佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『プレゼント』(若竹七海・著/中公文庫)

『プレゼント』(若竹七海・著/中公文庫)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

ルーム・クリーナー、電話相談、興信所。トラブルメイカーのフリーター・葉村晶と娘に借りたピンクの子供用自転車で現場に駆けつける小林警部補。二人が巻き込まれたハードボイルドで悲しい八つの事件とは。間抜けだが悪気のない隣人たちがひき起こす騒動はいつも危険すぎる。

  

 不運な女探偵・葉村晶と警部補・小林舜太郎を主人公とした8篇の短編小説集。TVドラマ化され、話題となっている葉村晶が初めて登場した小説集である。初登場といえば、別に「御子柴くんシリーズ」となっている御子柴刑事も本書で小林警部補の相棒として登場している。ということは若竹七海さんの人気シリーズのうち二つがここから始まっているのだ。その意味で若竹さんを読むなら決して外せない一冊といえる。

 テイストはハードボイルド。若竹さんはそんなテイストのミステリを書きたかったのだろう。そしてその意図は成功している。本書はハードボイルド小説に目がない私のような読者の心をがっちり掴む。例えば8篇目の「トラブル・メイカー」の一節、こうした書きぶりがたまらなくイイのだ。その一節をここに引く。

 誰だって、生きていれば幸運が舞い込んでくることもある。願ってもないラッキーが、昨日まで人気薄だった店に行列を作ることがあるのだ。私の場合、それはわずか一週間の間に起きた。思いがけなく隣人からテレビを譲られ、三年も前に書いたハウツー本が文庫化されて印税が入ってき、そのうえ姉に勧められて冗談で応募した懸賞で香港旅行があたったのだ。

 しかし、ご用心。二十八年間の平凡な生活を続けてきた私にもわかっていることがある。幸運が何の目的もなく、不意に改心していままでの無沙汰を詫びる気持ちになることなどありえない。それはのちに配分予定の不幸の言い訳を早めにやっておくための大盤振舞いなのだ。

 イイですねぇ。たまりませんね。これで葉村晶シリーズのうち二冊(『依頼人は死んだ』と本書)を読んだことになる。残りの五冊と『暗い越流』を買い置いている。順番に読んでいくのが楽しみだ。間を空けず一気に読みたい気もするが、他の作家のものも読みながら少しずつ時間をかけて読んでいこうかと思う。楽しみを少しでも長引かせるために。

 

 

プレゼント (中公文庫)

プレゼント (中公文庫)

 
依頼人は死んだ (文春文庫)

依頼人は死んだ (文春文庫)

 
錆びた滑車 葉村晶シリーズ (文春文庫)

錆びた滑車 葉村晶シリーズ (文春文庫)

 
さよならの手口 (文春文庫)

さよならの手口 (文春文庫)

 
悪いうさぎ (文春文庫)

悪いうさぎ (文春文庫)

 
静かな炎天 (文春文庫)

静かな炎天 (文春文庫)

 
暗い越流 (光文社文庫)

暗い越流 (光文社文庫)

  • 作者:若竹 七海
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/10/12
  • メディア: 文庫
 

 

 

おいこら会 新年会 @福知渓谷『兵衛』

 有志の会「おいこら会」の新年会を福知渓谷『兵衛』で開催。酒呑みが集まりました。この時季はやはり猪肉が食いたい。すき焼きと味噌鍋で存分に猪を食べました。

 それにしても見事な猪肉であった。ご覧あれ。

 相当酒を飲んだらしく、二次会ではカラオケを歌いまくったみたい。私は理性が働いているうちはカラオケを歌わない。恥ずかしいからだ。しかし昨夜は恥ずかしいという気持ちがなくなるほど酔っていたらしい。それこそ恥ずかしいことだ。穴があったら入りたい。

YouTubeで落語 Vol.61 『菊江の仏壇』(別名『白ざつま』)

『新版 落語手帖』(矢野誠一・著/講談社)に紹介された274席のうちの61席目は『菊江の仏壇』。別名『白ざつま』。

 柳家さん喬の名演で聴きましょう。

 どうにも後味が悪い噺です。還暦を迎えたといえどまだまだ狭量な私にはどうしても若旦那が許せません。気立ての良い嫁のお花をないがしろにする不行状がどうしても許せない。だが、よくよく若旦那の気持ちを聞いてみれば、若旦那には若旦那なりの内なる葛藤があることが判る。そのあたりがこの噺の聴きどころでしょう。とても笑えた噺ではないが、なかなか深い味わいのあるものではあります。それでも私は若旦那が許せない。私もまだまだ青い。

  ちなみに「白ざつま」とは薩摩絣(かすり)の一種。薩摩絣は日本の最高峰に位置づけられている綿織物。大島紬結城紬を着尽くした人が最後に求める着物として有名で、最高級の品格と風合いを有する。紺地のものを紺薩摩、白地のものを白薩摩と呼ぶ。


柳家さん喬・白ざつま

 

f:id:Jhon_Wells:20200118052434p:plain

 

『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』(新井見枝香・著/秀和システム)

『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』(新井見枝香・著/秀和システム)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

“本屋の新井”による、本屋あんまり関係ないエッセイ。

 某有名書店の”型破り”書店員によるエッセイ第2弾。前作の『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』から、さらにパワーアップ。30代後半独身女性の日常生活を、赤裸々に綴った「うまくいかない仕事」「うまくいかない美」「うまくいかない恋」「うまくいかない人生」は、新井ワールド全開、面白さ半端ない。

この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ

この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ

 

 裸(ストリップを含めて)の話が多い。それに特段文句があるわけではないが、新井氏の中で「裸」というものがどれほどの意味を持っているのか気になる。人はそれぞれものに執着する。それこそ様々で十人十色とはよく言ったものだ。ちなみに私の敬愛する椎名誠氏のエッセイにはうんち(トイレを含めて)の話が多い。どうでも良い情報ですね。ハイ。
 新井氏のモットーは「くそつまんねぇエッセイは発表したくない」だ。それは読者を意識した「くそつまんねぇ」というよりはむしろ自分の価値観に対してのものだろう。
「生米たまねぎハーゲンダッツ」「読まなくなった本は捨てるけれど」「ベチョッ」が良かった。とりわけ「ベチョッ」に記された”機嫌”に関する洞察力に感心しきりである。決して賢ぶらないが彼女は聡明だ。そんなことわざわざいわれなくても判ってるって? そりゃそうだ。
 

 

『依頼人は死んだ』(若竹七海・著/文春文庫)

依頼人は死んだ』(若竹七海・著/文春文庫)を読みました。

 まずは出版社の紹介文を引きます。

「わたしの調査に手加減はない」女探偵・葉村晶のもとに持ち込まれる事件の真相は、いつも少し切なく、こわい。
仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズ第一弾!

 もうすぐ29歳になる葉村晶は、フリーの調査員として長谷川探偵調査所と契約している。
 念願の詩集を出版し順風満帆だった婚約者の突然の自殺に苦しむ相場みのりと同居することになった晶だが。(「詩人の死」)
 書誌学のレポートを代筆してほしいという依頼で画家の森川早順について調べることになった晶は、その異様な画風に興味を持つ。(「鉄格子の女」)
 健診を受けていないのに「あなたはガンです」という通知が送られてきたという佐藤まどか。ところが依頼を受けた直後、彼女が死んでしまう。(「依頼人は死んだ」)
構成の妙、トリッキーなエンディングが鮮やかな連作短篇集。
解説・重里徹也

 

依頼人は死んだ (文春文庫)

依頼人は死んだ (文春文庫)

 

 

 まず上の紹介文に謳っている「仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズ第一弾!」という文言について、ひと言書いておかねばならない。これはあくまで文春の発刊するシリーズの第一弾という意味であって、正確には葉村晶シリーズには本作以前にもう一巻『プレゼント』(中公文庫)がある。Wikipedia に記載されている既刊の葉村晶シリーズは次のとおりだ。

  1. プレゼント(1996年5月 中央公論新社 / 1998年12月 中公文庫)
  2. 依頼人は死んだ(2000年5月 文藝春秋 / 2003年6月 文春文庫)
  3. 悪いうさぎ(2001年10月 文藝春秋 / 2004年7月 文春文庫)
  4. さよならの手口(2014年11月 文春文庫)
  5. 静かな炎天(2016年8月 文春文庫)
  6. 錆びた滑車(2018年8月 文春文庫)
  7. 不穏な眠り(2019年12月 文春文庫)

 <番外>暗い越流(2014年3月 光文社 / 2016年10月 光文社文庫
  収録作品のうち「蠅男」・「道楽者の金庫」が葉村晶シリーズ

 

 かく言う私自身、昨年末に本屋で葉村晶シリーズに目をとめ、第一作から前作を通読しようと何の疑いを持つことなく本作『依頼人は死んだ』から最新作『不穏な眠り』をまとめ買いして、さてさて話題の人気シリーズの始まりはどんなだろうと読み始めたのだ。しかし本作を読んでいる途中で、Web上の記事などをチェックしていて買った覚えのない『プレゼント』という本の存在に気が付き、しかもそれこそが実はシリーズ第一弾なのだと知り愕然としたのである。どうせならはじめから読みたいではないか。しかし読みかけたミステリー小説を途中でやめるのは辛い。もう物語に引き込まれており、先の展開と結末が気になって仕方が無いのだ。当然のこととして『プレゼント』を慌てて注文したが届くのはおそらく二日後になる。その間の禁断症状に堪えられようか、いやそのようなことが出来ようはずがないとの結論に達し本作を読み切った。それにしても、出版社には出版社の事情があるのだろうが、こうしたことは良くない。と、一応は苦言を呈しておく。

 次に今話題になっているのはNHK総合での葉村晶シリーズがドラマ化されるということ。スタートは今年1月24日。題名は『ドラマ10「ハナムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』で主演はシシド・カフカらしい。私が本シリーズをまとめ買いしたのも、ドラマ化を機に本屋の目立つところに平積みしてあったからである。若竹七海氏の本は2014年の6月に『サンタクロースのせいにしよう』(集英社文庫)を読んでたいへん気に入っていた。TVドラマ化されるということはおもしろいという定評のある証拠。これは読まねばなるまい、となったのである。

http://jhon-wells.hatenablog.com/entry/2014/06/08/215600 

 さて本作を読んだ感想である。意外だったのは本書のテイストである。イヤミスといって良いほどブラックで後味が悪い話が続く。一話読み「?」、二話読み「??」という感じだったが不思議と本を投げ出したくはならない。むしろ作品世界に引き込まれていく。そしていつからか葉村晶を応援していた。葉村晶のどこが良いのか。仕事に手を抜かずきちっとやりきる。口が悪く耳の痛いことをはっきり言う。しかし口は堅い。つまり仕事が出来る女探偵なのだ。彼女のモットーは「私の調査に手加減はない」。そんな彼女に次々と襲いかかる不運。人は彼女をして「不運すぎる女探偵」と呼ぶ。しかしそんな状況への彼女の態度は極めてクールでタフ。自分に厳しく他人に甘えることはしない。優しい印象はないけれど人に頼られると突き放せない一面を持つ。自分のスタイルを貫き、一見シニカルでありながら、素顔の彼女はあたたかみがある。ハードボイルド小説好きとして心惹かれる探偵の登場だ。

 本作では20代の彼女も、次作『悪いうさぎ』では30代に、さらに『さよならの手口』では40代になるという。読む順序が逆になってしまった『プレゼント』はもちろんのこと、『悪いうさぎ』以降の葉村晶がどんな不運に見舞われ、どのように生きていくのか、読むのが楽しみである。

 

カルツォーネだか、パニーニだか、良くわからんが、要するにお焼きのようなパンを焼いた

 本日の厨房男子。

 新井見枝香氏のエッセイを読んでいて作者が「パニーニ」の専門店に行く場面があった。「パニーニ」とはなんぞやとWeb検索してみると、出てくるわ出てくるわレシピが一杯。要はパンみたいなものらしい。いやホットサンドか。その中で私の心を鷲づかみしたのが「フライパンで!お家で作れる熱々パニーニ」というものであった。

 https://www.kurashiru.com/recipes/6f4e6662-790c-4431-8d37-051463807e3e

 これはむしろ「カルツォーネ」というものに近いのではないかと思いつつ、そのようなことはどうでも良くて、要は強力粉とドライイーストその他で生地からパンを簡単に作れる。中身にハムととろけるチーズを入れれば、アツアツでおいしいパンだかホットサンドだか、要はこの記事を書いた人のいう「パニーニ」なるものが出来るのだ。おぉー、これは同じようなものをセブンイレブンで買って食べたことがあるぞ、とてもうまかったぞと気分が高ぶった。ハムととろけるチーズの組合せ、これに少しマヨネーズが加わると鉄板である。ハムの代わりに塩気の強いベーコンだと尚うまい。これは作ってみようと台所に立った。

 強力粉とドライイースト、塩、砂糖、水をレシピどおりの配分でこねる。粘土遊びのようで楽しい。私はたまに蕎麦を打つがそばより楽で簡単だ。発酵過程に不安があったが、電子レンジの発酵モードを使えば難なくふっくらするではないか。多少かたちに難があるものの、パリふわっとしたパンが焼き上がった。外は香ばしく、中はもちふわ、とろけたチーズとベーコンとマヨネーズの三重奏は思ったとおりの味であった。

 もう一種、豚の角煮を入れてみた。中華まんのように丸くてふわふわあつあつに作りたい。これがまた大正解。想像どおりのうまさ。唯一残念だったのは和辛子を切らしていたことだ。

 これの焼き上がりを見て解ったことが一つあった。これを表現してピッタリくるのは「カルツォーネ」でも「パニーニ」でもない。「お焼きのようなパン」これですな。これは中身を変えれば変幻自在であろうな。野沢菜を入れればそれこそ「お焼き」。小豆あんをいれれば「あんぱん」だ。

 

一袋17円の「焼そば」(むし中華めん)

 本日の厨房男子。

 昼餉に五目焼きそばを作った。特段それが食べたかったわけではない。AEONの食料品売り場で買い物をしていてふと目にとまったからだ。何故か。なんと値段が「17円」だったのだ。驚いた。製造所は岡井食産、袋に”TOPVALU BESTPRICE”と謳ってある。思わず”CRAZY PRICE”の間違いだろっ!とツッコミを入れてしまった。普段、人件費とか、燃料費など、なんとか費に悩まされひーひーいっている私にはあんびりーばぼーな値段である。こんな安いものがおいしいはずはない。これでは先日インスタントラーメンの麺を使ってあんかけ固焼きそばを使って「安くてうまい!」などと悦に入っていた私がまるっきりバカではないか。不味いものは食べたくないが、食べて味を確認せずにいられない。そういう訳です。
 麺の内容量150g(実測はしていない。おそらくウソは無いだろう)、もっちりした中太麺。なかなかうまい。お腹もいっぱいになった。しかし価格破壊もいいかげんにしないといかんのではないか。うーん。うまかったのは餡の味付けが良かったから、つまり私の料理の腕が良いからということにしておこう。