佐々陽太朗の日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

YouTubeで落語 Vol.61 『菊江の仏壇』(別名『白ざつま』)

『新版 落語手帖』(矢野誠一・著/講談社)に紹介された274席のうちの61席目は『菊江の仏壇』。別名『白ざつま』。

 柳家さん喬の名演で聴きましょう。

 どうにも後味が悪い噺です。還暦を迎えたといえどまだまだ狭量な私にはどうしても若旦那が許せません。気立ての良い嫁のお花をないがしろにする不行状がどうしても許せない。だが、よくよく若旦那の気持ちを聞いてみれば、若旦那には若旦那なりの内なる葛藤があることが判る。そのあたりがこの噺の聴きどころでしょう。とても笑えた噺ではないが、なかなか深い味わいのあるものではあります。それでも私は若旦那が許せない。私もまだまだ青い。

  ちなみに「白ざつま」とは薩摩絣(かすり)の一種。薩摩絣は日本の最高峰に位置づけられている綿織物。大島紬結城紬を着尽くした人が最後に求める着物として有名で、最高級の品格と風合いを有する。紺地のものを紺薩摩、白地のものを白薩摩と呼ぶ。


柳家さん喬・白ざつま

 

f:id:Jhon_Wells:20200118052434p:plain