佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

大阪マルビル 居酒屋「豆助」

大阪マーケティング室の連中との懇親会で大阪マルビル3Fの居酒屋「豆助」を訪れた。

全国の地酒有名銘柄を取り揃えてある。

カウンターもあるようだが、ここはクループ飲みに重宝しますな。

豆腐がうまかった。

地酒をあれこれ飲み比べた後は新地のバー「サンボア」で仕上げ。

今日もまた飲みすぎ。

なにわ橋 「担々麺 くろおに」

今日は大阪西天満の事務所で仕事。

昼飯は大阪地方裁判所近くの「担々麺 くろおに」で食べました。

 白担々麺 750円

 黒担々麺 750円

 汁なし担々麺 750円

店名が「くろおに」なのでなんとなく黒担々麺にしました。

白より黒の方が辛いのかと思い、お店の人に訊いてみると辛さは同じなのだそうです。胡麻の種類の好みで選んで下さいとのこと。なんだ、そうなのか。写真写りは白のほうが赤が映えて良さそうです。次は白にしよう。

辛さは1~3で選べ、とびきり辛い「3」は50円アップなんだとか。

私は汗かきなので自重して「1」。蒸し鶏の中華風ソースがけも頼んでみた。仕事中で無ければビールのアテに良さそうだな。

担々麺は具が青菜と肉味噌と白髪葱。ストレート麺をすすれば山椒の風味がたまらない。スープは鶏のようだが、日本人好みの柔らかい和風のテイスト。私好みですな。これから贔屓にしましょう。

 

「広東料理 香美園 民生支店」のカレー

今日の午後は兵庫県庁で仕事。

少し遅めの昼飯を神戸元町で食べました。

広東料理 香美園 民生支店」です。

 

店に入って他のお客さんの様子をざっと見ると、半数以上はカレーを食べていた。

私も「カレーをください」と注文すると、

「並でいい?」と訊いてきた。

「大があるの? では大を」と応えると、

「大は並の1.5倍」と教えてくれた。

奥の厨房の様子を垣間見ると、中華鍋でタマネギと豚肉を炒めた後に中華スープを入れている様子。ジャガイモも入っていたがこれは予め煮てあるのだろう。

出てきたカレーを見て、私は思わず「おぉー!」と驚きの声を上げてしまった。

通常の1.5倍というより、私の感覚では2倍といったところ。

大ぶりのカレー皿にあふれんばかり盛ってある。

単行本の大きさと比べて、皿の大きさは歴然である。

お店のおばちゃんは「がんばって」と声をかけてくれた。

確かにがんばらないとこの量は食えない。

しかし私は子どもの頃、カレーを食べ過ぎて医者に運ばれたほどのカレー好きなのだ。

この程度の量で驚きはしない。いや、不覚にも驚きの声を上げてしまったが、けっして怖じ気づいたりはしない。

カレーといえば煮込み料理というイメージだが、ここのカレーは注文を聞いてから具材を中華鍋で炒め、中華スープとカレー粉で味付け、最後に片栗粉でとろみを付ける作り方のようだ。タマネギもまだシャキシャキ感が残っているほど。まさに中華カレーというにふさわしい。カレー粉は結構スパイスが効いているが、基本的にやさしい味。どこか子どもの頃、母が作ってくれたカレーを思い出させる。日頃、何度でも食べたい味だ。

完食! おいしゅうございました。

森見登美彦氏の『ぐるぐる問答』と記念写真。

ちなみにここのお店は水を水筒で出してきます。

2018年6月19日の日記

午前中は保城のSKHDで仕事。

昼メシは「まいどおおきに広峰食堂」にて夏野菜カレー。

今時流行の本格スパイシーカレーではないが、こうした大衆食堂のカレーもうまい。なんとなく懐かしくほっとする味なのだ。日本のカレーはこれだな。

昼飯を食べた後は姫路駅前の本社へ向かう。

途中、市立美術館に立ち寄り。30分ばかり企画展を鑑賞。

f:id:Jhon_Wells:20180621190439j:plain

 

 大野麥風(ばくふう) の木版『大日本魚類画集』がすばらしい。色鮮やかでどこかユーモラス。

 ピカソのスケッチ画「ヘレナ・ルビンスタインの肖像」。ただのスケッチ画だが、素人の私にも「あっ、これピカソ」と判るところがすごい。

 尊敬する永井一正氏の作品にも出会えた。

 

豊の秋 純米吟醸 辛口原酒

本日の一献は「豊の秋 純米吟醸 辛口原酒」。

島根県松江市は米田酒造の醸した酒です。

先日出席した「旬の会」でのお気に入りの一本。

アテは水茄子の漬物と夏野菜の精進揚げ。

スイートコーンは塩で、茄子や大葉やピーマンは天つゆにひたひたに浸して。

バリエーションとして塩の代わりに花えびをかけてもうまい。