ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『幻影の天守閣』(上田秀人・著/光文社文庫)

『幻影の天守閣』(上田秀人・著/光文社文庫)を読みました。

友人Iさんからの推奨。たくさん上田秀人氏の本を借りました。ありがとうございます。

まずは出版社の紹介文を引きます。

  江戸城天守番・工藤小賢太は、城内に潜入した曲者を撃退した。明暦の大火で天守閣がない場所を誰が何の為に狙うのか? 工藤に探索の命が下る。その最中、今度は将軍家綱の子を孕む側室が襲われるが、またもや工藤の剣が窮地を救う。死の床につく家綱。彼は否応なく世継ぎを巡る抗争に巻き込まれていった。――期待の俊英が文庫で書き下ろす、長編時代傑作!

 

幻影の天守閣 新装版 (光文社時代小説文庫)

幻影の天守閣 新装版 (光文社時代小説文庫)

 

 

初めての上田秀人氏です。やはり剣豪小説は面白い。無類の強さを持つ主人公が多勢の敵に取り囲まれても臆すること無く立ち向かう様に、斯くありたいと願い気分が高揚するのは男の性分だろう。さらに本書は単に剣豪ものとして面白いだけでなく、天守閣の無い江戸城に、ある興味深い歴史上の仮説をすべり込ませることで、読者をあっと驚かせることに成功している。よくできた小説です。心にとめておきたいのは主人公・工藤小賢太に無住真剣流の剣を仕込んだ師匠・小田切一雲の「刀は抜くな。だが、抜かねばならぬときはためらうな。そして、刀を抜いた以上迷うな」という言葉。男として生きていく上で持つべき心構えだろう。