佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

チキン手羽元のカレー

2020/09/17 本日の厨房男子。 チキン手羽元のカレーを作りました。 酒はバーボン”Maker's Mark"のソーダー割り。

手作り惣菜で「梵 日本の翼」をやる

2020/09/16 本日の厨房男子。 手作り惣菜を三種。 酒はキビナゴの南蛮漬けに合わせては屋久島の焼酎「三岳」。 そして「梵 日本の翼 純米大吟醸」。 政府専用機の機内酒にして、国賓にもたびたび饗された酒。 私めにはもったいない酒ですが、仕事を引退した…

キビナゴ

今が旬というわけではないのですが、活きの良いキビナゴが安く売っていたので買ってきました。 唐揚げにして酒の肴に、そして南蛮漬けにして翌日の酒の肴に。要するに酒をやるための料理でありんす。 【9月15日】 唐揚げと南蛮漬けに調理。 唐揚げを肴に「奥…

手製の松前漬け

2020/08/22 本日の厨房男子。 先月の北海道旅行の際、積丹で買って来た納豆昆布(がごめ昆布入)と積丹珍味とろろするめを使って松前漬けを作りました。 作ったと言っても人参を細切りしてさっと湯通ししただけ。あとはつけ汁を調合。つけ汁の割合は「しょう…

フレッシュバジル、ズッキーニ、明日葉、オクラ、トマト、キュウリをいただきました

2020/08/01 本日の厨房男子。 ご近所さんから摘み立てのバジルをいただきました。 ちょうど、刺身用の鯛があったので、昼飯に「鯛とバジルのパスタ・トマトソース風味」を作りました。 夕食は「精進揚げ」と「サラダチキンとトマトのチーズ焼き・ジェノベー…

久しぶりの「金呑会」

2020/07/27 久しぶりの「金呑会」である。「金呑会」とはなんぞや。「どうしても吞みたい金賞受賞酒を呑もう会」であります。 高砂の名店「忠助」に酒呑みが集った。忠助は高砂界隈の酒呑みの聖地である。酒は次の6種。肴は忠助の大将におまかせ。もうなに…

ニッカウヰスキー「フロム ザ バレル」をやる

2020/07/26 今夜は余市蒸留所で買って来た「フロム ザ バレル」をやりました。品薄なんですよね。最近、酒屋においてあるのを見ることがなくなった気がします。 肴にポテサラと酢豚を作りました。 「フロム ザ バレル」はやはりストレートで。度数51%と高め…

「三岳」をロックでやりながら、レンズ豆のカレーと肉じゃがを作る

2020/07/05 本日の厨房男子。 「三岳」をロックでやりながら、レンズ豆のカレーと肉じゃがを作りました。 カレーは半日おいて夜に食べます。 酒のアテはキュウリの麹漬け。 関西では肉じゃがは牛肉で作るのが普通ですが、私の場合は豚肉です。 ジャガイモは…

「志みず」で家島の魚介に舌鼓を打ち、地酒に酔いしれる

2020/07/04 かつての職場の仲間との昼食会を家島の割烹旅館「志みず」で開いた。永年いっしょに仕事をしてきた気心の知れた仲間である。「志みず」には数年前に同じメンバーで来たことがある。なかなか予約が取れない店である。新型コロナの影響を訊くと、大…

旬の会 @忠助

2020/07/02 毎月第一木曜日は「旬の会」の開催日。出席は久しぶりです。新型コロナ渦中では開催が難しかったし、仮に開催できたとしても会社勤めをしていれば出席を躊躇うことにもなる。しかし先月会社を辞めたので、緊急事態宣言さえ解除されればもう躊躇う…

「うな信」の鰻

2020/06/27 12:30 暑くなってきました。 土用が近づいてくると世間は鰻、うなぎ、ウナギとかまびすしい。 私は皆とおなじことをするのが嫌いなたちなので、すこし時季を外して鰻を食べる。 贔屓にしている飾磨の「うな信」で買って来ました。 つれ合いが丼の…

チキンライスがうまいオムライス

2020/06/20 13:00 本日の厨房男子。 チキンライスをキチンと作ってオムライス。 見れば分かる。 不味いはずがないでしょう。 酒は蒼。

淡竹とシーチキンの炊き込み御飯

2020/06/13 12:30 昼メシに「淡竹とシーチキンの炊き込み御飯」をつくりました。 もう一品は「豚カルビと淡竹の炒め物」。 酒は『聚楽第 純米吟醸』。京都は佐々木酒造の酒。口に残るほろ苦さが料理に合う。 ちなみに5月31日、6月2日も淡竹を使った炊き込み…

淡竹と貝柱とエンドウ豆の炊き込み御飯

2020/06/02 本日の厨房男子。 夕餉に淡竹と貝柱とエンドウ豆の炊き込み御飯を作りました。 スープは空豆のポタージュ。 酒は「米鶴 純米生酒」。 やわらかでふくらみのある味わい。フルーティーな香りが鼻腔をくすぐる。 空豆のスープ 自家製ピクルス、らっ…

淡竹を肴に「嘉美心 純米吟醸生」をやる

2020/05/31 本日の厨房男子。 親戚から淡竹をいただきました。 毎年、この時季に届けてくれます。 ありがたいことです。 下ゆでして、ちくわと一緒に炒め炊きしました。 穫れたてだけにあれこれいじらず、さっと調理する方がうまい。 ほんとうの贅沢ってのは…

今日も昼呑み_雷こんにゃくをアテに「平蔵」をやる

2020/05/30 昨夜は痛飲した。 今日はやめておけばいいものを、 懲りずにというか、やはり昼呑み。 宮崎県は櫻乃峰酒造の芋焼酎「黒麹甕壷仕込 平蔵」をやりました。 アテは雷こんにゃく。 大ぶりのさいの目に切った蒟蒻を茹でて、水気を切る。 中華鍋を熱し…

アジの南蛮漬けを仕込み、芋焼酎「一刻者」をやる

2020/05/08 本日の厨房男子。 地物の安い小アジが手に入りましたので、土曜、日曜の酒の肴にとアジの南蛮漬けを作りおきました。 晩酌は「一刻者」をロックで。 肴に「鰆の子煮」「ポテトサラダ」「ニラ入り玉子焼き」を作りました。ポテトサラダには塩水だ…

オンライン飲み会

2020/05/06 18:30からオンライン飲み会を開催するので参加する。趣旨は地元応援活性化なので、酒は地元兵庫県の蔵のものを用意するようにとのお達しがあり、家の近所の酒蔵(壺坂酒造)から酒を仕入れました。メンバーは市井の呑助。平たく言えば、なんだか…

メバルと筍の煮こごりを肴に「秋鹿 純米酒 ひや」をやる

2020/05/05 メバルの煮付けの煮汁に筍を入れ、筍に味をなじませて煮こごりを作りました。 冷蔵庫にしまって忘れていましたが、今日、それを肴に「秋鹿 純米酒 ひや」をやりました。 今日は27°にま気温が上がっている。どちらも冷たくておいしい。

今日の晩酌

夕方早めに手作りの肴で晩酌を始めました。 4日前に仕込んでいた漬物各種が中心です。 蛸ときゅうりの酢の物と〆御飯はつれ合い作。他は私が作りました。 肴のメニュー。 蛸ときゅうりの酢の物 酢蛸(大皿の真ん中) きゅうりのピクルス(大皿1時) 大根の…

SOLARIS 信州リースリング 辛口 2018

本日の一献は『SOLARIS 信州リースリング 辛口 2018』。甘い香り。芳醇な味わいながらキリッとしたキレのある白ワイン。 昼餉にいただきましたが、まことにおいしゅうございます。 アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノを作りました。ニンニク、オリーブ…

紗利 燗左紫(かんざし)純米酒

本日の一献は「紗利 燗左紫(かんざし)純米酒 」。 ぬる燗にしました。 肴は手作りのものを三種。島らっきょうと山椒の葉の味噌和え、新生姜の酢漬け、蕗の煮染め。 酒は香りが強すぎることなく、口の中をすっいり洗い流してくれる。いろいろな味を楽しむの…

家島メバルの煮付け

2020/04/30 中学校の恩師からメバルを釣ってきたからとりに来いと連絡あり。先生は濃厚接触を避けるべく海に出かける作戦にでたらしい。早速、いただいてきました。私、昔から先生の仰ることを良くきく優等生でした。 煮付けにしておいしくいただきました。…

筍ごはん

2020/04/26 この時季、旬の味はなんといっても筍。 近くの竹藪に行き掘って来ました。 料理屋では地面に頭を出す前の小さなものを使うようですが、ウチのような田舎では地面から頭を出した大きなものを掘ります。 見た目でおおかたの柔らかさが判りますので…

れんと

2020/04/25 本日の一献。 夕刻から早めの酒。 ステイホーム週間ゆえ、当然家飲みです。 黒糖、つまりはサトウキビを原材料とする酒という意味ではラム酒といっても良いかもしれません。ミントとライム、砂糖があればモヒートが作れそうです。 麹を使って発酵…

玉川 特別本醸造 人喰い岩

2020/04/24 本日の一献は「玉川 特別本醸造 人喰い岩」です。 「玉川」といえば久美浜の木下酒造の酒。普段は山廃純米を買うのだが、たまには特別本醸造も飲んでみたい。キリッと辛口でした。ほんのり甘い香り、すっと入ってきて後からじわっと味が追いかけ…

喜界島黒糖焼酎「朝日」をやる

2020/04/21 新型コロナウイルスに注意、密を避けるということで時差出勤なるものをやってみようと、早朝に出勤し、夕刻前に退勤。そうすると家に帰ってもまだ西日が明るい。明るいあいだに酒を飲み始めるのも一興。 本日の一献は喜界島の東の端にある酒蔵「…

春のちらし寿司

本日の厨房男子。 新型コロナ引きこもりごはん。 夕餉にちらし寿司とアサリの汁を作りました。 ちらし寿司なんて、酢飯に具を混ぜるだけです。だからといって即席とは言い難い。混ぜる前の下ごしらえがすべてといえるでしょう。 準備した具材は上の右から、…

茗荷・新生姜・木の芽のお稲荷さん

本日の厨房男子。 昼餉にお稲荷さんを作りました。 季節のもの、茗荷と新生姜の酢漬け、木の芽を刻んで酢飯に混ぜて香り高く。 揚げは大きなものをジューシーに。 子どもの頃、おばあちゃんが作ってくれた大ぶりのおいなりさんをイメージしつつ、酢飯は酒呑…

チヂミ

2020/04/11 本日の厨房男子。 夕餉はチヂミを作りました。 喜界島の黒糖焼酎「朝日」をロックでやりながらの調理です。 ひとつは分葱と人参のチヂミ。 もう一つは茗荷と新生姜の酢漬けチヂミ。 焼酎は湯割に変更。 アルコール度数30度だけに、何杯も飲むとけ…