佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

小田原城とかまぼこ通り

2018/10/20

 昨夜は小田原に泊まったが、今日は夕方、加古川での飲み会までフリーである。ということは13:00過ぎの新幹線に乗れば十分である。さてどうするか。取り立てて計画もなく、足は自然と小田原城の方向に向いた。

 

 

 観光客、特に外国人はさほど多くなく静かに過ごせた。私は田舎者なので人が多いと落ち着かない。9:00を過ぎると周辺のお店が開き始める。どれ、かまぼこでも買おうかとかまぼこ通りへ向かった。

 こちらもまだ午前9:00とあって、観光客はほとんどいない。小田原蒲鉾発祥の店と幟にうたう店が開いていた。店名は「鱗吉(うろこき)」。創業は天明元年だというから、かれこれ240年近く続く老舗と言うことか。天明の大飢饉浅間山の大噴火、米問屋の打ち壊しなど激動の時代を生き抜いているのだ。田村意次だって失脚したというのに・・・偉いではないか。

 店には酒と地ビールが置いてあり、ここのかまぼこを肴に飲めるようになっている。当然「女将の利き酒三種」(天青・松みどり・残草蓬莱)と「板わさ」を注文。こんな時間から飲んでいるのは私だけである。なぜ飲むのか。そこに酒があるからである。なに、かまうものか。自分の金で一人静かに飲むのだ。三人四人が道を塞いでぺちゃくちゃ大声でしゃべって歩く観光客よりよほど行儀が良いのだ。文句あっか?

 本を読みながら、小一時間酒を飲みすっかり気分が良くなった。足取りも軽やかに街中をあてどなく歩く。かまぼこのお土産は「籠清」で買った。少々高かったが『鳳凰』を一本。これで冷や酒をきゅぅーっとやるときっとうまいにちがいない。

 

 

 

 昼飯は鰻と決めていた。昨夜、街中を歩きながら目を付けていた「鳥かつ楼」に行った。時刻は11:00であった。まだ準備中とある。開店は11:30である。開店を待っても良いのだが、この店がキチンとした鰻屋ならば注文してから焼き上がるまでに40分や50分はかかるだろう。それでは帰りの新幹線にギリギリの時間になってしまう。すぐに出てくる可能性があるが、それでは旨い鰻は食えないだろう。ここは速やかに撤収するに如くは無し。余談であるが、「鳥かつ楼」という名でなぜ鰻なのか。どうやら鳥料理も出すようである。そういえば近くに「柏又」という鰻屋があるのだが、そこも看板に「とり・うなぎ」とうたっている。小田原ではこういう店が多いのかもしれない。

 さて昼飯の問題はどうなったか。ラーメンにした。私はラーメンをめったに食べない。麺類の中では「蕎麦」「うどん」「そうめん」「ラーメン」と順位が決まっている。「ラーメン」は最下位、「蕎麦」と「うどん」の順序は微妙である。何故「蕎麦」が上に来るかは、要は蕎麦屋は酒を飲ませるからである。蕎麦前の楽しみは他の麺類にはない。

 前置きが長くなったが訪れたラーメン屋は「鯵一北條」。スープに鯵が使ってあるというのが気を引いた。こってりしているスープは鳥・豚が使ってあるのだろう。おいしかったが、正直なところ驚くほどではなかった。麺は中太のストレート。もちもち加減がよかった。

 

箱根ベーカリー

2018/10/20

小田原泊まりの朝は箱根ベーカリーのモーニングセット460円。

私のチョイスはアスパラソーセージのパン、アールグレイティー、かたゆで玉子。

たまにはパンの朝食もイイ。

しばらく本でも読んでゆっくりします。

それはそうと、今朝のニュースで知ったのですが昨夜の姫路駅は大変だったようですね。箱根での用は夕方に終わったので、そのまま急げば帰れないこともなかったのですが、小田原の居酒屋を覗いてみようともう一泊したのが結果的に正解だったようです。新幹線車内に缶詰にされて、あげくにビジネスホテル代とさして変わらないタクシー代を払わなければならないところでした。ラッキーというのはいささか不謹慎ですが、結果オーライです。

www.yomiuri.co.jp

 

さて、今日はどうするか。

ポーラ美術館にも行きたいところだが、帰りの新幹線の時間を考えるとゆっくり出来ない。駆け足で美術館を観るなどもってのほか。ポーラ美術館は次の機会にゆずって、小田原の町をあてどなくさまよい歩くとしますか。それもまたよし。

小田原おでん本店

2018/10/19

せっかく箱根に来たからには小田原の居酒屋も訪れておこうと選んだ店は「小田原おでん本店」。

予約をしていなかったが、なんとかカウンター席に潜り込めた。予約で埋まっているので一時間だけで良ければということであった。予約必須の人気店です。

まずは酒、「雁木」を注文。おでんは「特選盛合せ」を頼んだ。特選おでんは少し時間をくださいということなので、酒をちびちびやりながら本を読み待った。すぐによそってもらえるおでんが目の前にあったが、あいにくゴルフのあとの会食でサンドイッチやピザを食べてきている。たくさんは食べられないのだ。まあ酒と本があればいくらでも時間を過ごせる。

20分ばかり待っておでんが出てきた。大根以外は通常のものではなく凝ったものばかり。小田原のおでんを甘く見てはいけない。コクのある出汁で食べるおでんは和食料理として十分成り立っている。それも小田原らしく練りものがうまい。酒の肴として最高だ。おかわりの酒は「玉川 山廃」。これまたうまい。

 

第24回欧州交通事情調査団懇親ゴルフ(富士小山ゴルフクラブ)

2018/10/19

無残な結果。三ヶ月クラブを握らなければ当然か。

たまの練習ぐらいしないとな・・・

晴れていれば富士山の景色を楽しめたはずだが、これも残念。

箱根 彫刻の森美術館 「衣を脱ぐ」に逢いに

 久しぶりに箱根に来ました。2008年に欧州に交通事情を視察に行った仲間の集まりです。あれから10年になりますが、今も年一回集まって仕事のこと、趣味のこと、家族のこと、あれこれ情報交換し懇親を深めています。

 情報交換会は夕刻から湯本のホテルであります。昼過ぎに小田原に着いたので「彫刻の森美術館」を訪れることにしました。「彫刻の森美術館」を訪れるのは今回が初めてなのですが、以前から恋い焦がれている作品があるのです。 それはジャコモ・マンズーGiacomo Manz)の作品「衣を脱ぐ(大)」です。7年ほど前、『Casa BRUTUS特別編集 日本の美術館ベスト100ガイド』を読んで、全国各地を旅したときに訪れるべき美術館をリストアップしながら、インターネットで情報を閲覧していたときに「衣を脱ぐ」の写真に出会ったのです。プロのカメラマンのものではありませんでしたが、その写真の美しさに心を奪われたのです。まさに一目惚れというやつです。写真共有サイトに載っていたものですのでリンク先を記しておきます。

photohito.com

 受付を通り階下に降りて屋外に出ると左手にそれはありました。次の写真は私の撮ったものですが、先のものとは撮影技術とカメラの差が歴然ですね。 (‥ゞ

 でも、たとえ稚拙な写真であっても、この像の持つ魅力と存在感は毫も失われるものではありません。スレンダーで優美な肢体は唯々美しいとしか表現のしようがありません。

f:id:Jhon_Wells:20181018151028j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181018151006j:plain

 

 もう一つ強い印象を残した作品がありました。それは衝撃と言っても良いほど圧倒的なものでした。ニキ・ド・サン・ファール(Niki de Saint Phalle)の作品「ミス・ブラック・パワー(Miss Black Power)」です。こちらは先ほどの「衣を脱ぐ」とは対照的に有無を言わせぬ存在感と力強さが伝わってくる作品です。男にはない女性の強さが見事に表れています。

 

f:id:Jhon_Wells:20181018145959j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181018145608j:plain

 

 やはり男は女性の「美」と「力」のまえにひれ伏すしかないのでしょうね。

 

 そうそう、もう一つ忘れてならないのは新宮晋氏の「終わりのない対話」です。新宮氏の作品は美ヶ原高原美術館でも「星のコンパス」を観たのですが、やはり自然の中にあって、風、雲、空ととけ合い一体となっているのが素晴らしい。人が感じることは出来てもそのままでは判然としない自然が新宮氏の造形物を発露として目に映るとでも言えばよいのでしょうか。新宮氏の作品はいつも自然との対話を可能にしてくれます。

 

ツバメソースと大杉味噌

最近、気になる調味料をふたつ見つけた。

一つは「ツバメソース」。柏井壽氏の新刊小説『祇園白川 小堀商店 レシピ買います』の第五話「オムライス」の中で自家製ウスターソースのレシピが出ており、その調理の仕上げに「ツバメソース」の青ラベル<オリソース>を足してもう一度煮詰めるという記述があったのだ。ウスターソースは私が好きな調味料。「ツバメソース」とはいったいどのような味わいか、イカリやカゴメやおたふくよりうまいのか、試してみたいのが人情というもの。なんなら自家製ウスターソース作りにチャレンジしてもいいぞと通販で購入。今日は鍋だったので出番はなかったが、近くオムライスを作り、味のバリエーションとしてウスターソースがけで味見したい。

もう一つは「大杉味噌」。

友人のN.I.さんが激賞した逸品。

新潟県上越市浦川原区産の無農薬栽培大豆とコシヒカリの糀米、天日塩を使用した天然醸造味噌。一年以上寝かしてあるとか。もちろん無添加です。塩は強めでしょうがそれも昔ながら。私は気にしません。

ちょうど去年仕込んだ家の自家製味噌が切れかけており、今年の3月に仕込んだものはもうしばらく熟成させた方がおいしいので、その間はこの味噌にお世話になろうと思います。どんな味か明日の朝の味噌汁が楽しみです。きっとおいしいに違いありません。

灘のけんか祭り

2018/10/15 

今日は灘のけんか祭り。親戚を招待して御旅山のすそにある練り場を見渡せる海山の桟敷に陣取った。

酒は「而今」、肴はワタリガニ、弁当は「くろ田」のもの。役者はそろっている。

f:id:Jhon_Wells:20181015153126j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015153150j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015154501j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015155335j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015162542j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015165325j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015171913j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015190924j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015192519j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015193008j:plain

f:id:Jhon_Wells:20181015195315j:plain