ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『僕たちの戦争』(荻原浩:著/双葉文庫)を読む

僕たちの戦争』(荻原浩:著/双葉文庫)を読みました。

まずは裏表紙の紹介文を

“根拠なしポジティブ”の現代のフリーターと、昭和19年の「海の若鷲」にあこがれる軍国青年が時空を超えて入れかわった!それぞれの境遇に順応しつつも、ふたりはなんとか元の時代に戻ろうとするが…。おもしろくてやがて切ない、愛と青春の戦争小説。

テーマは「愛」です。人を思いやる心です。

人を思いやる心は命に優先します。

「命より大切なものがある」、これは戦争物に多いテーマですが真の道理です。

理屈をこねてこうした想いをバカにする人がありますが、そんな輩とは、私、付き合いません。


私が荻原氏の本を読むのはこれで5冊目。荻原氏の本に共通するのは「笑い」と「涙」です。

1.ハードボイルド・エッグ

ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)

ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)

2.誘拐ラプソディー
誘拐ラプソディー (双葉文庫)

誘拐ラプソディー (双葉文庫)

3.神様からひと言
神様からひと言 (光文社文庫)

神様からひと言 (光文社文庫)

4.明日の記憶
明日の記憶 (光文社文庫)

明日の記憶 (光文社文庫)

5.僕たちの戦争
僕たちの戦争 (双葉文庫)

僕たちの戦争 (双葉文庫)


明日の記憶』は笑える話ではありませんが、
『ハードボイルド・エッグ』『誘拐ラプソディー』『神様から一言』はたっぷり笑えます。
そして後でしみじみ泣けます。心が温まります。

荻原浩、ハートウォーミングな良い作家です。


♪本日のもう一曲♪

ハートウォーミングな曲というイメージで選んでみました。

Daniel Powter - Free Loop


母恋旅烏 (双葉文庫)

母恋旅烏 (双葉文庫)