ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『天才』(石原慎太郎・著/幻冬舎)

『天才』(石原慎太郎・著/幻冬舎)を読みました。

まずは出版社の紹介文を引きます。

高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど、激動の戦後政治を牽引した田中角栄
その経歴から総理就任時には「庶民宰相」「今太閤」と国民に持てはやされ、戦後では最高の内閣支持率を得たが、常識を超える金権体質を糾弾され、総理を辞任。その後、ロッキード事件で受託収賄罪に問われて有罪判決を受けるも、100名以上の国会議員が所属する派閥を率い、大平・鈴木・中曽根内閣の誕生に影響力を行使。長らく「闇将軍」「キングメーカー」として政界に君臨した。
そんな希代の政治家・田中角栄といえば、類まれな権謀術数と人心掌握術に注目が集まるが、実はスケールが大きいわりに人一倍デリケートな一面があった。浪花節と映画をこよなく愛する、家族思いの人情家だったという。
強烈な個性をもったリーダーが不在の今、自らも政治家として田中角栄と相まみえた著者が、毀誉褒貶半ばするその真の姿を「田中角栄」のモノローグで描く意欲作。

数字に強い、駆け引きが上手い、義理人情を欠かさない。
それが高等小学校出の男が伸し上がる武器だった――。

 

天才

天才

 

 

真実とは何か? 歴史上のおいて真実とは覇者の言い分である。では正義とは何か? それを問うたとして、それぞれの国ごと、それぞれの党派ごと、それぞれの個人ごとに正義はある。つまりアメリカにもロシアにも中国にも日本にもそれぞれ違った正義があり、田中にも、福田にも、中曽根にも、三木にも、竹下にもそれぞれの正義があると云うことだ。アメリカに危険な男と見なされてつぶされた天才。彼に刑事被告人として有罪を宣告されるだけの非行が本当にあったのかどうか、真実は定かでない。断片的な事実をつなぎ合わせたものを真実と呼ぶならば、真実など幾通りもある。見え方が180°違った真実もありうるだろう。いわんや「正義」においてをやである。本書を読んで確かなことは、我々は一つの見方だけ(それも他人から与えられた見方)で物事を判断してはいけないと云うこと。マスコミの云う「真実」や「正義」など戯言に過ぎないと云うことだろう。