ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『覇王のギヤマン -  秘闘秘録 新三郎&魁 』(中谷航太郎・著/新潮文庫)

『覇王のギヤマン -  秘闘秘録 新三郎&魁 』(中谷航太郎・著/新潮文庫)を読みました。

まずは出版社の紹介文を引きます。

 将軍吉宗vs新三郎&魁vs謎の暗殺集団!!! 信長、秀吉を惑わせた、失われた幕府の秘宝を巡って大激闘の幕が上がる。書下ろしノンストップ時代活劇、第四弾!

 

忍者軍団土蜘蛛の隠れ里から生還し、将軍吉宗暗殺を阻止、忍者残党を根絶やしにした新三郎と魁。江戸に辿り着いた二人は、宇流那一族と合流する。しかし、その時、彼らを見つめる複数の視線があった……。一方、江戸では幕府の失われた秘宝を巡り、盗賊団が暗躍していた。それは信長、秀吉をも惑わせた神器だという。やがて陰謀は吉宗を狙う巨大な渦となり、新三郎と魁を巻き込んでいった。

 

 

覇王のギヤマン: 秘闘秘録 新三郎&魁 (新潮文庫)

覇王のギヤマン: 秘闘秘録 新三郎&魁 (新潮文庫)

 

  ルイス・ソテロから信長、光秀、秀吉、家康と渡っていったという「覇王のギヤマン」。それを巡る死闘には迫力があり、時の将軍・吉宗をも巻き込んだ物語の展開はおもしろい。しかし、それらすべてが神がかりなものにあやつられているかのごとき書きぶりはどうなのだろう。新三郎と魁の活躍を期待し、ヒーローとする読者にとっては、この展開にそこはかとない不満を抱くものである。とはいえ、続きが気になるので続編『アテルイの遺刀』を読むことにする。