ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『世にも美しい日本語入門』(対談:安野光雅・藤原正彦/ちくまプリマー新書)

『世にも美しい日本語入門』(対談:安野光雅藤原正彦ちくまプリマー新書)を読みました。

    

 まずは出版社の紹介文を引きます。

七五調のリズムから高度なユーモアまで、古典と呼ばれる文学作品には、美しく豊かな日本語があふれている。若い頃から名文に親しむ事の大切さを、熱く語りあう。

 

世にも美しい日本語入門 (ちくまプリマー新書)

世にも美しい日本語入門 (ちくまプリマー新書)

 

 

 まず安野光雅氏が藤原正彦氏の小学校時代の先生でいらっしゃったとは驚きである。画家と数学者、一見まったく別々のものとも思える世界の第一人者が語り合うとき、そこに共通のもの「美」があることも驚きだ。

 そういえば以前に森潔氏と小林秀雄氏の対談を書籍にまとめた『人間の建設』を読んだ時も同じような驚きを覚えたものである。数学者と文芸評論家がお互いの中に共通のものを察知し、すぐに打ち解けて話ができる。話す手段はもちろん言葉だが、言葉以前にお互いの中に共通のプラットフォームがある。それは哲学であったり、教養や知性であったり、審美眼であったりするわけだが、突きつめていうと、それぞれの分野が違えどそこにある普遍的なものを知るに至っているということなのだろう。その普遍的なものを共通言語として意思疎通が可能なのだ。思い切って言ってしまえば、その普遍的なものとは「美」である。

 では「美」とはなにであろうか。それは「人の心を揺さぶるもの」であって、安野氏はそれを”ミューズ”という言葉で表現していらっしゃる。”ミューズ”とはギリシャ神話に登場する芸術・学術の女神である。つまるところ芸術・学術の世界において普遍性を持つものは人の心を揺さぶる美しさを持っているということ。情けないことに私はこのあたりの感覚を上手く表現できないので、私の敬愛するグラフィックデザイナー・永井一正氏のホームページにある「デザインに対する想い」という文章を引用する。私はこの文章を読んだとき、宇宙の法則・摂理と芸術・学術の関係の関係が腑に落ち、それが何故美しいのかがわかったような気がしたのだ。

デザインに対する想い

良質なデザインは人間の五感、つまり視覚・触覚・嗅覚・味覚・聴覚が統合し、ある目的をもった「かたち」に収斂したもののように思う。これはデザインをする側も、それを受け使う側にも共通した感覚が自然に存在するからだと思う。宇宙の中から奇跡的に地球ができ、微生物が生まれ、そして生き物たちのひとつとして人間が誕生した。そこには何か宇宙の法則、摂理があり、それが地球の生態系としてあらゆる自然・生物に共通しているように思う。それはとても神秘的で不思議で美しい。デザイナーはそれぞれ何かをデザインする時に、自然にすでに存在している法則をみつけ、それを「かたち」にしていくことだと思う。コストや機能と同時に美しく魅力的でなければ摂理から生まれた結晶とはいえない。それぞれの役割を認識した上で、自然に共通した感覚を大切にしていきたい。

 

 

人間の建設 (新潮文庫)

人間の建設 (新潮文庫)

 

 

『乙嫁語り <10>』(森薫・著/HARTA COMIX)

乙嫁語り <10>』(森薫・著/HARTA COMIX)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

大迫力の鷹狩り!12歳のカルルクが男を磨く、”男修業”編が描かれる。

4ヵ月の充電期間を終えて、連載再開した『乙嫁語り』!第10巻の前半はカルルクが”男”になるべく修業をする”男修業”編。アミルの兄が暮らす冬の野営地へ行き、アゼル・ジョルク・バイマトの3人から鷹狩りを学びます。後半はアンカラへの旅を続けるスミスへ視点が移り、案内人アリとともに旅の様子が描かれていきます。お楽しみに!

 

乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス)

乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス)

 

 大切にしたい人が出来たとき、男は強くなりたいと願う。今巻は12歳のカルルクがアミルにふさわしい男になるべくアミルの兄たちと一緒に冬の野営地で暮らし「男修行」をする話。もう一系統の話としてスミスのアンカラへの道中とアンカラでのタラスとの再開が描かれる。森さんは冬の中央アジアを描くにあたりかなりフラストレーションがあったようですね。そりゃそうでしょう、雪景色じゃあ森さんの精緻なタッチが活かせないですから。でもその分、イヌワシその他の動物に全精力を注がれたようですね。限りなく美しい絵です。

 

 

 

HRI懇話会

今日一日は昨年9月から所属しているHRI懇話会の研修でした。

まずは御座候・あずきミュージアム

昼食は「こころ庵」にて天茶膳。

昼食後は灘菊酒造を見学。

そしてさらに新日鐵住金広畑製鉄所でド迫力の熱延ラインとほぼ100%のリサイクル率を誇るタイヤガス化リサイクル施設を見学。残念ながら、工場内は撮影不可。

工場見学の後は富士製鉄所以来の伝統の重みを感じる京見会館で夕食。

朔の会@あけぼのストア

今月の朔の会は「あけぼのストア」にて。

 

むちゃくちゃ呑んだのに、その後、もう一軒行ったらしい・・・

いけませんなぁ・・・^^;

『冷血』(トルーマン・カポーティ:著/佐々田雅子:訳/新潮文庫)

『冷血』(トルーマン・カポーティ:著/佐々田雅子:訳/新潮文庫)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

カンザス州の片田舎で起きた一家4人惨殺事件。被害者は皆ロープで縛られ、至近距離から散弾銃で射殺されていた。このあまりにも惨い犯行に、著者は5年余りの歳月を費やして綿密な取材を遂行。そして犯人2名が絞首刑に処せられるまでを見届けた。捜査の手法、犯罪者の心理、死刑制度の是非、そして取材者のモラル―。様々な物議をかもした、衝撃のノンフィクション・ノヴェル。

 

冷血 (新潮文庫)

冷血 (新潮文庫)

 

 

 1959年にカンザス州で起きたクラッター家の一家惨殺事件を追ったノンフィクション・ノベル。カポーティはこの執筆に際し三年を費やしてノート六千ページにおよぶ資料を収集し、さらに三年近くをかけて資料を整理したという。そして何よりも重要と思われるのは、この『冷血』を書き上げて以降、彼は何もかけなくなったということだ。

 カポーティはこの小説の中でとりわけ犯人の一人であるペリーにひとしお思い入れを持っていたと見える。ペリーは、父は粗暴、母は酒乱という家庭に生まれ、その両親も幼い頃に離婚、一時は孤児院に預けられたものの、その後、父に引き取られるがろくに学校にも通わせてもらえなかったという境遇に育っている。カポーティ自身、両親は彼が子供の時に離婚し、ルイジアナミシシッピアラバマなど各地を遠縁の家に厄介になりながら転々として育っている。

 事件を小説にするためにペリーに近づき取材し、ペリーに複雑な思い入れを持ちながらも、それを第三者的に描き小説を完成させる。そしてこの小説も反響を呼び、さらなる富と名声を得る。カポーティにとって、そうしたことが我知らず心の重荷になっていたとは考えられないか。自分の中にある冷酷さを知ってしまった結果、カポーティ自身が壊れてしまったのではないか。もちろんこうした推察はうがったものだろう。事実に反する可能性が高い。しかし事実に反する想像もこの小説に重みと深みを持たせるという意味で読者に許される行為だろう。作家にとって大切なのは事実じゃない。小説が読者の心をどう揺さぶるかなのだから。

 

 

 

今朝の朝飯は寒グレづくしで

本日の厨房男子。

今朝は寒グレづくしで。

刺身、煮付け、白子の吸いもの。

刺身の一部は皮目を焼く「焼き切り」にしました。こうすると厚い皮も食べることができます。

白子の吸いものには山椒を利かせるとうまいです。

太刀魚の塩焼きと寒グレの刺身で「いわなみ」と「福源」をやる

本日は一日中ずっと厨房男子。

高知県奈半利町からふるさと納税のおくりものが届いているのだ。

晩酌用に太刀魚と寒グレを調理しました。

まずは太刀魚の塩焼き。

 

焼き上がりをつまみ、「いわなみ」をやりながら寒グレを捌く。

グレはメジナといった方が通りはよいのかもしれないが、高知産であればやはり「グレ」と呼ぶべきだろう。冬のこの時季はクセが少なく脂がのってうまい。

できあがった刺身をアテに「福源」をやる。

これまたうまい。