ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『妙な話』(芥川龍之介 1921年 「新潮文庫・日本文学100年の名作・第一巻 1914-1923 夢見る部屋」より)

新潮文庫・日本文学100年の名作・第一巻 1914-1923 夢見る部屋」に収録された『妙な話』を読みました。

 

 

意表のラスト。それはともかく赤帽の不条理をどう解釈すべきか。ただ「不思議な話があったものだ」と思えばそれまでなのだが、なにか私が理解していない裏があるのかどうか。この不条理についての種明かしがないのでよくわからない。何度読んでもわからない。どうやら私には名作を理解する力がないようだ。なぜなら、私にはとてもこの短編が名作だと思えないのだから。