佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『十字架のカルテ』(知念実希人:著/小学館)

『十字架のカルテ』(知念実希人:著/小学館)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

最注目ミステリー作家が挑む、究極の頭脳戦
正確な鑑定のためにはあらゆる手を尽くす――日本有数の精神鑑定医・影山司の助手に志願した新人医師・弓削凛は、犯罪者の心の闇に対峙していく。究極の頭脳戦の果てに、影山が見据える未来とは。そして凛が精神鑑定を学ばねばならない理由とは……。
第一話「闇を覗く」 歌舞伎町無差別通り魔事件の犯人・白松京介。重度の統合失調症と診断された彼は、本鑑定を受けるため影山たちの病院に移送された。
第二話「母の罪」 横溝美里は生後五ヶ月の娘を抱き、マンションから飛び降りた。重い抑うつ症状が見られた美里は、面談で「悪魔が娘を殺せと脅した」と言う。
第三話「傷の証言」 高校中退後、自宅に引きこもっていた沢井一也は、姉を刺し逮捕された。影山たちが鑑定に赴くが、支離滅裂な発言をし恐慌状態に陥ってしまう。
第四話「時の浸蝕」 傷害致死で起訴された小峰博康には、精神疾患の疑いが。簡易鑑定を行った影山は「罪を逃れるための詐病」と証言したが、第二審で思わぬ反撃にあう。
第五話「闇の貌」 同僚を刺殺した桜庭瑠香子。過去にも殺人事件を起こしていた瑠香子だが、解離性同一性障害、すなわち多重人格と診断され不起訴となっていた。

 

十字架のカルテ

十字架のカルテ

 

 

 

 読み出してすぐ物語に引き込まれます。そしてそのまま「どうなるんだ? どういうことだ?」と私の心を惹きつけたまま第5話まで読ませます。プロローグからエピローグまでひとつの物語としてまとまりを持ちながら一話一話が完結しているのでたいへん読みやすい。このあたりなかなか上手い。主人公が精神鑑定医を志したきっかけでもあり、ずっと抱えてきた屈託についに決着が付き一件落着と思いきやさらにどんでん返しのサプライズ。ううぅ~~上手い! たまりません。食べものに例えるなら、これはもう赤羽の名店「川栄」の『しのび丼』です。ふんわりしていながら香ばしく焼けた極上鰻とタレの染みこんだごはんをわしわしと食べていくと、ごはんの中にまた鰻が入っていたという二度おいしいサプライズ。分かるかな~♬ 分かんねぇだろうな~♬

 今日は市内の病院で大腸検査を受けた。朝からなんとか言うクスリを1リットル、さらにもう1リットルと飲み続け腸内をきれいにする過程が三時間近くあった。病院内の一室で、そしてトイレでひたすら本書を読んだ。文字どおり医療ミステリーを堪能した。内視鏡検査も含め身体は辛かった。辛かったが本書のおかげで至福の時間でもあった。

 検査が決まってから今日まで、癌ではないか、もしそうだったらどうしようと不安な日々を送ってきた。何せ腫瘍マーカーが異常値を示していたのだ、この「腫瘍マーカー」という言葉がいけない。まるでおまえは癌に冒されているぞと宣告されたような気がするではないか。今日の検査で「誠にお気の毒ですが余命半年です」などと宣告されたら残された時間をどうしようか。本は何を読もうか、一度は北海道サイクリング旅をやって死にたいななどと埒も無いことを考えていたのだ。

 検査結果は嫌疑不十分不起訴であった。まずは一安心。すっからかんになった胃腸に、病院内の喫茶店で食べた炒飯410円のうまかったのなんの。さすがに病院内にビールは置いていなかったが、病院からの帰路、迎えに来たつれあいに懇願して車をスーパーマーケットに駐めてもらい買い求めた小樽麦酒ピルスナーを一気にあおった幸福感と言ったらない。あぁ、曇りのち晴れの一日であったことよ。

f:id:Jhon_Wells:20200406134804j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200406161432j:plain

 

醍醐桜を観に春の吉備路を走る

2020/04/04

 うららかな春だというのに、世間は新型コロナウイルスで騒がしい。不要不急の外出を避けよとのお達しもある。家にじっとしていても良いのだが、要は他人との接触を避ければ良いのだろう。その意味でサイクリングは絶好のレクリエーションだ。もちろん、飲食店その他の店に立ち寄ったり、観光地で人と話したりしては意味が無い。飲み物と弁当を持って、つれ合いと二人だけで花見サイクリングをしようと決めて出かけた。いわば鄙を楽しむ黙々サイクリングである。

 往路復路は鉄道を利用せず車で輪行した。落合総合公園に車を駐め、そこからは自転車。目指す醍醐桜まで片道約20㎞の道のりである。落合から関までは備中川沿いに平坦な道、関からは坂を登る。高低差は400mほどある。

 この春を待ってましたとばかりにさえずる鶯などの小鳥、川に悠々と浮かぶヒドリガモ、路に咲く草花、そしてもちろん見事に咲き誇る桜に眼を楽しませながらゆっくりと吉備路を走る。おだやかで美しい日本の鄙がある。

 醍醐桜を観るまでの道のりで、塩滝、カタクリの群生、ゴミのモニュメント「真庭のシシ」も観ることができた。「真庭のシシ」は瀬戸内国際芸術祭2019にあわせ、JR宇野駅前の宇野港シーサイドパークに展示されたものだ。4月中旬まで旧別所小学校の前に展示してある。ラッキーであった。

 目的の醍醐桜まではけっこう急な坂を登る。車が対向して行き違いが難しいほどの狭い路である。後ろからどけどけとばかりに追い抜いていく車にバカヤロメ光線を浴びせながら必死にペダルを踏む。しかし、坂はますます急になっていく。とうとう自転車を降りて押して上がった。それにしても、お年寄りや障がいのある方はともかく、若い者が狭い路を車で上がるのはどうなのだ。地元の人はこの時季、大渋滞に迷惑しているにちがいあるまい。途中、歩いて登っていらっしゃる70歳前後のお年寄りグループと挨拶を交わしたが、矍鑠とした足取りで笑顔が輝いていた。この国は年寄りのほうが元気だ。案の定、醍醐桜が近づいてくると、車は大渋滞でほとんど動かない。だから、下の第一駐車場から歩けばよかったのだ。我々は人混みから離れて桜を見物し、写真を撮った。日差しがやわらかくあたたかいので、見晴らしの良いところに腰掛け、弁当を食べた。弁当と言っても、若生昆布のおにぎりと玉子焼きだけのシンプルなものである。しかし、若生昆布の塩気と旨味たっぷりのおにぎりの味は絶品である。太宰が愛したというだけある。醍醐桜は千年の時を経ているそうだ。隣に二代目が植えてあるが、まだまだ風格がちがう。青空をバックに堂々たる雄姿は、それほど近づかなくても充分楽しめる。千年生き抜いた桜に比べ、その下で必死にスマホで写真を撮っている人間のなんと眇たることか。車でここまで乗り付け、かかとの高い靴でよたよた歩いている若者よ、杖も持たずリュックを背負い背筋を伸ばして歩いていらっしゃるお年寄りを見習いなさい。かく言う私も偉そうなことは言えない。酒の飲み過ぎで腹は出ているし、始終キーボードに向かっているので猫背である。少しは反省して、正しい年寄りを目指すのだ。

f:id:Jhon_Wells:20200404082350j:plain

真庭市鹿田、備中川沿いの桜

f:id:Jhon_Wells:20200404082447j:plain

ヒドリガモ:備中川にて

f:id:Jhon_Wells:20200404083149j:plain

ヒドリガモ:綺麗な色はオス、地味な茶色はメス

 

f:id:Jhon_Wells:20200404090230j:plain

紅白の梅

f:id:Jhon_Wells:20200404092641j:plain

紅梅に桜

f:id:Jhon_Wells:20200404094139j:plain

塩滝

f:id:Jhon_Wells:20200404100456j:plain

カタクリの群生

f:id:Jhon_Wells:20200404100523j:plain

カタクリの花

f:id:Jhon_Wells:20200404101108j:plain

カタクリの花

f:id:Jhon_Wells:20200404100726j:plain

カタクリの花

f:id:Jhon_Wells:20200404100641j:plain

ニリンソウ

f:id:Jhon_Wells:20200404100653j:plain

カタクリニリンソウのコラボ

f:id:Jhon_Wells:20200404100922j:plain

蕗の薹と土筆

f:id:Jhon_Wells:20200404100546j:plain

紅姫こぶしとレンギョウ

f:id:Jhon_Wells:20200404101703j:plain

真庭のシシ

f:id:Jhon_Wells:20200404102530j:plain

ネコノメソウ:未だ黄色い花をつけていない

f:id:Jhon_Wells:20200404105104j:plain

醍醐桜:谷を挟んで東側から望む

f:id:Jhon_Wells:20200404105120j:plain

醍醐桜:左が初代、右が二代目

f:id:Jhon_Wells:20200404110920j:plain

醍醐桜:北東から。枝振りがみごと。

f:id:Jhon_Wells:20200404112003j:plain

醍醐桜:北から。

f:id:Jhon_Wells:20200404114024j:plain

醍醐桜:南から

f:id:Jhon_Wells:20200404112150j:plain

弁当:若生昆布(太宰昆布)で巻いたおにぎりとだし巻き卵

f:id:Jhon_Wells:20200404122302j:plain

別所の古民家に咲く花桃と鯉のぼり



『どんぶり委員長(2)』(市川ヒロシ:著/アクションコミックス)

『どんぶり委員長(2)』(市川ヒロシ:著/アクションコミックス)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

 どんぶりの虜になって以降、真面目で高飛車な委員長のどんぶりへの情熱はますます加速し、それに付き合わされる吉田は次々と美味しそうすぎるどんぶりを作っていた。委員長の無茶ぶりに応えたカレーパン丼や、朝からガッツリ食べられちゃう洋朝食丼、暑い夏でもドンドン箸が進む生ハム丼や、秋の味覚に豪快に食らいつくナスステーキ丼などなど…。実際にお家で作れるレシピも収録した、ラブ米満載の新感覚どんぶり限定【学園×メシ】漫画、第2巻!!

 

 

 『どんぶり委員長』第二弾である。紹介された丼ラインナップは次のとおり。

  • 9杯目 疲れをとろうとろっとろの角煮丼
  • 10杯目 オールコンビニ素材の和風チキン南蛮丼
  • 11杯目 文明開化の香りするカレーパン丼
  • 12杯目 夏だぜ生ハム生タマゴ丼
  • 13杯目 モーニング・ザ・洋朝食丼
  • 14杯目 秋ナスはステーキにして委員長だけに食わせろ丼
  • 15杯目 お値打ちマグロのガーリックマグタマ丼
  • 16杯目 サラミトッピングのピザ豆腐丼
  • 書き下ろし 魅惑のポテチバターしょうゆ丼 

 

 作ってみたいと思わせるのは「文明開化の香りするカレーパン丼」「秋ナスはステーキにして委員長だけに食わせろ丼」「お値打ちマグロのガーリックマグタマ丼」ですな。どんぶり鉢にごはんをいれおいしい具を載せればとりあえず丼は完成する。だれでも創意工夫で変わった丼を作ることができる。学歴や資格は要らないし、金もあまり要らない。丼の下に人は皆平等である。それにしてもカレーパン丼などは常識的発想を超えている。これはそのような発想ができるものだけのものだ。すごい。いや全然すごくないけれどすごい。秋ナスの丼はおいしそうだが、秋になった頃には忘れているだろうな。作ることはなさそうだ。

 第二巻になって委員長と吉田の掛け合いがこなれてきた。吉田がほかの女史に親子丼を作ってやったのを見て心中穏やかでない委員長。だんだんラブコメになってきた。

 第三巻(第二巻まではamazon primeで無料だが三巻目からは有料)を読むかどうか。少々迷ったが読まない。ほかに読むべき本が山積みである。とりあえずレシピはここに公開されている。それを見て、気になる丼を作ってみようと思う。

 

http://webaction.jp/webcomic/donburi_iinchou/recipe/index.html

 

とんかつ 朔

2020/04/03

今日の昼メシ。

野里商店街にある「とんかつ 朔」で上ロースとんかつをいただきました。

低温でじっくり揚げたらしいとんかつは美しいピンク色でジューシー。

この厚さ、この揚がり具合、この味なら1,650円は安い。

有名店なら2,000円~3,000円はとるだろう。

岩塩で食べるのが good!

満足しました。

リピート確実。つぎは上ヒレを食べよう。

定食じゃなく、単品にしてサッポロビールを飲むのもイイな。

丼も試してみたいところ。

f:id:Jhon_Wells:20200403114449j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200403114455j:plain

 

 

天津飯風野菜あんかけ丼

本日の厨房男子。

『どんぶり委員長 1』(市川ヒロシ:著)を読んで丼が食いたくなりました。

という訳で朝餉に「天津飯風野菜あんかけ丼」と「もやしと塩昆布のごま油和え」を作りました。

f:id:Jhon_Wells:20200402040710j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200402040720j:plain

 

『どんぶり委員長(1)』(市川ヒロシ:著/アクションコミックス)

『どんぶり委員長(1)』(市川ヒロシ:著/アクションコミックス)を読みました。Kindle版がamazonプライム会員なら無料で読めるのだ。無料で読めるのは全4巻のうち1巻と2巻。3巻目からは料金が必要となっている。そりゃそうだ。amazonだって商売である。そこまで気前よくない。

 出版社の紹介文を引きます。

真面目で高飛車な委員長は、調理実習でクラスの男子・吉田が勝手に作った親子丼を見て衝撃を受けた。男くさくて品のない食べ物と、これまでどんぶりを食べた経験がなかった委員長の頭の中はどんぶりの事でイッパイに…。自分のために親子丼を作らせて食べた委員長は、その日からどんぶりの虜になってしまった!! コロッケ丼やナポリタン丼など、吉田の作る手軽な創作どんぶりに委員長悶絶! どのどんぶりも美味しそうすぎる新感覚【学園×メシ】漫画、第1巻!!

 

 

 

 一巻に登場する丼は以下の9種類。

  1杯目:「即席おんたま乗せ親子丼」
  2杯目:「こってり&さっぱりのコロッケ2食丼」
  3杯目:「パスタを超える絶品ナポリタン丼」
  4杯目:「委員長ファーストインパクスペシャル牛丼」
  5杯目:「ベーコンミルフィーユ丼」
  6杯目:「3色缶詰開栓丼」
  7杯目:「野菜オンリースープあんかけ丼」
  8杯目:「勢いで作ってみたもち丼」
  描き下ろし:「広島風お好み焼き風丼」

 

 参考になったのは「即席おんたま乗せ親子丼」で紹介されたレンジで「おんたま」を作る方法。これは脳にメモりました。作ってみたいのは「パスタを超える絶品ナポリタン丼」「3色缶詰開栓丼」。「野菜オンリースープあんかけ丼」もおいしそうだが、これは要するに中華丼の肉(または海鮮)無しと考えてよいだろう。中華丼はしょっちゅう作っている。明朝の朝餉は冷蔵庫にある野菜を使ってこれにしよう。

 考えてみるにどんぶり鉢の中のごはんと上に載せる具の組合せは創意工夫次第で無限にある。であれば、どんぶり鉢の中は創造の小宇宙といえる。丼を下品な食べものと侮ってはいけない。あれこれ作ってみよう。

 

 

花見&バードウォッチング・チャリ通勤

2020/04/02

いよいよ春本番

例年この時季はチャリで花を楽しみながら通勤します。

天気の良い日の朝夕の運動と目の保養は本当に気持ちが良い。

今年は新型コロナウイルス騒ぎでろくな事がない中で、ひととき浮世の煩わしい事を忘れさせてくれます。

私の家から夢前川沿いに下る道はいたるところに桜並木があり、花見サイクリングには絶好の場所です。横関を過ぎてからは、御立東・インマヌエル姫路キリスト教会前、御立北から姫路環状線に入り東進、梅ヶ谷地蔵尊北平野南の町、西高、小利木町、坊主町、野里門、北勢隠門、好古園へと桜を愛でながら走るコースは私の花見チャリ通ルートだ。

自転車のスピードであれば、桜だけでなく、道ばたの菫のような小さな花にも目がとまる。時には花の蜜目当ての鳥、水辺の鳥の姿を見ることができる。まさに眼福の花見&バードウォッチング・チャリ通勤である。これにスマホからBluetoothで音楽など耳に入れればご機嫌。普通は気の進まない通勤も極上エンターテインメントに変化する。

 

f:id:Jhon_Wells:20200403070703p:plain

【県道23号線鹿谷橋あたり】f:id:Jhon_Wells:20200402061000j:plain

夢前町塩田】

f:id:Jhon_Wells:20200402061650j:plain

夢前町糸田】

f:id:Jhon_Wells:20200402062317j:plain

夢前町宮置・西方寺】

f:id:Jhon_Wells:20200402062700j:plain

夢前町宮置】

f:id:Jhon_Wells:20200402063045j:plain

夢前町玉田】

f:id:Jhon_Wells:20200402064326j:plain

【御立東・インマヌエル姫路キリスト教会あたり】

f:id:Jhon_Wells:20200402064903j:plain

梅ヶ谷地蔵尊

f:id:Jhon_Wells:20200402065634j:plain

北平野南の町

f:id:Jhon_Wells:20200402065813j:plain

【男山の北東】

f:id:Jhon_Wells:20200402070442j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200402070550j:plain

【坊主町】

f:id:Jhon_Wells:20200402070727j:plain

 

f:id:Jhon_Wells:20200402070836j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200402071002j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200402071114j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200402071124j:plain

【野里門跡】

f:id:Jhon_Wells:20200402071248j:plain

【姫山公園】

f:id:Jhon_Wells:20200402071846j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200402071957j:plain

【南勢隠門跡・考古園東】

f:id:Jhon_Wells:20200402072104j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200402072201j:plain

【中ノ門跡】

f:id:Jhon_Wells:20200402072536j:plain

 

ここからは帰り道。

【吉田町】

f:id:Jhon_Wells:20200402172916j:plain

北平野南の町

f:id:Jhon_Wells:20200403123554j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200403123927j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200403124108j:plain

【北平野】

f:id:Jhon_Wells:20200403124641j:plain

【上大野】

f:id:Jhon_Wells:20200403130021j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200403130222j:plain

【御立杉池】

f:id:Jhon_Wells:20200403130944j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200403131252j:plain

夢前町置本】
f:id:Jhon_Wells:20200402181819j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200402181909j:plain

f:id:Jhon_Wells:20200402181937j:plain