ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『酒呑みに献げる本 − 酒の醍醐味を謳う名作集(アンソロジー)』(山本容朗:編/光文社文庫)を読む

『酒呑みに献げる本 − 酒の醍醐味を謳う名作集(アンソロジー)』を読み終えました。
三宮センター街にある古本屋で買い求めた本です。


まずは裏表紙の紹介文を

酒呑みの話は、概して面白い。と、思っているのだが、それは、私が酒を飲むからだろうか。とにかく、酒呑みには話上手が多い。酔っぱらいながら、酒場や居酒屋で、誰でもが体験しているだろう。(「編者あとがき」より)
こよなく酒を愛する文壇人が、酒を主題とした小説とエッセイで酒の醍醐味を謳い上げたアンソロジー。




太宰治笹沢佐保阿佐田哲也吉村昭吉行淳之介半村良、田中小美昌、etc.・・・・
新宿あたりで夜な夜な呑んでいそうな文壇の酒呑み27人が酒にまつわるエッセイと小説を書いています。もう酒好きにはたまりません。

♪本日の一曲♪

お酒にちなんだ曲を。
ストレート・ノー・チェイサー
一時期、良い格好がしたくて、そんな飲み方をしていたことがあります。
格好は良くても、身体にはむちゃくちゃ悪いです。

Straight No Chaser − Terumasa Hino & Toshiko Akiyoshi