佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

「谷かつ」にておとなの飲み会

2019/10/31

 不定期に開催しているおとなの飲み会。今日の酒は私がセレクト。題して「作家が愛した酒」。場所は「谷かつ」の奥をお借りしました。

酒のラインナップ(愛飲した作家)

  • 「越の露」 純米吟醸 安吾ラベル 絞りたて生原酒 新潟
     透明感のある綺麗な味わい
    坂口安吾
  • 「三千盛」 純米ドライ 超辛口 純米大吟醸
     日本酒度+19 米の旨み、麹のコク、
     酵母の風味のバランスをとり、無駄な甘みを排除。
     うっすらと、そして透明感を感じる梨のようなアロマ
     旨味しっかり、後味は最高度の切れ味
     (永井龍男
  • 「白牡丹」 大吟醸 原酒 広島県
     華やかで芳醇。大吟醸だけにさらりとした甘さ。
     (夏目漱石
  • 「初孫 いなほ」 生酛づくり 山形県
     やわらかで味わい深い ほのかな吟醸香
     (庄野潤三
  • 「司牡丹」 純米 日本を今一度 高知県
     骨太な味わいを持ちながら、後口はあくまで爽やかにサラリと切れる、
     キレ味抜群の超辛口純米酒
     (宮尾登美子
  • 「呉春」 特吟 大阪府
     軽やかな中にも旨味を秘めたお酒で、日本酒度+-0(甘くもなく、辛くもなく)
     (谷崎潤一郎

「谷かつ」を後にしてくまモンの店へ。

還暦祝い親子サイクリング_2日目_木之本・鶏足寺・余呉湖

2019/10/27

 親子サイクリング2日目は木ノ本駅から鶏足寺余呉湖を走りました。ひょっとしたら紅葉の走りを観ることができるかと思いましたが、やはり少々早かったようです。それでも天気に恵まれ素晴らしい景色でした。

 木ノ本駅で自転車を降ろし、サイクリングを開始。駅の東の商店街に「つるやパン」があった。ここのサラダパンが有名なので食べてみた。パンにたくあんづけとマヨネーズが挟んでありなかなかうまい。鶏足寺へ向かう。鶏足寺は歩いて散策。その後、高時川沿いに285号線を北上。下丹生から284号に入り余呉湖へ。余呉湖を一周して「ビストロさくら」でカレーの昼食。再び木ノ本駅に戻り自転車を積みサイクリングは軽めで終了。帰りにマキノメタセコイア並木をドライブ。

f:id:Jhon_Wells:20191103065259p:plain

 

居酒屋『能登』

 子どもたちと一泊二日のサイクリング旅の夜は長浜の名居酒屋『能登』で食事。

 子をまぶした鮒の刺身、モロコ、テナガエビと琵琶湖の幸がうまい。酒は「七本槍」をやりました。

 

還暦祝い親子サイクリング_1日目_近江八幡

2019/10/26

 息子と娘夫婦が私の還暦祝いにサイクリングをしようというので琵琶湖に出かけた。10:40に近江八幡駅に集合。息子は福山から輪行、我々夫婦と娘夫婦は車にロードバイクを積んで来た。

 走ったコースは近江八幡駅から小幡町、新町、八幡堀あたりをポタリング。ヴォーリーズ記念館の前を通り、昼食は『炭櫓』でうなぎひつまぶしをいただいた。

 昼食後は町の西を流れる白鳥川沿いに整備してある「びわ湖よし笛ロード」を走る。琵琶湖にでてから彦根近江八幡線を北上。堀切漁港から「さざなみ街道」を南へ走る。渡合橋を渡り、浜街道を南進し「ラコリーナ近江八幡」で休憩。「ラコリーナ近江八幡」は「たねや」のフラッグシップ店だけあって、自然を見事に演出した風景でまるでスタジオジブリのアニメに出て来そうな世界観に出会えた。ただ観光客にあふれていて、落ち着いて休むわけにはいかなかった。その後は西の湖沿いに「びわ湖よし笛ロード」を走り、安土から近江八幡駅に戻った。

 走行距離42.8km。

 近江八幡駅で自転車を車に積んで長浜へ行く。宿泊は「Hotel & Resorts NAGAHAMA」

f:id:Jhon_Wells:20191028211618j:plain

 

『山の音』(川端康成・著/新潮文庫)

 『山の音』(川端康成・著/新潮文庫)を読みました。まずは出版社の紹介文を引きます。

家族という悲しい幻想。夫と妻、親と子、姉と弟、舅と嫁。
日本独特の隠微な関係性を暴いた、戦後文学の傑作。


深夜ふと響いてくる山の音を死の予告と恐れながら、信吾の胸には昔あこがれた人の美しいイメージが消えない。息子の嫁の可憐な姿に若々しい恋心をゆさぶられるという老人のくすんだ心境を地模様として、老妻、息子、嫁、出戻りの娘たちの心理的葛藤を影に、日本の家の名状しがたい悲しさが、感情の微細なひだに至るまで巧みに描き出されている。戦後文学の最高峰に位する名作である。

本書「解説」より
この作品の中に具体的に描かれた「日本古来の悲しみ」は、日本の中流の家庭の、一種名伏しがたい暗い雰囲気だと思う。古くから持ち伝えた日本の「家」のなかの悲しさが、家族の感情の微細なひだに到るまで隈なく捕えながら、揮然と描き出されているのだ。(略)
日本の「家」を、そのあらゆるデテールにおいて、冷静に描き出したこの作品は、一方において、日本的感性の極致とも言うべきものだが、他方において、そこに作者のきわめて批判的な、知的な眼が働いていることを、認めないわけには行かないのである。
――山本健吉(文芸評論家)

 

 

山の音 (新潮文庫)

山の音 (新潮文庫)

 

 

 

 ひと言で云えばこの世は無常、人生とははかないものだということか。主人公信吾の老いと死の予感、若き頃あこがれていた妻保子の姉の死、友の死、菊子の堕胎、戦地における息子修一の周りにある死、戦争未亡人である修一の不倫相手とその同居人の夫の死と、物語全体を死がおおっている。信吾は人生が思いどおりにならないことを諦観する心境にまでは至らない。かといって、自らの思いを遂げるべく能動的に動くこともしない。そのことは信吾が内心愛している息子の妻、菊子についても同じである。但し自分の考えが無いというのではない。信吾の子を堕ろす行為が菊子の揺るぎない心を顕している。世を無常であると知り、それを受け入れるかたちで世の中で、家で生きようとする姿は無常という苦を克服しようとするよりむしろ受け入れようとする態度であり極めて日本的で、そこに高度な精神性を感じる。この作品の値打ちもそこにあると思える。海外での評価が高いのもそれ故であろう。

 

「お好み焼き ふじ」のとん平焼き

 県庁で14:00から仕事。

 JR神戸駅で途中下車して昼飯にした。「お好み焼き ふじ」でとん平焼きが食べたかったのだ。

 こちらのとん平焼きはトンテキとして食べてもおいしそうな豚肉と春菊、キャベツ、卵で焼いてくれる。鉄板の上で食べやすく切ってだしてくれるが、切り口がきれいなピンク色の状態のベストタイミングでだしてくれる。これがうまい。これでビールを呑めば最高だ。後に仕事をひかえていたので呑めないのが残念であった。