ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『血の扇 御広敷用人 大奥記録(五)』(上田秀人・著/光文社時代小説文庫)

『血の扇 御広敷用人 大奥記録(五)』(上田秀人・著/光文社時代小説文庫)を読みました。

まずは出版社の紹介文を引きます。

吉宗の寵愛を受ける竹姫は、武運長久を祈願するため深川八幡宮に詣でることとなった。竹姫付きの御広敷用人・水城聡四郎は、大奥の不穏な動きを事前に察知し、警固にあたる。聡四郎の不安は的中し、竹姫の駕篭は刺客に襲われる。そして、聡四郎の妻・紅、家士の大宮玄馬にも危機が迫る!竹姫は無事に江戸城に戻れるのか―。超人気シリーズ、手に汗握る第五弾。 

 

血の扇: 御広敷用人 大奥記録(五) (光文社時代小説文庫)

血の扇: 御広敷用人 大奥記録(五) (光文社時代小説文庫)

 

 

いよいよ御広敷伊賀者が竹姫と吉宗に牙をむいた。というより深みにはまり追い詰められたというべきか。邪な者どもを正義の剣が断つ。憎らしさが溜まりにたまったところで一気に悪を蹴散らす様は本当に気持ちの良いものです。これぞ剣豪小説のカタルシス。大宮玄馬が手加減して命を取らなかった伊賀者・袖に心の変化の兆しが・・・。玄馬と袖に何らかの展開がありそう。紅のお腹にも聡四郎の子が宿った由、次巻の展開が気になる。読み出したら止まらん。