ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『図解 知識ゼロからの畜産入門』(東京大学名誉教授 日本農業研究所客員研究員 八木宏典・監修 / 家の光協会)

『図解 知識ゼロからの畜産入門』(東京大学名誉教授 日本農業研究所客員研究員 八木宏典・監修 / 家の光協会)を読みました。

ほんとに私、知識ゼロです。

普段は小説ばかり、たまに漫画を読んでいます。

たまには実学をと・・・

ヒレが一番運動をしない部位できめ細かく柔らかい赤み肉であること。肉の熟成の仕方。生肉と区別の付かない成型肉や加工肉があること。黒毛和牛は30ヶ月齢前後、ホルスタインは成長が早く20ヶ月齢前後で出荷すること。黒毛和牛には祖先により大きく分けて三つの系統(田尻系、気高系、藤良系)があること。乳牛一頭で人間百人分の排泄があること。平均的肥育農家は106頭を飼育し年に67頭を販売。その場合、粗収益は5957万円、経営費を除いた農業所得は1118万円、専従者一人あたりの所得は816万円であること。食肉が消費者に届くまでの流通経路。日豪EPAとTPPの影響。日本の畜産物輸出の可能性。畜産を生かした六次産業化などなど。知らなかったことをいろいろ教えてもらいました。

 

図解 知識ゼロからの畜産入門

図解 知識ゼロからの畜産入門