ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

映画『ザ・マジックアワー』

久しぶりに映画館に行き、三谷幸喜・脚本・監督の『ザ・マジックアワー』を観てきました。三谷流の抱腹絶倒・ノンストップ・ハートフル・コメディ、素晴らしかったです。笑い転げました。ちょっぴり泣きました。



ストーリーを紹介する。

港町・守加護を牛耳るギャング「天塩商会」の親分の愛人のマリに手を出した備後はそのことで殺されかけるが、伝説の殺し屋「デラ富樫」を連れて来れば命を救ってやると言われ「デラ富樫」を探すことになる。しかし探しても一向にデラ富樫を見つけられない備後は一計を案じ、売れない俳優・村田を映画の撮影と騙してデラ富樫に仕立てて乗り切ろうと画策する。相手が本物のギャングとは知らずデラ富樫を熱演する村田、村田と「天塩商会」に嘘がばれないよう四苦八苦する備後、村田をデラ富樫と信じる「天塩商会」の面々。それぞれの思いやすれ違いが行き交う中、物語は予期せぬ方向に進んでいく。果たしてデラ富樫は偽者とばれるのか否か、村田はいつこのからくりに気づくのか、備後とマリの運命は・・・・・・・


キャストは超豪華だ。

  • 村田大樹(むらた たいき)<だまされる男>(売れない三流役者) - 佐藤浩市
  • 備後登(びんご のぼる)<だます男>(ボスの手下・クラブ「赤い靴」支配人) - 妻夫木聡
  • 高千穂マリ(たかちほ マリ)<惑わす女>(ボスの愛人) - 深津絵里
  • 鹿間夏子(しかま なつこ)<尽くす女>(クラブ「赤い靴」従業員) - 綾瀬はるか
  • 天塩幸之助(てしお こうのすけ)<牛耳る男>((ギャングのボス) - 西田敏行
  • マダム蘭子(マダム らんこ)<厚化粧の女>((港ホテル女主人) - 戸田恵子
  • 黒川裕美<怖い男>(天塩商会代貸し) - 寺島進
  • 長谷川謙十郎<振り回される男>(村田大樹のマネージャー) - 小日向文世
  • 鹿間隆(クラブ「赤い靴」バーテンダー) - 伊吹吾郎
  • 清水医師(港ホテル滞在客)- 浅野和之
  • 菅原虎真(天塩商会・会計係) - 市村萬次郎
  • 高瀬允(かつての映画スター) - 柳澤愼一
  • 江洞潤<のし上がる男>(江洞商会会長) - 香川照之
  • 太田垣直角(天塩の手下) - 甲本雅裕
  • 今野貴之介(CMディレクター) - 近藤芳正
  • 西さん(ベテラン特機部):梶原善
  • 野島(操演担当) - 阿南健治
  • なべさん(弾着の名人) - 榎木兵衛
  • 市長 - 梅野泰靖
  • 警察署長 - 小野武彦


「死ぬのは怖くない、怖いのは誇りを失ったまま生き続けることだ」
これは、主人公・村田大樹が小学生の頃観た映画のクライマックス・シーンでの台詞。村田は父親に初めて連れて行ってもらった映画でこの台詞を口にする俳優に惚れ込み役者を志したのだ。とはいえ、役者の道は甘くはなく、いまだに下積みだ。しかし、村田はいつかは子供の頃観たようなギャング映画で主役を張りたいと希望を捨てていない。スタントやエキストラの仕事ぐらいしかもらえなくとも、誇りを捨ててはいない。

表題の「マジックアワー」とは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」のこと。主人公村田大樹はだまされて殺し屋「デラ富樫」を演ずるが、本当は映画撮影でないこの瞬間に皮肉にも最高の演技を見せる。この瞬間が彼にとっての「マジックアワー」であり、もっとも美しく輝く瞬間であったことが切なく胸に迫る。

映画 「ザ・マジックアワー」 予告 Movie trailer