佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

日記

和久傳ノ森で「安野光雅追悼展」鑑賞とランチ、そして夜は高砂の名居酒屋『忠助』で名酒おあずけの刑

2021/11/23 今日は月イチの読書会「四金会」でバス旅行。 行き先は和久傳ノ森。日本料理の老舗・和久傳が創業の地・丹後に造った美術館『森の中の家 安野光雅館』を訪れるコースである。 集合場所へは自家用車で行く。途中、呑み友のKさん、Mさんを拾って…

ほぼ皆既の部分月食を愛で、牡蠣と豆腐のうま煮で「玉川 純米」の燗をやる

2021/11/19 本日の厨房男子。 「牡蠣と豆腐のうま煮」を作った。 仕込み途中で18時が近づいてきた。今日はほぼ皆既の部分月食がみられるとか。最も欠けて見えるのが18時過ぎらしい。 17時45分ごろ庭に出てみると見事な月がみえた。今日の月蝕はかけた部分が…

趣味ゆうゆう倶楽部 料理教室

2021/11/12 今日は高校の恩師お二人が参加していらっしゃる「趣味ゆうゆう倶楽部 料理教室」に参加。テーマは”楽しくつくろう”。 今日のメニューは「きのこの混ぜごはん」、「鯖のおろし漬け」、「豆腐、大根、わかめの味噌汁」、「スイートポテト」。 レシ…

旬の会ゴルフコンペ@播州東洋ゴルフ倶楽部

2021/11/08 旬の会ゴルフコンペに参加。場所は播州東洋ゴルフ倶楽部。曇り模様の空であったが、かえって外で過ごしやすく絶好のゴルフ日和であった。 調子はまずまずだったが、14番ロングホールでティーショットをOB、さらに左足下がりのプレイングフォー特…

2021/11/07 毎年、この季節になると我が家の玄関が華やぐ。知人Oさんが菊を届けてくださるのだ。丹精込めて育てた菊を置いて、時季が過ぎれば回収してくださる。もう一〇年以上になるだろう。 Oさんに限らず、隣人知人がウチのことを気にかけてくださって…

龍野クラシックゴルフ倶楽部でコンペ

2021/10/07 高校の恩師からお誘いいただいたゴルフコンペ。 前半は調子が出ず、一つもパーがとれないまま終わった。昼食に焼酎を飲んだら肩の力が抜けて後半はそこそこのスコアが出た。特に6番ホールは200ヤード弱のショートホールだが、ワンオンしてニアピ…

本の会@米ギャラリー大手前

2021/09/16 月イチの本の会@米ギャラリー大手前に参加。この日の推し本は次のとおり。 『面白くて眠れなくなる社会学』(橋爪大三郎:著/PHP研究所) 『不登校は1日3分の働きかけで99%解決する』(森田直樹:著/リーブル出版) 『石原弦詩集 「聲」』(…

蔵元さんと居酒屋さんと酒呑みの禁酒ゴルフ

2021/09/13 今日は蔵元さんと居酒屋さんと酒呑みでゴルフ。もちろん緊急事態宣言下ゆえ禁酒でやりました。 場所は旭国際姫路ゴルフ倶楽部。家から2番目に近いゴルフ場ながら、30年ほど前に一度行ったきりのコースです。ゴルフを始めて間が無かったことも…

びしょ濡れゴルフ

2021/09/08 今日はJRK-OB会ゴルフ。場所は龍野クラシックゴルフ倶楽部。 天気予報は一日中雨。最近の天気予報は正確である。メンバーの中で一番乗りだった私は、受付を済ませたものの「本当にやるの?」と、着替えをせず他の三人の到着を待った。ほどなく全…

雨上がりサウナ地獄ゴルフ

2021/08/23 北神戸ゴルフ場で大学時代の少林寺拳法部仲間とゴルフ。晴れ男なのでスタート時点で雨は上がっていたが、陽が差して気温が上がってくるとサウナのようにもわーっとした熱気。体中の毛穴という毛穴から汗が流れ出た。こんな日は昼メシ時の生ビール…

灼熱地獄忍耐ゴルフその2

2021/08/02 7月28日に続き、姫路市内でお付き合いのあった他社人事労務担当者との懇親ゴルフ。場所は福崎東洋ゴルフ倶楽部。 先日も暑かったが今日もまた暑かった。皆さん、それぞれの会社の役職を退任された身だが、なかなかお元気である。このクソ暑い中、…

灼熱地獄忍耐ゴルフ

2021/07/28 今日はかつての人事労務担当者つながりの仲間とゴルフ。 年寄りは朝早く目覚める。家から1時間もあればゴルフ場に到着するのだが、7時前にはすっかり出発準備が整う。平日でもあり、朝の道路混雑は避けたいのでさっさと家を出た。 ゴルフ場には…

そば打ち会

2021/07/03 今日の昼はご近所さんとそば打ち会。蕎麦粉は地元で穫れたもの。 地ビールと地酒、地野菜、そして但馬の海産物と牛で鉄板焼き。 打った蕎麦は茹でるとブツブツとちぎれてしまった。まだまだ修行が足りません。

さくらんぼ20年計画

2021/06/24 うちの前庭(空き地)にさくらんぼの木を植えました。聞くところによると、さくらんぼは自家受粉しないらしい。異品種を二本植えて交配させないと実がならないということになる。そのため「さおり」と「高砂」という二品種を用意した。これで良い…

本の会@米ギャラリー大手前

2021/06/17 今月の本の会。 猫に名前をつけすぎると 作者:阿部 昭 福武書店 Amazon なぎさホテル 作者:静, 伊集院 小学館 Amazon 人新世の「資本論」 (集英社新書) 作者:斎藤幸平 集英社 Amazon アラン・オーストンの標本ラベル 作者:川田 伸一郎 ブックマン…

551のあるとき

2021/06/04 今日はちょっとした用事があって大阪梅田に行った。大阪に行けばどこかの居酒屋で一杯やって帰るのが常だが、今は緊急事態宣言下。店で酒は飲めない。路上飲みのような下品なことはしたくない。阪神百貨店の地下にある「551蓬莱」で焼売と豚ま…

マムシ三匹、ヤマカガシ一匹

2021/05/23 今日は農業用水路の掃除。毎年もうすぐ田植えが始まろうという時季に田の所有者が集まって行う恒例行事です。私は先祖から田畑を相続しているのに自分では農業をせず、人に耕作をお願いしている罰当たりな人間ですが、水路掃除ぐらいはしなければ…

新茶

2021/05/05 つれ合いが新茶を淹れてくれた。ご近所のTさんの茶畑で茶摘みをさせてもらったとか。電子レンジで蒸して、手もみして乾燥させ、茶葉にしたそうだ。 自家製の茶を飲むのは何年ぶりだろう。たぶん小学校の時以来だ。その頃は、祖母が茶を作ってい…

「本の会」@米ギャラリー大手前

2021/03/18 米ギャラリー大手前にて「本の会」。それぞれ持ち寄った本から派生して、農業、教育、森の生活、新左翼の構造、結婚するなら、御伊勢さん・こんぴらさん詣で、中村哲・・・等々、興味津々の話題百出。3時間以上があっという間に経ちました。 天…

春告魚、土筆、春を食す

2021/03/09 一昨日、昨日と大山を起点にサイクリングして、昨夜は松江に宿泊した。今日は家に帰る。となれば何か土産が欲しい。それも春らしいものを。 松江では菓子を買うことにして、老舗「桂月堂」を訪れた。こちらでは季節限定の「桜上用」を買った。晩…

春の佳き日

2021/03/05 夜半に確定申告をe-Taxで完了。2点ばかり本当にそれで良いのかどうか気になることがあり、念のため申告会場である労働会館へ足を運ぶ。署員の方に直接尋ねて「間違いない。キチンと申告いただいてありがとうございます」とのお墨付きをいただい…

夕な夕なのお客さん

2021/02/23 ここしばらく、夕な夕なにお客さん。 どうやら家の庭が散歩コースになったようです。

かわいいお客さん

2021/02/03 昼過ぎ、我が家にかわいいお客さんが団体でお越しになりました。 おこしやす、えながちゃん。

姫路経営者協会 第10回産業ツーリズム「あかりガラス・丹波ワイン視察」

2020/11/20 姫路経営者協会の第10回産業ツーリズムに参加。今回は日帰りで丹波の「あかりガラス株式会社」様を見学し「丹波ワイン株式会社」様を見学・試飲昼食、その後、「パティシエ エス コヤマ」で買い物をしました。 おいしい社会見学になりました。お…

交野市・ほしだ園地ウォーキング

2020/11/11 紅葉の見ごろには少し早いが交野市の「ほしだ園地」を散策した。歩いた距離は7.02km。丁度良い運動になり、モーレツに腹が減った。蕎麦かうなぎか迷ったが、相当腹が減ったのでうなぎを食いたい気持ちが優った。寝屋川市の「うなすけ」で特上うな…

HK会ゴルフコンペ

2020/11/08 HK会ゴルフコンペ。体調万全、天気良好。4年ぶりの80台を出してやると意気込んでスタートしたが、あえなく返り討ちに遭う。情けなし。

××の居ぬ間に昼酒

2020/11/01 今朝は田んぼの水路の補修。もともと今日は「銀の馬車道サイクルトレイン」のお世話でロードバイクで生野~飾磨港をロードバイクで軽やかに走っているはずであった。しかし家の田の横を流れている水路が傷んでおり、その補修をしようということに…

旬の会主催・退職祝いゴルフコンペ&アフター吞み

2020/10/14 祭りも無いしゴルフでもするかー、ということで旬の会の有志でゴルフコンペ。一応、私の退職祝いコンペということになっています。退職は祝うものなのか? という疑問も少々あるわけですが、私の予てよりの願いが叶っての退任であったこと、こう…

自由人になって3ヶ月

2020/09/25 会社を辞めて今日でちょうど3ヶ月になる。 自転車で走ったデータを記録しているが、3ヶ月間で走った距離は約1,800km、消費カロリーは約56,000kcalである。脂肪1gが9kalだとすると6kgほど減量できていなければならない。しかし体重は全く変わっ…

庄野家からのはがき

2020/09/22 コロナ禍中に迎える秋彼岸である。すっかり涼しくなった。思い出してみれば去年の秋彼岸には故・庄野潤三氏のお住まいであった「山の上の家」を訪ねたのだった。 jhon-wells.hatenablog.com 「山の上の家」は庄野潤三氏の生誕100年を迎える来年の…