ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

味噌漬けポークと夏野菜のスープカレー

本日の厨房男子。

夕食もカレー。

味噌漬けポークと夏野菜を使ったカレーを作りました。

カレーはとろみを付けずスープカレーに。

隠し味に味噌を使っています。

ライスの代わりに神戸「LE PAN」のカンパーニュ・バゲットを入れました。

ハード系のバゲットがスープカレーを吸ってふにゃふにゃになった食感が好きです。

酒は「翠露 純米大吟醸」をロックでさっぱりと。

宇都宮餃子と万願寺唐辛子のカレー

本日の厨房男子。

「宇都宮餃子と万願寺唐辛子のカレー」を作りました。

何でもカレーになる。カレーは自由だ。

 

『世界一やさしいスパイスカレー教室 スパイスカレーのしくみがよくわかる』(水野仁輔・監修/東京カリー番長・著/マイナビ出版)

『世界一やさしいスパイスカレー教室 スパイスカレーのしくみがよくわかる』(水野仁輔・監修/東京カリー番長・著/マイナビ出版)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

 

「こんなにおいしくできるなんて!」人気の料理教室を完全再現!

東京カリ~番長の調理主任・水野仁輔氏が紙上「スパイスカレー教室」を開講!

基本的なスパイスカレーのしくみ、スパイスの役割の説明はもちろん、
目から鱗の包丁テクニック、よくある失敗例、おもしろ雑学なども交えて、初心者でも絶対おいしくできるように、ひとつひとつの工程を丁寧に解説します。

さらに東京カリ~番長のメンバーが、料理教室で学んだテクニックでできるアレンジレシピを提案。
3種類のスパイス&30分でできるかんたんカレーから、
10種類以上のスパイスでじっくり作るこだわりカレーまで紹介し、
スパイスカレーを完全マスターできる1冊となっています!


『これまで様々なスタイルで料理教室を実施し、
生徒さんが「!!!」と開眼する光景を数えきれないほど目の当たりにしてきました。
だったらリアルな料理教室を実施し、その内容を余すことなく原稿にして写真を添えれば、画期的なカレーのレシピ本になるはず。
そんな僕の目論見は、うまくいったと思いますか? もちろん。
だから自信をもって出版することにしました。信じてついてきてください。
世界一やさしいスパイスカレー教室、始まります。』
水野仁輔(本書「はじめに」より)

 

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-

 

 

 TSUTAYAの書籍コーナーを歩いていたら表紙が目に入り、「あぁ、カレーが食べたい」と思ってしまった。食べるなら表紙の写真のようにスパイシーなカレーが良いな。そんなことを思いながらページをぱらぱら捲っていると、もうたまらない。近くに本格的なカレーを食べさせる店があるかどうか知らなかった。かといって喫茶店のカレーじゃ満足できない。この本を買って家で作ってみよう。ついてはもう二冊ほど買って勉強しよう。さらにどんどん勉強してカレーを極めるのも悪くないな、などと身の程知らずな妄想はどんどん膨らんでいった。結局、本書の他に『スパイスカレー辞典』(水野仁輔・著 /パイ インターナショナル)と『campの野菜を食べるカレー 特製カレーダレで、煮込まず15分、すぐおいしい』(佐野卓・著/マイナビ出版)を買ってしまった。本格的にカレーを極めたいという気持ちが『スパイスカレー辞典』を買わせると同時に、いやいや面倒臭いのはいやだ、簡単に作れておいしいカレーの極意はないのかという気持ちが『campの野菜を食べるカレー』を買わせたのである。本格的なカレーを作りたいという前向きな姿勢、しかし面倒なことはしたくないという怠惰な姿勢が私の心の中で覇権を争いせめぎ合った結果、結局そのどちらもが勝利を収めることがなかったのだ。欲張りと言えば欲張り、優柔不断を言えば優柔不断。我ながら情けないが私はそんな人間なのだ。仕方ないのだ。

 さて本書だが、どうすればスパイスカレーができるかを極めて簡単に教えてくれる。レシピも充実している。写真も魅惑的で食欲、創作意欲をそそる。カレーに合うライスやナンの作り方、付け合わせのレシピまであり、この一冊でそれなりにスパイスカレーが出来てしまう。すごいぞ東京カリー番長! 偉いぞ水野仁輔! 他の二冊は不要であった。しかし私の内なる好奇心、向学心、求道心は止めようもなく、次の一冊を手に取るのであった。今、私の血は種々の香辛料で熱くたぎっている。しかしこれもしばらく扇風機にあたると汗の乾きとともにすぅっと収まるものだ。私の性格もまた”熱しやすく冷めやすい”。それは五十数年間生きてきた中ですでに証明された性分だ。しばらくはスパイスで遊ぼうと思う。

 

 

鳴神

久しぶりの「鳴神」。

突き出しと造りのみ写真に収めました。

あとは美味しく飲んで食べて、写真を取るのを忘れてしまいました。

この後、ハモシャブ、シシャモ(ホンモノ)、その他と続き、〆は桃のシャーベット。

酒は「悦凱陣 山廃」と「亀の尾」をぬる燗で。

県外からのお客様に地酒をと「龍力 米のささやき 大吟醸」を冷酒で。

音信(otozure) 純米吟醸無濾過

 本日の一献は「音信(otozure)純米吟醸無濾過」でございます。

 妹が山口県湯本温泉の名旅館「大谷山荘 別邸 音信」に泊まり、お土産に買ってきてくれた酒です。

 製造所は萩市川上の「有限会社岡崎酒造場」です。酒米はおそらく「西都の雫」。

 上品な味、微かな芳香。日本酒らしい味を残す。おそらく食中酒として最上のものを狙った酒でしょう。美味しゅうございました。私もその内「別邸 音信」に泊まりたいと思っております。その時にもう一度飲みたい。

 

 

【お酒】冷酒で美味しい「純米吟醸 音信」~限定2000本、販売中 | 大谷山荘ブログ~季節だより

『ブランド力』(株式会社イマジナ代表取締役社著・関野吉記・著/日経BPコンサルティング書籍編集部)

『ブランド力』(株式会社イマジナ代表取締役社著・関野吉記・著/日経BPコンサルティング書籍編集部)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

大量生産・大量消費の時代は終焉を迎え、モノ・情報は溢れ、消費者の嗜好が多様化している昨今、今、企業には何が求められているのか。これまで通り、他社と同じような商品やサービスを提供しているだけでは、消費者に選ばれ続けることは難しい。商品やサービスにブランドという付加価値を付けられる企業だけが、ライバルと差別化でき、顧客から選ばれるのだ。本書は企業や地域のブランド事業を手掛けてきた株式会社イマジナ代表取締役社長・関野吉記によるブランド論。

 

ブランド力 ~今、企業や自治体に求められている大切な価値

ブランド力 ~今、企業や自治体に求められている大切な価値

 

 

 ブランド力の必要性、ブランディングの要諦をわかりやすく解説いただいた。以下に自分のためのノートとしてエッセンスと思える部分を書き留める。
 
 今の時代、商品やサービスが一定の基準に達しているのは当然のこと。ITその他の技術の発達によって、企業の商品化やサービス化のスピードはどんどん速くなっている。それはオリジナルなアイデアで先行してもすぐに競争相手に追いつかれることを意味する。もはや商品やサービスそれ自体では差別化しにくい時代になった。
 商品やサービスにブランドという付加価値を提供できる企業だけがライバルと差別化できお客様から選ばれる。ブランドとは何か? それはデザインや使い心地、味といった商品そのものに関する要素だけでなく、店の雰囲気、商品に付けられたロゴマーク、紙袋、店員の接客態度や商品知識の的確さ、商品をひいきにしている有名人、作った会社の信頼感や安心感、商品にまつわるストーリーすべてをひっくるめた満足感のこと。
マーケティングとは「自分から自分のイメージを相手に伝える努力」のこと。ブランディングとは「相手に自分のイメージを持ってもらう努力」のこと。二つは混同されがちだが違う。良いイメージを持ってもらうための活動がブランディング
 企業フィロソフィーとは自分たちの存在意義を語るもの。経営者も社員も自分たちが何を社会に提供しているのかを語れなければならない。現状を良しとしチャレンジしない企業は衰退する。ブランディングとは将来のために種を蒔くこと。その時代、その社会に即した「ビジョン」「ミッション」「バリュー」を構築する必要がある。伝統のうえにあぐらをかいて外部との対話を怠ってはならない。去年の「いいね」が今年は「残念だね」になりかねない。
 その企業にしか出来ないこだわり、その企業が何を大切にするか、それらがその企業の文化。その文化に顧客が共感を覚えたときブランドが構築される。企業文化をわかりやすく明確化し社員に浸透させることがインナーブランディング。企業の想いを共有した社員の行動がお客様の「経験」をつくり、それがお客様の心の中に「ブランド」を生み出す。企業のエッセンスは社員の行動に表れるのだ。
 では経営者の仕事は何か。会社をどのような姿にしたいか(ゴール)とそのために何をやるかという全体像を示すこと。企業理念やデザインはそれを社員全員が理解できるように翻訳したもの。
「私たちでないと出来ない仕事が提供できているかどうか」を問い続けることがブランドにつながる。

 

 

高野山 萬灯供養会

 高野山に行きました。新入社員を連れての研修です。といいながら、私も高野山についての知識があるわけではなく、私の勉強でもあります。

 毎年8月13日の夜、高野山では萬燈供養会(ろうそく祭り)が開催されます。一の橋から奥之院までの聖域約2キロメートルの参道を約10万本のローソクの光で荘厳し、御霊を供養するお祭りです。

 高野山といえば”凍り”と”胡麻”の二種類の豆腐が有名。精進料理で出てくる代表的なもの。早速、いちばん美味しいと評判の高い「濵田屋」でいただくことにした。味付けはワサビ醤油か和三盆が選べる。ここは和三盆をチョイス。ワサビ醤油は味がイメージできるが、和三盆で食べるとどんな味になるのか、はたして胡麻豆腐はスイーツとして成り立つのか、興味津々といったところ。

 和三盆、正解でした。口に残った甘みは庭に湧き出ている水で洗い流します。

 

 さて、まずは明るいうちに中門から金堂、根本大塔、金剛峯寺、一橋に到るまでの町並み、奥の院に到る参道を見て回ることにしました。

 まずは中門。

中門をくぐると金堂。

 中門には四天王像が安置されています。国道側には黒っぽい持国天(西側)と多聞天(東側)、金堂側には光沢のある赤茶色の広目天(東側)と増長天(西側)です。金堂側の広目天増長天は最近(平成26年)に松本明慶の手によって作られた広目天増長天の二天王が新たに中門に安置されている。目を引くのは胸にあるトンボと蝉。親友社員が下調べしてきた解説によると、胸元にオニヤンマのブローチを付けていいるのは増長天。これはとんぼがまっすぐ前に飛ぶ生物であることから、『後ろにしりぞかない』という姿勢を表現している。胸元にアブラゼミのブローチを付けているのは広目天。これは、蝉が音を遠くへ届ける生物であることから、『威嚇(いかく)』の姿勢を表現しているとのこと。よく調べました。褒めて遣わす。

 根本大塔です。圧倒的な存在感。

 根本大塔の西、御影堂の前に「三鈷の松」と呼ばれる松があります。弘法大師が唐へ渡って、明州の港からの帰国の際、わたしが漏らすことなく受け継いだ密教を広めるのにふさわしい地へ行くように・・」という願いを込めて「三鈷杵」を東の空に向けて投げた。帰国後、その三鈷杵を探し求めていると、高野山の松の木にかかっているということが分かりました。そうして、高野山の地が真言密教の道場として開かれるようになり、この松を「三鈷の松」と言うようになったという伝説がある。また、通常の松の葉は2本ですが、この松の葉は3本あり、三鈷杵の先(鈷部)が中鈷・脇鈷と三つに分かれていることから、その形とあわせて 「三鈷の松」とも呼ばれています。私も探してみましたが見つかりませんでした。でも、実際に見つけた方もいらっしゃったので、本当に3本松葉はあるようです。

 さてロウソク祭りの前に土産物屋の二階で食事。観光者に供されるありきたりの食事だが、胡麻豆腐や黒豆の似たもの、野菜と高野豆腐の炊き合わせなど高野山らしい趣がある。

 般若湯もいただきました。研修ですから味も確かめなくては。(^^;)

 19:00前に食事を終え、いよいよロウソク祭りの行われる奥の院参道へ。

 さすがは高野山。荘厳な一夜でした。

 帰りのトイレ休憩は4号湾岸線泉大津パーキングエリアで。大阪市内方面行き11階には展望台があり、夜景が美しい。夕方なら西に明石海峡大橋と夕日を望めるとのこと。研修で得たミニ知識です。