ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『御鑓拝借 - 酔いどれ小籐次留書 / 佐伯泰英(著)』 (幻冬舎文庫)を読む

情にもろく、剣に強い
小藤次は理想の剣客です     (佐伯泰英

御鑓拝借―酔いどれ小籐次留書 (幻冬舎文庫)

御鑓拝借―酔いどれ小籐次留書 (幻冬舎文庫)

『御鑓拝借』(おやりはいしゃく) を読み終えました。


背表紙の紹介文を引きます。

豊後森藩下屋敷の厩番・赤目小籐次は、大酒会で一斗五升の酒をあおって藩主・久留島通嘉の参勤下番の見送りを欠き、奉公を解かれる。だが、そこには小籐次のある目論見があった。江戸城中で他藩主から辱めを受けたことを通嘉から聞かされ、脱藩して意趣返しをする決意を固めていたのである。大名行列の襲撃―。小籐次の孤独な闘いが始まった。

痛快です。一晩であおった酒は一斗五升。忠義を尽くす主(あるじ)はただ一人。思いを寄せる女性(ひと)もただ一人。三両一人扶持徒士とはいえ武家の意地。主君が受けた辱めは命を賭しても雪ぐ。人は見目より心。赤目小藤次はおとこで御座る。


とうとう読んでしまいました。酔いどれ小藤次シリーズ第一弾。続編を読まずにはいられません。他にも積読本の山があるのに・・・どうしよう・・・・(^^;)