ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『遺恨の譜 勘定吟味役異聞(七)』(上田秀人・著/光文社文庫)

『遺恨の譜 勘定吟味役異聞(七)』(上田秀人・著/光文社文庫)を読みました。

まずは出版社の紹介文を引きます。

 将軍家宣の寵臣だった間部詮房と新井白石が謀議?情報を得た豪商紀伊国屋文左衛門が、米相場の暴落を策す。水城聡四郎と家士の大宮玄馬は、白石の命で探索中、忍や僧侶たちに襲撃される。豪商が放つ暗殺集団か?死期の迫った柳沢吉保の最後の野望に肩入れする紀伊国屋が、大奥に送り込んだ刺客とは!?次期八代将軍を巡る暗闘に、聡四郎主従の剣が閃く。

 

 

遺恨の譜―勘定吟味役異聞〈7〉 (光文社時代小説文庫)

遺恨の譜―勘定吟味役異聞〈7〉 (光文社時代小説文庫)

 

 

ほんとうに聡四郎と結婚を約した紅が徳川吉宗の猶子となった。吉宗に裏の策略があるのか、あるいは純粋に聡四郎に対する好意からなのかが疑問。二人がいつ、どのようなかたちで結ばれるのかが気になったが、そこはおあずけ。そりゃそうでしょう。このシリーズは剣豪小説であって恋愛小説ではないのですから。それにしても、聡四郎に向けられる刺客の多いこと。そりゃ結婚どころではないわな。