ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『小袖の陰 御広敷用人 大奥記録(三)』(上田秀人・著/光文社時代小説文庫)

『小袖の陰 御広敷用人 大奥記録(三)』(上田秀人・著/光文社時代小説文庫)を読みました。

まずは出版社の紹介文を引きます。

 将軍・吉宗による登用で御広敷用人となった水城聡四郎。しかし、具体的な担当はなく無任所のままだった。そこへ吉宗から直々の命が下り、竹姫付きとなる。竹姫には京都から新たなお付きの女中がくるが、その女中が大奥の火種となる―。一方、伊賀者を敵に回した聡四郎を新たな刺客がつけ狙う。聡四郎に最大の危機が。

 

小袖の陰―御広敷用人大奥記録〈3〉 (光文社時代小説文庫)

小袖の陰―御広敷用人大奥記録〈3〉 (光文社時代小説文庫)

 

 

聡四郎と玄馬を狙って新たな刺客が・・・、といってももう慣れっこになってハラハラドキドキはしない。といって飽きさせないのは上田秀人氏の名人技といえる。大奥と伊賀者という二つの闇。放縦に振る舞う吉宗は果たしてこの二つの闇をどう扱うのか。興味深まり第四巻に続く。