

おとなの飲み会 今回は「ル シャ ポテ」にて、H君のワインセレクトをいただきました。 「ル シャ ポテ」は定休日のところ、我々のために店を開けていただいたとのこと。感謝。 皆と別れた後、バス待ちの時間を「Bar Climb」にて。