ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『総理の夫 FIRST GENTLEMAN』(原田マハ・著/実業之日本社文庫)

『総理の夫 FIRST GENTLEMAN』(原田マハ・著/実業之日本社文庫)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

20××年、相馬凛子(そうま・りんこ)は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。鳥類学者の夫・日和(ひより)は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。税制、原発社会福祉。混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ……。凛子の理想は実現するのか!? 痛快&感動の政界エンターテインメント!

 

「凛子のようにしなやかでピュアな女性政治家が、世界を変えることができるのかもしれません」(安倍昭恵氏、解説より) 

 

 

 

 エンタテインメント小説として、そのまま楽しめた。正直なところ、原田マハ氏の政治に関する見方には異論反論が山ほどある。一見良さそうな政策も短絡的でいただけない。たとえば消費税増税は良しとして、複数税率はいかがなものか。脱原発政策にも疑問が残る。何よりも違和感があるのは、主人公・相馬凛子の政策の基本線が「徹底して社会的弱者や一般市民の目線に立ったもの」というところ。「社会的弱者や一般市民あるいは小企業」を弱い側(守るべき存在)として、財界や大企業を強い側(より社会的負担を強化して当然の存在)としてとらえている。短絡的に過ぎます。世の中をそのように弱者と強者といったステロタイプでとらえ、それを前提に考えた政策など決して役に立たないだろう。原田さん浅過ぎはしませんか。

 と、偉そうに文句を云いましたが、物語は一気読み必至の面白さ。満足でした。