佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

フレッシュバジル、ズッキーニ、明日葉、オクラ、トマト、キュウリをいただきました

2020/08/01 本日の厨房男子。 ご近所さんから摘み立てのバジルをいただきました。 ちょうど、刺身用の鯛があったので、昼飯に「鯛とバジルのパスタ・トマトソース風味」を作りました。 夕食は「精進揚げ」と「サラダチキンとトマトのチーズ焼き・ジェノベー…

阿那賀で真鯛を釣った!

2020/07/31 7月30日に中学校の恩師K先生が夜釣りに誘ってくださった。K先生は73歳でいらっしゃるが、学校を退職される前に南あわじ市の晴海が丘にログハウスを建てられて、月に2度ほど泊まり釣りを楽しんでいらっしゃる。今回はメバルを狙うという。 17:3…

久しぶりの「金呑会」

2020/07/27 久しぶりの「金呑会」である。「金呑会」とはなんぞや。「どうしても吞みたい金賞受賞酒を呑もう会」であります。 高砂の名店「忠助」に酒呑みが集った。忠助は高砂界隈の酒呑みの聖地である。酒は次の6種。肴は忠助の大将におまかせ。もうなに…

ニッカウヰスキー「フロム ザ バレル」をやる

2020/07/26 今夜は余市蒸留所で買って来た「フロム ザ バレル」をやりました。品薄なんですよね。最近、酒屋においてあるのを見ることがなくなった気がします。 肴にポテサラと酢豚を作りました。 「フロム ザ バレル」はやはりストレートで。度数51%と高め…

生ホップ

2020/07/25 ご近所さんが育てたホップをいただきました。二つに割ってビールに入れると香りと苦みが増してうまい。これはもうオリジナルビールです。 ビールのアテにホップの天ぷらを揚げました。塩を振りかけて食べると苦みがあって大人の味。 他に蛸とキュ…

『黒と白のはざま』(ロバート・ベイリー:著/吉野弘人:訳/小学館文庫)

『黒と白のはざま』(ロバート・ベイリー:著/吉野弘人:訳/小学館文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 話題の胸アツ法廷エンタメ小説、待望の続編クー・クラックス・クラン誕生の地、テネシー州プラスキ。幼い日、目の前で彼らに父を…

『ランボー怒りの改新』(前野ひろみち:著/星海社FICTIONS)

『ランボー怒りの改新』(前野ひろみち:著/星海社FICTIONS)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 森見登美彦氏、激怒――?!私の奈良を返してください!さすがにこれはいかがなものか! ある夏、ひとりの青年が斑鳩の里にフラリと現れた。泥沼…

『経済学は人々を幸福にできるか』(宇沢弘文:著/東洋経済新報社)

2020/07/06 『経済学は人々を幸福にできるか』(宇沢弘文:著/東洋経済新報社)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 2003年刊の底本『経済学と人間の心』(四六版上製)の新装版。著者は市場メカニズムや効率性の重視に偏った考え方を批判し、人…

「三岳」をロックでやりながら、レンズ豆のカレーと肉じゃがを作る

2020/07/05 本日の厨房男子。 「三岳」をロックでやりながら、レンズ豆のカレーと肉じゃがを作りました。 カレーは半日おいて夜に食べます。 酒のアテはキュウリの麹漬け。 関西では肉じゃがは牛肉で作るのが普通ですが、私の場合は豚肉です。 ジャガイモは…

「志みず」で家島の魚介に舌鼓を打ち、地酒に酔いしれる

2020/07/04 かつての職場の仲間との昼食会を家島の割烹旅館「志みず」で開いた。永年いっしょに仕事をしてきた気心の知れた仲間である。「志みず」には数年前に同じメンバーで来たことがある。なかなか予約が取れない店である。新型コロナの影響を訊くと、大…

旬の会 @忠助

2020/07/02 毎月第一木曜日は「旬の会」の開催日。出席は久しぶりです。新型コロナ渦中では開催が難しかったし、仮に開催できたとしても会社勤めをしていれば出席を躊躇うことにもなる。しかし先月会社を辞めたので、緊急事態宣言さえ解除されればもう躊躇う…

食楽酒場 大黒や

2020/07/01 今夜も送別会。淡水会の面々が集まってくれた。 場所は私のいきつけの店「大黒や」です。 生ビール、芋焼酎ロック、日本酒(開運)と重ねた盃は数知れず、遅くまでひたすら飲みました。

6月の読書メーター

6月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1286ナイス数:792 6月は株主総会の月ということで、当然読書に裂く時間が少なくなる。小学館の「おいしい小説文庫」三冊と図書館で借りた旅物二冊、昆虫図鑑一冊の計六冊。 氷と蜜 (小学館文庫 さ 39-1)…

天ぷら海鮮 神福

2020/06/30 かつての職場の仲間が送別会を開いてくれた。 6月25日の退任以来、7月4日までの間、ほぼ毎晩送別会をひらいてもらっている。 毎朝、自転車でトレーニングしてカロリー消費に努めているが、 夜に酒池肉林の暴飲暴食。 誠にありがたいことである。 …

『氷と蜜』(佐久そるん:著/小学館文庫)

『氷と蜜』(佐久そるん:著/小学館文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 大学生の陶子は、亡き母と一度だけ食した幻のかき氷「日進月歩」を捜していた。羽根のように軽く、艶やかなシロップをまとった“究極の味”との再会は、三年を費や…

播磨旬菜 菊屋

2020/06/27 お誘いに応じて夕方から菊屋へ。 昨夜は三宮で飲み会、今日は姫路で飲み会。 これでは会社勤めしていた頃と変わらないではないか、と思いつつイソイソと出かける自分が怖い。 まずは岡山の地ビール「イツハ」で喉を潤す。 続いて、Mさん持ち込み…

「うな信」の鰻

2020/06/27 12:30 暑くなってきました。 土用が近づいてくると世間は鰻、うなぎ、ウナギとかまびすしい。 私は皆とおなじことをするのが嫌いなたちなので、すこし時季を外して鰻を食べる。 贔屓にしている飾磨の「うな信」で買って来ました。 つれ合いが丼の…

酒糀家(さかや)

2020/06/26 昨日付の役員退任をうけて、3年前から一緒に旅行の仕事をしたメンバーが送別会を開いてくれた。 場所は神戸三宮。店の名は『酒糀家(さかや)』。初めて行く店である。料理は品数、量ともに満足。酒は日本酒をたくさん取りそろえている。飲み放…

チキンライスがうまいオムライス

2020/06/20 13:00 本日の厨房男子。 チキンライスをキチンと作ってオムライス。 見れば分かる。 不味いはずがないでしょう。 酒は蒼。

あめんどろ

2020/06/18 今日の朝ごはん。 スライスチーズ(チェダーとプロセス)をのせて焼いたトーストに「あめんどろ」をかけた。 この「あめんどろ」は南さつま半島の言葉でさつまいもの芋蜜のこと。これは種子島産の安納芋を原材料として作ってあります。 こんがり…

『生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅100選』(越信行:著/山と渓谷社)

『生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅100選』(越信行:著/山と渓谷社)を読みました。図書館からの借り本です。 まずは出版社の紹介文を引きます。 そこにしかない、その季節にしか見られない日本の鉄道風景がある。 JR、私鉄、第三セクターを問わずに撮…

『「青春18きっぷ」ポスター紀行』(込山富秀:著/講談社)

『「青春18きっぷ」ポスター紀行』(込山富秀:著/講談社)を読みました。図書館からの借り本です。 まずは出版社の紹介文を引きます。 「青春18きっぷ」はJRが年3回(春、夏、冬)発売しているお得な切符で,1982年(昭和57年)に初めて発売されました。その後…

『泣き終わったらごはんにしよう』(武内昌美:著/小学館おいしい小説文庫)

『泣き終わったらごはんにしよう』(武内昌美:著/小学館おいしい小説文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 最高の調味料は、“優しさ"と“思いやり" 中原温人は社会人四年目の少女マンガ編集者。恋人のたんぽぽさんと、美味しい食事をする…

淡竹とシーチキンの炊き込み御飯

2020/06/13 12:30 昼メシに「淡竹とシーチキンの炊き込み御飯」をつくりました。 もう一品は「豚カルビと淡竹の炒め物」。 酒は『聚楽第 純米吟醸』。京都は佐々木酒造の酒。口に残るほろ苦さが料理に合う。 ちなみに5月31日、6月2日も淡竹を使った炊き込み…

『鳴く虫ハンドブック コオロギ・キリギリスの仲間』(奥山風太郎・著/文一総合出版)

『鳴く虫ハンドブック コオロギ・キリギリスの仲間』(奥山風太郎・著/文一総合出版)を読みました。姫路市立図書館からの借り本です。6月2日から制限付きではありますが、ようやく図書館が開館しました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 コオロギやキリ…

明太子のごま油漬け丼

2020/06/12 5:00 本日の厨房男子。 朝餉は昨夜からごま油に漬けておいた明太子をのせるだけの丼。 薬味はきざんだネギと炒り胡麻。 味噌汁はオクラを具に赤味噌仕立てにしました。

『鴨川食堂もてなし』(柏井壽:著/小学館文庫)

『鴨川食堂もてなし』(柏井壽:著/小学館文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 料理雑誌に掲載されている、「食捜します」の一行広告。食にまつわる心に秘めた想いを胸に、依頼人がたどり着くのは、京都にある看板のない食堂。店主の鴨…

「豚かつ きんとん」のシャトーブリアン

2020/06/11 12:30 ほぼ二ヶ月ぶり(?)の外食。 今日は神戸で仕事。 ここ二ヶ月ほどは新型コロナウィルス感染リスクを考えて、夜の居酒屋はもちろんのこと、昼の食堂、レストランの類いも避けてきた。 しかし最近は行動制約もだんだんゆるやかになってきて…

早朝散歩

2020/06/06 5:30AM 鳥のさえずりに誘われて、近くの里山を散歩しました。 2020/06/06 5:32AM 家の近く、川沿いの路にて。ムシトリナデシコ(虫取り撫子) Silene armeria は、ナデシコ科の越年草。ハエトリナデシコ、コマチソウ、ムシトリバナの別名がある。…

淡竹と貝柱とエンドウ豆の炊き込み御飯

2020/06/02 本日の厨房男子。 夕餉に淡竹と貝柱とエンドウ豆の炊き込み御飯を作りました。 スープは空豆のポタージュ。 酒は「米鶴 純米生酒」。 やわらかでふくらみのある味わい。フルーティーな香りが鼻腔をくすぐる。 空豆のスープ 自家製ピクルス、らっ…