佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『十字架のカルテ』(知念実希人:著/小学館)

『十字架のカルテ』(知念実希人:著/小学館)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 最注目ミステリー作家が挑む、究極の頭脳戦正確な鑑定のためにはあらゆる手を尽くす――日本有数の精神鑑定医・影山司の助手に志願した新人医師・弓削凛は、犯…

醍醐桜を観に春の吉備路を走る

2020/04/04 うららかな春だというのに、世間は新型コロナウイルスで騒がしい。不要不急の外出を避けよとのお達しもある。家にじっとしていても良いのだが、要は他人との接触を避ければ良いのだろう。その意味でサイクリングは絶好のレクリエーションだ。もち…

『どんぶり委員長(2)』(市川ヒロシ:著/アクションコミックス)

『どんぶり委員長(2)』(市川ヒロシ:著/アクションコミックス)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 どんぶりの虜になって以降、真面目で高飛車な委員長のどんぶりへの情熱はますます加速し、それに付き合わされる吉田は次々と美味しそうす…

とんかつ 朔

2020/04/03 今日の昼メシ。 野里商店街にある「とんかつ 朔」で上ロースとんかつをいただきました。 低温でじっくり揚げたらしいとんかつは美しいピンク色でジューシー。 この厚さ、この揚がり具合、この味なら1,650円は安い。 有名店なら2,000円~3,000円は…

天津飯風野菜あんかけ丼

本日の厨房男子。 『どんぶり委員長 1』(市川ヒロシ:著)を読んで丼が食いたくなりました。 という訳で朝餉に「天津飯風野菜あんかけ丼」と「もやしと塩昆布のごま油和え」を作りました。

『どんぶり委員長(1)』(市川ヒロシ:著/アクションコミックス)

『どんぶり委員長(1)』(市川ヒロシ:著/アクションコミックス)を読みました。Kindle版がamazonプライム会員なら無料で読めるのだ。無料で読めるのは全4巻のうち1巻と2巻。3巻目からは料金が必要となっている。そりゃそうだ。amazonだって商売である…

花見&バードウォッチング・チャリ通勤

2020/04/02 いよいよ春本番。 例年この時季はチャリで花を楽しみながら通勤します。 天気の良い日の朝夕の運動と目の保養は本当に気持ちが良い。 今年は新型コロナウイルス騒ぎでろくな事がない中で、ひととき浮世の煩わしい事を忘れさせてくれます。 私の家…

2020年3月の読書メーター

3月の読書メーター読んだ本の数:13読んだページ数:4216ナイス数:2269 3月に読んだのは13冊。結構たくさん読んだ。そのうち図書館から借りたものが5冊。還暦を迎え立てた方針どおり、できるだけ図書館本を借り、長く保有している本を少しずつ手放して行こ…

『七度笑えば、恋の味』(古矢永塔子:著/小学館)

『七度笑えば、恋の味』(古矢永塔子:著/小学館)を読みました。 まずは出版社の紹介文を紹介します。 第1回「日本おいしい小説大賞」受賞作! 「幸福な食卓」なんて、私にはきっと一生訪れない――――。 自分の容貌に強烈なコンプレックスを抱く28歳の日…

お城の桜

2020/03/31 今日は姫路市立美術館友の会の理事会に出席。会議開始までに時間があったのでお城の北側を散策。花はもうすぐ満開になりそうですが、新型コロナウイルスのため今年は花見の宴を開くことはなさそうです。寂しくはありますが、人混みが無く、中国語…

『狩りの風よ吹け The Hunting Wind』(スティーヴ・ハミルトン:著/越前敏弥:訳/ハヤカワ文庫)

『狩りの風よ吹け The Hunting Wind』(スティーヴ・ハミルトン:著/越前敏弥:訳/ハヤカワ文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 30年ぶりの再会だった。私立探偵アレックスのもとを訪れたのは、かつてバッテリーを組み、共に一流のメ…

牡蠣のフリッターを肴に「鍋島 特別純米酒」をやる

本日の厨房男子。 夕餉に牡蠣のフリッターと男爵いものホタルイカのせを作りました。 厨房に立つ前にまず一杯。「鍋島 特別純米酒」。近所に住む同級生が佐賀へ出張の際に買ってきてくれたもの。ありがたいことです。 牡蠣はそろそろシーズンが終わり。夏に…

『この世のおわり』(ラウラ・ガジェゴ・ガルシア:著/松下直弘:訳/偕成社)

『この世のおわり』(ラウラ・ガジェゴ・ガルシア:著/松下直弘:訳/偕成社)を読みました。図書館本です。 今月の初旬に同じ著者の『漂泊の王の伝説』を読み、処女作である本書を読みたくなったものです。 jhon-wells.hatenablog.com まずは出版社の紹介…

『くじらの朝がえり』(椎名誠:著/文春文庫)

『くじらの朝がえり』(椎名誠:著/文春文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 温泉につかった後、海胆海鞘海鼠問題を語り、走って逃げ帰る。ヒトヅマゆうこと伊豆への旅を楽しみ、日本の河川行政とナマヌル顔の若者に憤る。南の島でタコ…

内視鏡検査を受け、平野屋のカツ丼セットをがっつりいただく

2020/03/23 早朝から日赤病院入り。 腫瘍マーカーに異常値があると診断され、内視鏡検査を受けることにしたのだ。先週は循環器病センターで心臓超音波と心電図検査を受けた。2月に受診した半日ドックで軽度の「大動脈弁狭窄」を指摘されたのだ。心臓について…

土筆の混ぜごはん

本日の厨房男子。 病院からの帰り道、田んぼの畦道で土筆をとって帰りました。 どうして食べようか迷ったのですが混ぜごはんにしました。 とてもおいしく出来上がりました。懐かしい味です。 ほかにはウドのぬた和え、カレイの煮付け、のびるの醤油漬け、蕗…

『餃子マニア』(枻出版社_エイムック4356)

『餃子マニア』(枻出版社_エイムック4356)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 餃子はもはやブームなどではなく、“国民食"と呼べるポジションにまで来ました。さまざまな店が立て続けにオープンし、その味わいの幅は広がり続けています。本誌…

夢百笑蜜芋のバター焼き

2020/03/22 明日は胃の内視鏡検査を受ける予定。 夕食を早めにとって、後は絶食しなければならない。 夢百笑蜜芋の焼き芋が残っている。冷めてもおいしいがやはり温かい方がおいしいだろうと思いバター焼きにしてみた。 バターの塩味が蜜芋の甘みをさらに引…

『活版印刷三日月堂 雲の日記帳』(ほしおさなえ:著/ポプラ文庫)

『活版印刷三日月堂 雲の日記帳』(ほしおさなえ:著/ポプラ文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 小さな活版印刷所「三日月堂」。店主の弓子が活字を拾い刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった言葉。仕事を続ける中で、…

早春の食材を料理し「黒牛」をやる

2020/03/21 本日の厨房男子。 晩酌用に旬の食材で肴を作りました。右から、タラの芽、ウド、のびる、うるい、青柳。どれも今が旬でしょう。タラの芽とウドは天ぷらに、青柳はタマネギとかき揚げにしました。青柳はさらにメカブと煮しめてみました。うるいは…

ダッチオーブンで蜜芋を焼く

うららかな春。 冬の間は部屋に閉じこもることが多かったが、今日の天気なら庭で過ごしてもさむくあるまいと、庭で焼き芋をすることにした。 芋は種子島産の夢百笑蜜芋。 ダッチオーブンの中に小石を敷き、アルミホイルで包んだ芋を入れ、後は焚火を楽しみな…

ガシラの煮つけ

本日の厨房男子。 昼餉はガシラの煮つけです。 ごはんは茎わかめごはん。

ジョウビタキが遊びに来た

今日は暖かく天気がよいので庭に面した窓を開けて本を読んでおりました。 ふと庭に目をやるとジョウビタキが遊びに来ていました。 色が淡いですね。メスだと思います。 我が家に遊びに来た野鳥。今日はジョウビタキが遊びに来ました。#野鳥#ジョウビタキ#…

茎わかめごはん

本日の厨房男子。 朝餉は茎わかめごはんとメカブ納豆オムレツ。 ごはんの米は三分づき。見た目は悪いが健康食。

明石魚の棚『酒道場』

2020/03/20 久々に大学時代の下宿仲間が寄り集まることになった。場所は明石。夕方に待ち合わせである。 JRがコロナウィルスの影響で間引き運転するのではないかと思い早めに家を出た。ところが在来線は通常どおり動いていた。Googleマップで列車時間を調…

『活版印刷三日月堂 庭のアルバム』(ほしおさなえ:著/ポプラ文庫)

『活版印刷三日月堂 庭のアルバム』(ほしおさなえ:著/ポプラ文庫)を読みました。 まずは出版社の紹介文を引きます。 小さな活版印刷所「三日月堂」には、今日も悩みを抱えたお客がやってくる。店主の弓子が活字を拾い刷り上げるのは、誰かの忘れていた記…

大根と油揚げの和風カレー

本日の厨房男子。 朝餉に「大根と油揚げの和風カレー」を作りました。 シンプルで簡単な調理ですが、先に大根と油揚げの煮物としておいしい状態に仕上げ、その後でカレー香辛料で風味を付けるという工程を踏むので時間だけはかかっています。 上にオレガノを…

『鉄道員(ぽっぽや)』(浅田次郎:著/集英社文庫)

『鉄道員(ぽっぽや)』(浅田次郎:著/集英社文庫)を読みました。かなり前に読んだものだ。手元の本が2007年11月7日第23刷なので読んだのは2007年の暮れか2008年ごろのことに違いない。最近、本棚にある既読本を少しずつ会社の図書コーナーに寄贈しており…

春告魚で「伊佐大泉」をやる

2020/03/18 本日の一献は「伊佐大泉」。 2019年秋季全国酒類コンクール 芋焼酎部門 第1位特賞JAL 日本の國酒 九州本格焼酎応援プロジェクト 鹿児島県 芋焼酎の部 グランプリ受賞 川内川上流の古里伊佐市はうまい焼酎を造る町。私は「伊佐美」を愛飲しており…

塩パンロール あんバター

2020/03/17 今日の朝餉はポンパドウルの「塩パンロール あんバター」。 人気のパン「塩パンロール」に粒あんとバターを挟んでいます。 うまいんだな、これが。 汁は宍道湖産大和シジミの赤だし。 これまたうまい。