読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『超高速!参勤交代 リターンズ』(土橋章宏・著/講談社文庫)

超高速!参勤交代 リターンズ』(土橋章宏・著/講談社文庫)を読みました。

まずは出版社の紹介文を引きます。

「5日で参勤」の難題をやりきり、命じた老中の顔を潰した湯長谷藩の面面はのんびり帰路につくはずだった。そこへ老中が国許へ2日で戻り、さらに江戸城天守閣再建の沙汰を下す。絶体絶命の窮地に陥った藩主らは智恵を絞る。巨悪と対峙する痛快時代エンターテインメント。 

  

超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)
 

 

前作に負けず劣らずの愉快痛快大活劇です。 この手の読み物に多いわかりきったパターンの展開ではある。つまり邪な者が権力を笠に着て真っ当に生きている弱者をいたぶる。この世には神も仏も正義もないのかと読者を散々嘆かせながら、知恵と勇気で最後に正義が勝つ。という良くあるパターンである。しかし、そうでありながら読み手を決して退屈させず最後に拍手喝采を送らせる手腕はすばらしい。土橋章宏氏、超売れっ子作家への道を超高速邁進中であります。