ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『二銭銅貨』(江戸川乱歩 1923年 「新潮文庫・日本文学100年の名作・第一巻 1914-1923 夢見る部屋」より)

新潮文庫・日本文学100年の名作・第一巻 1914-1923 夢見る部屋」に収録された『二銭銅貨』を読みました。

 

 

江戸川乱歩の処女作。松本清張をして書き出しのすばらしさを絶賛させた『二銭銅貨』であります。日本におけるミステリのはしりとなるものだけにケチを付けるところがないこともない。しかしそんなことでこの小説の値打ちが損なわれることはない。暗号の妙、どんでん返しと、ただただ素直にミステリを楽しめばよい。素晴らしい。