ウェルズの日記

酒、美味しかったもの、読んだ本、サイクリング、旅行など。

『典雅の闇 御広敷用人 大奥記録(九)』(上田秀人・著/光文社時代小説文庫)

『典雅の闇 御広敷用人 大奥記録(九)』(上田秀人・著/光文社時代小説文庫)を読みました。

まずは出版社の紹介文を引きます。

将軍吉宗の寵姫、竹姫を謀略から守りきった御広敷用人・水城聡四郎は、竹姫を御台所にと望む吉宗の命で京へ向かう。しかし、そこで聡四郎たちを待っていたのは、新たなる刺客だった―。京を舞台に繰り広げられる公家たちや所司代との情報戦。そして、京の闇から現れた手練れの刺客との凄絶なる闘い。はたして誰が真の味方なのか。激熱のシリーズ、ド迫力の第九弾。

 

典雅の闇: 御広敷用人 大奥記録(九) (光文社時代小説文庫)

典雅の闇: 御広敷用人 大奥記録(九) (光文社時代小説文庫)

 

 

お公家さんが絡んでくるとさらにややこしなりますなぁ。おっと、シリーズ第10巻『情愛の奸』が本日発売になっておりまする。しかも本日はamazonプライムデーで本日プライム会員に限り10%還元。ラッキー! 

「1clickで今すぐ買う」をポチッ。