佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『希望荘』(宮部みゆき:著/文春文庫)

2021/10/16

『希望荘』(宮部みゆき:著/文春文庫)を読んだ。

 まずは出版社の紹介文を引く。

 今多コンツェルン会長の娘である妻と離婚した杉村三郎は、愛娘とも別れ、仕事も失い、東京都北区に私立探偵事務所を開設する。ある日、亡き父が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調べてほしいという依頼が舞い込む。依頼人によれば、父親は妻の不倫による離婚後、息子との再会までに30年の空白があったという。はたして本当に人殺しはあったのか――。
表題作の「希望荘」をはじめ計4篇を収録。新たなスタートを切った2011年の3.11前後の杉村三郎を描くシリーズ第4弾。

 

 

 

「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身(ドッペルゲンガー)」の四篇からなる短編集。

「砂男」は離婚し、妻の父が創業した今多コンツェルンも退職した杉村三郎が故郷に帰り、そこで出くわした失踪事件の謎を追究する話。その過程で「オフィス蛎殻」という調査会社の経営者から見込まれ、ついには正式に探偵業を始めることになったという、探偵・杉村三郎の成り立ちが描かれている。今多菜穂子と結婚することによって、住む世界ががらりと変わってしまった三郎。市井の人からいきなりハイソサエティーに紛れ込んでしまった戸惑いが随所にみられた三郎であったが、文字どおりホームグラウンドに帰り、本来の自分を取り戻していく中で意外ではあるが適職に行き着いたということだろう。ふつうのサラリーマン生活を送っていても、どういうわけか事件に巻きこまれてしまう三郎にとって、探偵になることは運命だったのかもしれない。

 それにしても「希望荘」に登場する依頼人の父の身の上は三郎にとって辛いものであっただろう。いつの日にか三郎の心の傷は癒えるのだろうか。また菜穂子との復縁、あるいは今多コンツェルンへの復帰はあるのだろうか。宮部氏がどのような構想を描いていらっしゃるのか、筆がどう進んでいくのかまったく不明だが、あれこれ想像して続編を待つ。

 続編『昨日がなければ明日もない』は順番違いで既に読んでいる。さらにその続編を首を長くして待つ。

 

jhon-wells.hatenablog.com

jhon-wells.hatenablog.com

jhon-wells.hatenablog.com

jhon-wells.hatenablog.com

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ:著/文藝春秋社)

2021/10/14

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ:著/文藝春秋社)を読んだ。

 まずは出版社の紹介文を引く。

幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。
その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない〝父〟と暮らす。
血の繋がらない親の間をリレーされながらも、出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。
大絶賛の2019年本屋大賞受賞作。

 

 

 

 幸せってヤツは一生懸命掴もうとしてもするりと手をすり抜ける。懸命に追いかけても、どんどん遠くに去ってしまう。そうしたものだ。けれどいつもまわりの人を思いやり大切にしていれば、いつしか向こうの方からやって来て寄り添ってくれる。この本を読み終えた今、私はそう信じることができる。

 子どもを育てることはけっして厄介ごとではない。「自分より大事なものがあるのは幸せだし、自分のためにはできないことも子どものためならできる」森宮さんのこの言葉は、子どもを愛する数多の親に共通する心の声だろう。この小説には確かな幸せがある。

鰻のペペロンチーノ(バター醤油風味)、里芋の煮っころがし

2021/10/12

 本日の厨房男子。

 昼餉は鰻の蒲焼きを使ったパスタ。一昨日、吹屋で土産に買った「紅てんぐ」を使ってペペロンチーノにした。鰻の蒲焼きのタレにバターを溶かすとすばらしい風味に仕上がった。

 酒は「八海山 純米大吟醸 金剛心」。昨年、永年勤めた会社を退任したときにプレゼントしてもらった酒です。ありがたすぎて、もったいなくて、大切に冷蔵庫に保管熟成させておいたものです。一年三ヶ月経って、封を切りました。

f:id:Jhon_Wells:20211012112631j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211012113010j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211012113049j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211012114629j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211012115511j:plain

 夕餉には里芋の煮っころがしを作った。酒は「伊佐美」をロックで。

f:id:Jhon_Wells:20211012163452j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211012164215j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211012173037j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211012173256j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211012173948j:plain

 食材のうち茗荷は近所のMさんから、里芋はつれ合いの知人Fさんからいただいたもの。まいどありがたいことです。

 

『うなぎ なか勝』でうな重を食す

2021/10/10

 備中高梁サイクリングのあと、息子を福山まで送り、夕食をともにする。沖野上町の『うなぎ なか勝』でうな重を食べた。

 こちらのうなぎは備長炭でじっくり焼き上げてあり、皮はさっくり香ばしく、身はふんわり。ご飯を大盛りにしてもらったが、この飯がまたふっくらうまい。タレの味も絶妙で、いくらでも食べられる。

 酒は生ビール、日本酒「酔心」、芋焼酎ロックと鰻が焼き上がるまでグイグイ飲み進めた。

 芳ばしい焼き上がりの鰻は私の好みにぴったりだった。また訪れたい。

f:id:Jhon_Wells:20211010175715j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211010171010j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211010172100j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211010173628j:plain

goo.gl

 

jhon-wells.hatenadiary.jp

jhon-wells.hatenadiary.jp

 

『とんかつ八千代』の「チャーシューエッグ」をまねてみた

2021/10/08

 本日の厨房男子。

 先日『ふじむら』のレシピで仕込んだ豚角煮をチャーシューに見立てて、『とんかつ八千代』の「チャーシューエッグ」を作ってみた。

 どちらもBSフジの番組『日本一ふつうで美味しい植野食堂 by dancyu』でやっていたもの。

 ごはんは新米で炊いた。ごはんもおかずも最高にうまい。

 

f:id:Jhon_Wells:20211008184337j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211008184731j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211008185326j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211008191146j:plain

 

jhon-wells.hatenablog.com

鶏とかぼちゃのオイスターソース炒め(柚子胡椒風味)、シャキっとピリ辛れんこんのきんぴら

2021/10/07

 本日の厨房男子。

 夕餉に「鶏とかぼちゃのオイスターソース炒め(柚子胡椒風味)」と「シャキっとピリ辛れんこんのきんぴら」を作った。

 かぼちゃもれんこんもスーパーには一年中あるが今が旬でいちばんうまい。

 酒は「マルスウイスキー信州」を飲み切り、続いて「笑龜 純米吟醸」の冷やに移行。

f:id:Jhon_Wells:20211007173228j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211007175447j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211007180528j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211007180814j:plain

 

龍野クラシックゴルフ倶楽部でコンペ

2021/10/07

 高校の恩師からお誘いいただいたゴルフコンペ。

f:id:Jhon_Wells:20211008072351j:plain

f:id:Jhon_Wells:20211007115012j:plain

 前半は調子が出ず、一つもパーがとれないまま終わった。昼食に焼酎を飲んだら肩の力が抜けて後半はそこそこのスコアが出た。特に6番ホールは200ヤード弱のショートホールだが、ワンオンしてニアピン賞もいただいた。しかしそのホールで、バーディーを狙って欲張った結果3パットしてしまいボギーとしたところがご愛嬌。私らしいところだ。

 IN_52 + OUT_45 = 97

 ダブルペリアでHDCP21.60、ネット75.40 という成績。30人の参加者中15位で飛び賞の賞品に果物をいただいた。ラッキー!

f:id:Jhon_Wells:20211008072347j:plain