ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

幸せな酒生活

睡龍・生酛のどぶ(久保本家酒造)

本日の一献は奈良県は久保本家酒造の醸した「睡龍」と「生酛のどぶ」。 今日は鍋で。 まずは「睡龍」。これは生酛づくりの純米吟醸酒。 裏のラベルをみると赤字で「22BY」と刻んである。平成22年に完全発酵の生酛づくりで仕込んだ後、蔵でじっくり熟成させて…

大雪渓 特別純米 無濾過生原酒

本日の一献は「大雪渓 特別純米 無濾過生原酒」。 今年の新酒、しぼりたてです。 アテは鱈の西京味噌漬け。 京都「一の傳」の逸品です。

2017/12/06の日記(ウルフギャング・ステーキハウス丸の内、MAIMON GINZA、El Borracho銀座コリドー店)

2017/12/06 東京出張 15:30 仕事上のパートナー様との会議 18:00 ウルフギャング・ステーキハウス丸の内にて忘年会 ロブスター、シュリンプ、クラブにアメリカンスタイルの Tボーンステーキを腹一杯食しながら、 スパークリングワイン、ビールをがぶ飲み ??…

鯛を捌く

今月も奈半利町から魚が届きました。 とりあえずささっと造った刺身で香住鶴を一杯やりながら、塩焼きと松皮づくり、そしてアラ炊きを造りました。 出来上がり。酒は「作 ZAKU IMPRESSION G」。

八鹿 ひやおろし

本日の一献は「八鹿 ひやおろし」。 「八鹿」は「やつしか」と読みます。 兵庫県の但馬ではありません。蔵は大分県にあります。 美しい九重連山の伏流水で醸した酒。 この季節、燗酒がうまい。 アテにつれ合いが酢豚を作ってくれたと悦んでいたら、肉は鶏の…

永井一正ポスター展開会式、全国おでんと地酒サミット

2017/11/11(土)の日記 2017年11月12日から開催される姫路市立美術館「永井一正ポスター展」の開会式に出席。 開会式の後、永井先生とほんの2~3分の立ち話でしたがお話しをすることが出来ました。柔らかな物腰で上品な紳士でいらっしゃいました。私は先生…

むつ市リサイクル燃料貯蔵施設(RFS)、むつ科学技術館、ねぶたの家「ワ・ラッセ」

姫路経営者協会産業ツーリズム2日目。 昨夜はむつ市内の居酒屋を探索した。御酒をたくさんいただいた。しかし寝覚めは爽やか。飲む酒を純米酒とスピリッツに限っていれば、そうそう翌日にまで残らないものだ。 さて、今日は原子燃料再処理施設見学ツアーの…

中国饗膳 粋廉

京都ポタリング一日目の夜は娘の家に泊めてもらい、外で食事をすることにしました。つれ合いと娘の好きなフカヒレを食べようと「中国饗膳 粋廉 」を訪れました。店の造りは中華料理らしからぬ京の町家の風情。出てくる料理がすべて素晴らしく、全員が完食。 …

オトナの酒飲み会

[オトナの酒飲み会」をやれ、早くやれ、との下知に従い、私のプロデュースで開催しました。 以下、その概要。 オトナの酒飲み会_岩田健三郎氏を囲んで @「菊屋」2017/11/02 19:00~ 獺祭 純米大吟醸 スパークリング50 (乾杯酒)旭酒造株式会社(山口県岩…

8年ぶりの再会 @菊屋

8年前にSNSで「酒」と「自転車」という共通の趣味を持つ人と知り合いました。意気投合しオフ会をやりました。場所は「主水」だったと記憶しています。 8年ぶりに酒でも飲もうかということになりました。場所に選んだのは「菊屋」。駅近で地酒が揃っている…

雨ニモ負ケズ

平成29年10月29日(日) 雨が降っているにもかかわらず、というより台風模様の中親戚が集まりました。 酒を飲みながらワイワイやるのに日や天気を選ぶ必要があるだろうか。 いや、ない。 と私は思う。 親戚のコギャルもこう申しております。 「飲み会やるのに…

「鰻 これ くふうて やく のむな」 八重洲はし本

東京での夕餉はかねてより食べたいと思っていた「八重洲はし本」の鰻。 鰻が焼けるまで40分待ち。この待ち時間がうれしい。 「九条葱のぬた」「肝焼き」「ひれ焼き(肝いり)」をアテに酒をやる。 酒は「王祿 溪 純米吟醸 無濾過本生」(島根、王祿酒造)…

中華料理「東光」

2017年10月20日(金) 「京都の横山さんの会」が神戸元町で開かれるというのでお誘いいただきました。 場所は元町駅南の中華料理「東光」。 昔からある街の中華料理屋さんとういう風情。 伊勢エビ、上海ガニ、フカヒレたっぷりのスープ、クエ、牛肉等々これ…

五島芋 510IMO

本日の一献は「五島芋」。 芋は五島産、甘藷「高系十四号」。 糀は五島の米で作ったもの。 水は五島の銘水「七岳湧水」。 島の酒蔵「五島列島酒造」で島の人の手で造られた100%五島産の焼酎です。 アテはひじきと豆の煮物、豚肉と野菜の炒め物。

ワイルドサイドを歩け!

本日の厨房男子。 三芳菊「WILD-SIDE 等外米無濾過生原酒 袋吊り雫酒」をやりながら「小芋の炊いたん」「ひろうすの炊いたん」「無花果と茗荷の天ぷら」「菊菜の白和え」を作りました。 三芳菊は数年前から注目し応援している酒です。この蔵の姿勢は「TAKE A…

作(ZAKU) IMPRESSION Type G

平成29年10月7日(土) 祭り宵宮。 家に帰っての酒は「作(ZAKU) IMPRESSION Type G」。 食中酒にぴったりな酸味のある酒。 飯は高菜焼き鯖棒寿司。以前は自家製の鯖寿司とコノシロ寿司を食べたものですが、うちも夫婦二人だけになってなかなかそうもいかなく…

「銀平」と「堂島サンボア」のハシゴ

平成29年10月6日(金) 一日中、堂島事務所でミーティング。 18:40 漸く懸案事項の検討を終えた我々大阪マーケティング室のメンバーは北新地にくり出した。 店は「銀平」。ここを北新地と呼ぶには若干ためらいがあるが、たとえ端っこであっても新地は新地。こ…

第420回 旬の会 @梅はら

2017/10/05 18:30 第420回「旬の会」が高砂「梅はら」にて開催されました。 アテは「地鶏鍋」ほか。 一本目の酒は「大雪渓 特別純米 ひやおろし」。北アルプスを望む信州安曇野の銘酒。北アルプスの雪解け水を源とする伏流水で仕込んだ酒らしくきれいな酒で…

お城周辺での長い一日

10月1日(日)はお城周辺でのイベント目白押しで一日中あたりをウロウロしていました。 家からお城まで約20キロ。ゆっくり自転車を漕いで一時間です。 実りの秋。彼岸花もそろそろおしまいです。 大手前公園に着くと神姫商工制作の”Party Bike"がありました。B…

生ピーマンの鶏つくね詰め

今夕の厨房男子。 つれ合いが買い物ツアーから帰ってくる頃合いを見計らいながら、夕餉を用意。もちろん酒をやりながらです。 酒は「早瀬浦 純米」を燗で。この酒はキリッとした辛口なので燗にしたら華やかに膨らむのではと思ったのですが、それがなかなか、…

新もの「秋刀魚」 北海道産

本日の厨房男子。 新ものの秋刀魚が店に出てくるようになった。型はまだまだだし、脂ののりもいまいちだが、見れば食べたくなる。値段は1尾300円ほど。早く100円程度で食べられるようになってほしい。 出来合いの惣菜で牡蠣フライ(播磨灘産)と鰯の…

但馬野菜たっぷりの晩飯。酒は「亀泉 純米吟醸原酒生」。

本日の厨房男子。 旅先で買い求めた但馬の野菜を使って。 零余子のバター醤油風味。酒のアテに良いです。 たくさん作りました。明日の朝はこれを炊きたてご飯に混ぜて「零余子ご飯」にします。絶対、うまい。 酒はY.H.さんにいただいた「亀泉」。やさしい甘…

早瀬浦 純米

本日の一献は「早瀬浦 純米」です。 キリッと辛口。男酒ですね。 冷たく冷やした状態では素っ気なく感じるほどの辛口も、時間が経ち常温になると風味がでてくる。おそらく燗にすると花開く酒かと。しかし今日のところは冷やをとおす。なぜか。別に意味は無い…

ホテルアゴーラ大阪守口内、日本料理「こよみ」での寿司

作家の柏井壽先生との会食。 今日はホテルアゴーラ大阪守口の4階にある日本料理「こよみ」にて寿司をいただきました。 プロローグは「紅くるり」で始まった。店に足を踏み入れるなり、目の前にあった赤大根。店名「こよみ」のとおり季節を感じさせる趣向で…

2017/09/02~09/03 但馬~丹後旅行の記録

中島天神会旅行の記録。 中島天神会とは中島自治会の住人で構成する秋祭りサポーターの会です。 ここ3年ばかり、秋祭りの前、本格的な準備に入る前にメンバーの結束を固めるべく一泊二日の酒呑み旅行に出かけています。宿泊先は3年連続で香住の「夕香楼 し…

のどぐろの煮付け

本日の厨房男子。 旅先、舞鶴で買い求めたのどぐろを煮付けました。 酒(雪彦山・純米吟醸無濾過原酒)と醤油だけで煮ました。 もう一品は白イカ(ケンサキイカ)をイカめしにしました。(これは明日の朝のお楽しみ) デザートは梨。久美浜産の「秋麗」です…

ウェルズ風たぬきうどん

本日の厨房男子。 柏井壽さんの『京都しあわせ食堂』を読んでいたら無性にうどんが食べたくなった。それもアツアツのこしぬけうどんが良い。冷蔵庫に油揚げがある。うどんは無いがひやむぎがある。これはたぬきうどんもどきで折り合うしかあるまいということ…

VODKA ”Swinging Doors” と ブンセン「極みざん」

本日の一献は日本のウォッカ。 その名も”Swinging Doors”、ヤエガキ酒造さんの意欲作です。米を原料としたスピリッツ。それがなぜ焼酎でなくウォッカなのか。そもそも米を原料としてウォッカと呼んで良いのか? ウォッカの定義は何か、はたまた焼酎の定義は…

2017年8月の「朔の会」

新月の日の夜、4合瓶と好みのアテを持ち集まり車座で酒を飲む。 その名も新月にちなみ「朔の会」。 今夜も阿呆どもがあちこちから集まりました。

翠露 純米吟醸 山田錦

本日の一献は「翠露 純米吟醸 山田錦」でございます。長野県は上諏訪の酒です。 アテはセロリと人参とキュウリのピクルス、ヤマサ蒲鉾の天ぷら、唐辛子の醤油炒め。 「翠露 純米大吟醸 雄町」も冷蔵庫に入っているが、飲み比べてみると山田錦と雄町の違いが…