佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

幸せな酒生活

酒は「雲山」、アテは肉じゃが

本日の厨房男子。 「肉じゃが」と「もやしとほうれん草の炒め物」を作りました。 酒は「雲山 純米原酒」。濃醇な旨口ながら、キレも良い。

ラグビー観戦はやはりビールや!

今日はラグビーワールドカップ日本代表の予選3戦目。 19:30までにビールのアテを準備。 ビールを呑みながら日本を応援。 「肉団子の生ピーマン詰め」 「ひよこ豆とトマトのキーマカレー」 ホットなチリ味がたまらん。 肉団子を生ピーマンに詰めて食うとうま…

コノシロの酢〆で写楽をやる

秋祭りの時季に酒の肴といえばコノシロの酢〆。 酒は写楽。 ラグビー「イングランド VS アルゼンチン」を観ながら一献。

天神会旅行

2019/09/07~08 中島天神会で旅行しました。毎年祭り前の恒例行事です。9月になると香住ガニ(紅ズワイガニ)が解禁されますので宿泊先を香住の『夕香楼 しょう和』にしました。 【一日目のコース】 夢前町→丹波伝統工芸公園・立杭陶の里→シルク温泉やまび…

下鴨茶寮「糺茶内」での食事

2019/09/06 昨夜は有馬であったが、今日は京都。すっかりなじみになった「下鴨茶寮 糺茶内」での食事。ここではアラカルトで注文できる。わがままな注文をしても、なんとかしてくれる。だからといって私にわがままを言う勇気はありません。料理のチョイスは…

ねぎや陵楓閣の食事

2019/09/05 有馬温泉「ねぎや陵楓閣」での食事。趣向を凝らした酒肴の数々。左党にはたまらない料理でした。酒は「仙介」を冷やで、「酔心」を燗でいただきました。いやぁ、うまかった。 【食前酒】 地酒一献 仙介 純米山廃仕込 泉酒造 【酒肴】 丸豆富に浅…

とんぼ5号 山田錦(純米吟醸)

2019/09/03 本日の一献は神奈川県泉橋酒造の「とんぼ5号 山田錦(純米吟醸)」。とんぼラベルシリーズ」は、槽場(ふなば)でしぼった酒を直接その場で手詰めしています。これは200本中94本目です。酒肴はおからと冬瓜。

2019/08/30 朔の会 @あけぼのストア

新月の日恒例の「朔の会」。今回は「あけぼのストア」でハモ鍋。会費は3,000円。酒は4合瓶の純米酒を持ち寄り。 喉の調子が悪かったので「自重」「節制」を心がけましたが、やはり飲んでしまいました。(^^ゞ

「ひゃくてんまんてん」のカレーラーメン

2019/08/25 京都文化博物館で「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」を鑑賞した後の昼メシ。Googleマップを見ると、すぐ近くに☆印をつけている店がある。私は普段から本や雑誌、TVなどで紹介される店の中で自分なりに気になるところに☆印をつけている。この「ひゃ…

壱岐島クルーズ1日目

2019/08/20 本日より壱岐島に向かってクルーズ。にっぽん丸を借り上げた姫路港発のクルーズに参加するのである。にっぽん丸にはもう何度も乗っているが、こうしてみるとやはりでかい。乗客は370人ほどらしい。ツアー会社の添乗員や船の乗員を含めるとかなり…

田村 生酛 純米吟醸

本日の一献は「田村 生酛 純米吟醸」。S社I氏からいただいたお酒です。 この酒を醸した蔵元は「有限会社 仁井田本家」(にいだほんけ・福島県郡山市田村町金沢字高屋敷139番地)である。 初めてこの蔵の酒をいただくのでHPを調べてみた。創業1711年(正徳…

本日の厨房男子「肉詰めピーマン」「春雨サラダ」「カレー鯖じゃが」

朝からその日やろうとしていた用事をすべて済ませた土曜の夕刻は至福の時。心からゆったりできる。 当然、酒をやる。今日は「マッカラン ダブルカスク12年」。ヨーロピアンオークとアメリカンオークを使用したシェリー樽で熟成した味わいは深い。メロンを…

じゃがたま

今日は柏井壽先生の最新刊『鴨川食堂まんぷく』を読んだ。6話の短編のうち第3話は「じゃがたま」。 作中の料理イメージとは違うが陽太朗流の「じゃがたま」を作ってみた。作中で出てきたソースは京都の「ヒロタソース」であったが、家にはない。しかしこれ…

河豚の子糠漬けのパスタ

柏井壽先生の鴨川食堂シリーズ最新刊を小学館から送っていただいた。せっかくなので発売前の今のうちに読んでいます。6話の短編が収められているが、その第1話が「たらこスパゲティ」。先生のご本を読むとお腹がすきます。無性に「たらこスパゲティ」が食…

「うな信」の鰻

2019/07/21 今日の昼餉は鰻にしました。暑い夏には薬になります。毎年、この時季になると「うな信」で買い求めます。浜名湖産でふんわり柔らかい。ここのタレは味が濃いのだが、たまにそれが無性に食べたくなる。ブンセンの「極みざん」をぱらぱらトッピング…

京都淡水会「ゆかた会」@粟田山荘

2019/07/20 私が卒業した大学の同窓会「淡水会」の京都支部が「ゆかた会」を開催する、それも宮川町から芸妓を呼んで開催する、しかもその場所が粟田山荘だ、さらに料理飲み物一切含んで○○○円だという案内をいただいた。三拍子そろってしまった。これは行か…

おとなの飲み会

2019/07/15 不定期で開催している「おとなの飲み会」を開催。今回は「クレール日笠」さんにおじゃまし、八人が集まりました。何がおとななのかわからない。どうもあやしい。だがそのあやしさがおとななのだろう。 二次会は「さかもと」。

ひよこ豆のキーマカレー

2019/07/13 本日の厨房男子。 ひよこ豆のキーマカレーを作りました。酒は壱岐の麦焼酎と青ヶ島の芋焼酎の飲み比べ。

酒とゴルフの日

2019/06/29 今日は姫路経営者協会のJRK-研究会のOB会ゴルフコンペ。 先日、株主総会も無事終了し、目一杯楽しめるゴルフである。梅雨入り宣言もあり数日前の天気予報は雨だったはずだが、日本近海で発生した台風が一過、なぜだか晴れてしまった。私はつくづ…

「旅学人」ツアーで宮津と伊根を訪れる

2019/06/22 「旅学人」ツアーで宮津と伊根を訪れました。 茶六別館で大トリ貝と岩牡蠣など海の幸の懐石を食し、伊根湾で海猫と戯れました。数日前は雨天だった予報も覆し、相変わらずの晴れ男。”YUI PRIMA”車中ではシャンパンとビール、茶六別館では丹後の地…

献血10回記念酒杯

2019/06/20 以前から同級生有志で献血活動をしております。明後日に予定していた献血活動に参加できなくなったので、一足先に献血してきました。私の献血回数がちょうど10回になったそうで、記念品をいただきました。記念品がいただけるとは知らずびっくり…

浜福鶴 仕込参號

本日の一献は「浜福鶴 仕込参號」。 肴は[鯵フライ」と「大アサリの酒蒸し」。 うまい。

ひっぱりもち麦麺

本日の厨房男子。 昼ごはんはもち麦麺。 山形の郷土料理に「ひっぱりうどん」というものがあります。茹で上がったうどん鍋からすくい上げて、そのまま納豆やサバ缶などで作ったタレで食べるスタイル。 それをもち麦麺を使ってやってみました。タレに入れたの…

水曜日会@ホテル_シーショア・リゾート

2019/06/05 6月の水曜日会は毎年シーショア・リゾートの小島シェフの料理で播磨の地どれ食材をいただくことが恒例になっています。今年も70名を超える人が集まりました。 中心的メンバーの在来種保存会・山根成人氏や岩田健三郎氏の人柄に惹かれて集まっ…

「七冠馬 純米 春なごみセブン」を鶏のピリ辛煮でやる。

本日の厨房男子。 夕食準備は「七冠馬 純米 春なごみセブン」を呑みながら。 島根県奥出雲町は「簸上清酒」の醸した酒。やや辛口で料理との相性抜群。「七冠馬」はシンボリルドルフにちなんだもの。 アルコール度数 15.0~15.9 日本酒度 +3~+4 酸度 1.5 ア…

第439回 旬の会

2019/05/09 令和になって初めての旬の会は「やつか」にて。 肴はあなご尽くし。 酒は「仙介 白麹」が果物のように甘く、「雪彦山 鬼辛」がドライ、結果として「大山」のバランスの良いうまさが際立った。

「宗玄 純米吟醸 Samurai Princess」を小浜「田村長」の小鯛ささ漬けと鯖へしこでやる

本日の一献は「宗玄 純米吟醸 Samurai Princess」です。 ブルーの瓶に宗玄のシンボルマーク「剣山」をあしらったラベルが映る。味は上品でバランスが良い。 肴は小浜「田村長」の小鯛ささ漬けと鯖へしこ。小浜の老舗らしい伝統の味。おいしゅうございました。

伊佐美

本日の一献は「伊佐美」をロックで。 娘夫婦が鹿児島旅行の土産にくれたものです。 肴は「がんす」「ほうたれいわしの丸干し」「タコとキュウリの酢の物」。

令和元年五月 朔の会

2019/05/05 新月の日の飲み会「朔の会」。令和元年五月は姫路市内某所ビルの部屋をお借りして開催。参加者各自が四合瓶を持ち寄って車座で回し飲みをするというスタイルです。座はビニールシートの上、今日の肴は「菊屋」の弁当を用意、至ってラフな飲み会で…

宗玄酒造

2019/04/30 珠洲市を訪れたとなればここに立ち寄らないわけにはいかない。宗玄酒造株式会社。明和五年(1768年)に酒造業を始めたというから250年以上の歴史がある藏である。 「純米吟醸 Samurai Princess」と「隧道蔵 純米酒」を購入。