ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

夢見る黄金地球儀

「ヘイ、平介、お前、一億円欲しくない?」

だしぬけにガラスのジョーが尋ねた。

『夢見る黄金地球儀』(海堂尊/著・創元推理文庫)を読みました。

夢見る黄金地球儀 (創元推理文庫)

夢見る黄金地球儀 (創元推理文庫)

裏表紙の紹介文を引きます。

首都圏の端っこに位置する桜宮市に突如舞い込んだ一億円。その名も「ふるさと創生基金」。だがその金は黄金をはめ込んだ地球儀に姿を変え、今では寂れた水族館にひっそり置かれているだけとなった―はずだった。が、ある日を境にトラブル招聘体質の男・平沼平介の日常を一変させる厄介の種へと変貌する。八年ぶりに現れた悪友が言い放つ。「久しぶり。ところでお前、一億円欲しくない?」かくして黄金地球儀奪取作戦が始動する。二転三転四転する計画、知らぬ間に迫りくる危機。平介は相次ぐ難局を乗り越え、黄金を手にすることができるのか。『チーム・バチスタの栄光』の俊英が放つ、抱腹絶倒のジェットコースター・ノベル。

抱腹絶倒はちょっと言い過ぎですが、面白い小説です。カラッと楽しめる痛快なコンゲーム小説。

この小説は「チーム・バチスタ」の流れを汲む医療ものではない。

しかし、桜宮市を舞台としており、登場人物も一部ダブっているあたり、海堂氏らしいファンサービスだ。

登場人物が魅力的なところは、これまでの作品に引けを取らない。さすがである。

ただ一つ不満なのは「アイという最後の謎」が解けていないところ。

これが気になって、今夜は眠れないのだ。