ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『チルドレン / 伊坂幸太郎(著)』 (講談社文庫)を読む

組合は何にだってあるもんだよ。

組合を撲滅するための団体にも、

組合はあるね。   <陣内語録>

チルドレン (講談社文庫)

チルドレン (講談社文庫)

『チルドレン / 伊坂幸太郎(著)』 (講談社文庫)を読みました。

伊坂幸太郎氏の小説を読むのは初めてです。以前から気になっていたのですが、これまで読まずに来ました。読めば気に入る予感はありました。またお気に入りの作家が出来ると積読本が増えてしまいます。そんなヘンな理由で読むのをためらっていました。

しかし、ついに読んでしまった。ヤバイ。やっぱりなー、気に入ってしまいました。


背表紙の紹介文を引きます。

「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。


ミステリ仕立ての短編が5編収められています。それぞれに独立した物語ですが、登場人物が共通しており、5編をまとめて長編としても読めます。良くできています。なんといっても登場人物が個性的かつ魅力的。災禍を呼ぶ男、陣内。彼を囲む友人、鴨居、永瀬、優子、武藤。みんな陣内の引き起こす災厄に見舞われながらも、何故か彼のことを憎めない。あまりの傍若無人ぶりに呆れながらも、何故か彼のことが気にかかる。そんなゆるーい友人関係がとても良い。