ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『超・居酒屋入門』(太田和彦:著/新潮文庫)を読む −その1−


太田和彦氏の『超・居酒屋入門』(新潮文庫)を読んでいます。

超・居酒屋入門 (新潮文庫)

超・居酒屋入門 (新潮文庫)

なるほどと腑に落ちること、我が意を得たりと膝を打つこと、居酒屋に関する氏の思いが溢れています。


氏、曰わく

男たるもの、一人で居酒屋に入れるようにならなければいけない。家から平然と「ちょっと酒飲んでくる」と出て行けなければいけない。そして居酒屋といえども、身ぎれいに、紳士の矜持を持って振る舞えなければいけない。

男はたとえ一人で服を買いに行けなくても、たとえ一人でうまくネクタイが結べなくても、一人で居酒屋に入れなければならない。居酒屋のカウンター席に座って、迷うことなくピシッと酒と肴を注文出来なければならない。カウンター席に腰掛け、手酌で酒をやりながら文庫本を読んでいる白髪の紳士。そんな人に私はなりたい。

♪本日の一曲♪

1976年の大ヒット

Eric Carmen − All By Myself

All By Myself 一人で・・・